コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新日月寒グリーンドーム大会結果

(IWGP Jrタッグ選手権)
○稔、洋央紀(王者組)(23分51秒 逆十字固め)金本、サムライ●(挑戦者組)

(IWGP Jrヘビー級選手権)
○タイガー(15分54秒 タイガースープレックスホールド)東郷●

(IWGP ヘビー級選手権)
○藤田(13分59秒 ヒザ蹴り→片エビ固め)天山●
※藤田が第43代IWGPヘビー級王者となる!

やはり、藤田は強かった! もはや”格闘技路線”とか”プロレス路線”とかどうこうじゃなくて、素直に藤田の”強さ”を認めるしかないですね。”強い選手”がチャンピオンになって、その”強い選手”を説得力のある内容で奪ったものが新たな”強者”となる訳ですからね。そうなっていかない事には、”新日本=ストロングスタイル”の称号は取り戻せませんからね。

それと、試合後藤田は帰り際に神妙な面持ちでベルトを橋本の遺影の前にそっと置いて去っていったとの事。かつての”IWGP”の”象徴”は紛れも無く橋本だった訳ですからね。橋本の為にも、早く”強い人間”が現れてくれ!!
スポンサーサイト
  1. 2005/07/18(月) 23:52:10|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<NOAH東京ドーム大会「DESTINY2005」観戦記 | ホーム | NOAH東京ドーム「DESTINY」速報>>

コメント

IWGP封印か?

 新IWGPベルトは本物じゃない。これは以前から藤田が一貫して言っていること。
 橋本がMr・IWGPの時代に新ベルトになったんでしたよね。これを橋本に返した藤田。
 さて、藤田が強いのは分かったし、チームJAPANがこれから新日本らしいプロレスを見せてくれそうな気配もあります。
 となると、その路線から完全に逸脱してしまうような天山とか蝶野とかはどうするつもりなんでしょうか????

 天山もさすがにもう誰も応援なんてしてくれないでしょうしねえ。
  1. 2005/07/19(火) 06:07:23 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/68-673cdf81

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。