コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

会津~喜多方への旅② 喜多方編

会津若松から磐西線に乗って喜多方駅へ到着。前評判的には去年の”東日本大震災”による”福島第二原発事故”の影響を懸念してか客足が少ない、とのうわさがあったのですがとんでもない!? 今の日本人の多くは”放射能被害”を心配するより”食い気”の方が数倍上回っている、という事が今回見事に証明された、というぐらいに予想以上に”行列”を作っていました(泣) 店は”有名店”はどこも混んでいる感じだったため、比較的”濃い味”のようである「あべ食堂」へ並ぶ事にしました。

外に並ぶのに約一時間、店内に入って約20分待ってやっと注文した”大盛りチャーシューメン”が来ました(疲) 味は昔ながらの”しょうゆ味”ながらやや濃口のスープで非常に美味しかったです。もはや、東京都内では”とんこつ醤油”と”魚介とんこつ”に占領されてほぼ”絶滅”しつつある”伝統的醤油ラーメン”を久しぶりに食べられて非常にうれしい気がしました。会計の際に”お土産用”のも一つ買って店を出ました。

喜多方ラーメン あべ食堂(チャーシューメン)









あべ食堂のチャーシューメン(写真はサイトから拝借したもの)

店を出た後、比較的近くにあった「大和川酒造北方風土館」へ行きました。寛政2年(1790)創業の大和川酒造の酒蔵を利用した展示館で、ガイドのお姉さんの説明を聞きながら見学しました。最後に試飲ができ、3種類の小瓶のセットを買いました。

大和川酒蔵風土館






大和川酒造北方風土館

ラーメン屋に並んだ時間のおかげで、時間もだいぶ経ってしまい、仕方なく旅館へ向かってチェックインする事にしました。正直、喜多方は思ったより広くて歩くのに時間がかかります。旅館に着き、とりあえず疲れたので先に風呂へ入る事にしました。しかし、それがあだとなったせいか、そのあとすぐそばにあった喜多方ラーメンの店「まこと食堂」に行こうとしたのですがすでに店は閉まっていて、他にもう少し行った所にある「坂内食堂」がまだ行列を作っていたため、まず、付近の”道の駅”的な感じの所でお土産を買い、そしてその向かいにあったやや胡散臭いラーメン屋に入る事にしました。そこは、他店とは打って変わって客が一人も入っておらず(苦笑)、しかし一応”元祖喜多方ラーメン”と書かれてあったので、そこの看板メニューの山菜入りのラーメンを頼んだところ、出てきたのが東京の”喜多方ラーメン”を称する”チェーン店”もしくは”サービスエリア”にありがちな”ステレオタイプ”の”超薄味喜多方ラーメン”でした(汗) しかし、味はそこそこ美味しかったです。それと、餃子も一緒に頼んだのですがそれも結構美味しかったです。

店を出ると、その日はすぐに旅館に戻り、テレビを見た後床に就きました。翌朝、朝食を済ませたはいいが、やはり胃腸の調子があまり良くなく、旅館を出る時間が少し遅れてしまったのですが、まずは喜多方で一番見栄えの良いとされる甲斐本家蔵座敷へ行ったのですが、残念ながら、去年で公開をやめてしまったようです(悲)

甲斐本家蔵座敷






甲斐本家蔵座敷

しかし、まだ胃腸の調子が悪いため、一度喜多方駅へ行き、トイレで用を達してから、近くにあったレンガ風の喫茶店「煉瓦」へ行きました。そこで、”ダッチコーヒー(水出しコーヒー)”と”抹茶チーズケーキ”を注文。”ダッチコーヒー”は水で抽出したコーヒーだけあって飲み口がすっきりしていて、通常の”お湯だし”に比べるとどんどんのどに入っていく感じがしました。”抹茶チーズケーキ”は、抹茶のババロアとレアチーズの間に粒あんを挟んだもので、これがまたたまらない味でした。

店を出た後、駅から比較的近い喜多方ラーメンの店「源来軒」の中をのぞくと少し空いていたため、まだそれほどお腹が空いてはいなかったのですが、せっかくなので入る事にしました。そこで、”ラーメン並み”を注文。合席になったカップルが写真を撮り始めた時に「しまった!」と、前日に入った「あべ食堂」で写真を撮り忘れた事に気づき、しかし、このまま真似して写真を撮るのもどうかと思いましたので、結局写真は撮らないことにしました(汗) 味の方は、煮干しの香りが効いた”正統派喜多方ラーメン”で、味は前日の「あべ食堂」よりはあっさり目でしたが、スープにちゃんとコクがあって非常に美味しかったです。

喜多方ラーメン 源来軒(ラーメン並み) 






源来軒のラーメン(写真はサイトから拝借したもの)


店を出た後、大分古い”ガイドブック”に載っていた「蔵のまち美術館」へ行こうと思ったのですが、どうやら閉館したようだったので、道を少し真っ直ぐ歩いた所にある「喜多方蔵座敷美術館」へ向かいました。途中、祭をやっている所があり、そこからすぐの所に「喜多方蔵座敷美術館」がありました。元々旅館「笹屋旅館」の蔵座敷を改装したもので、竹久夢二、酒井三良、小川芋銭、武者小路実篤等の作品が展示されていました。

笹屋旅館






笹屋旅館

喜多方の祭り風景






喜多方の祭り

美術館を出た後、駅へ戻りまだ時間はありましたが、会津鉄道「マウントエクスプレス」を待ちました。ようやく、電車が到着。”始発”だったため電車には誰も乗っておらず、余裕で座席に座る事が出来ました。会津若松を過ぎた辺りから、次第に”田園風景”や”山間”を走るようになり、車内も比較的すいていて、天気も良かったので、写真を撮るには絶好でしたね。

会津鉄道マウントエキスプレス






対向車のマウントエクスプレス

会津鉄道沿線の桜






会津鉄道沿線の桜

この列車は”鬼怒川温泉行き”だったため、鬼怒川温泉で一度降り、次の電車まで時間があったので少し現地で休憩してから、やがて”快速列車”が到着し”帰路”に就きました(終)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2012/05/06(日) 15:33:18|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<AKB総選挙を今一度考える | ホーム | 会津~喜多方への旅① 会津若松編>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/656-26e2dcd4

スーパーpsy野神

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。