コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

4.30、DREAM THEATER横浜アリーナライブ

ちょっとばたばたしていて遅くなりましたが、4月30日に”プログレッシブ・メタル”の代表格であるDREAM THEATERの横浜アリーナライブへ行ってまいりました。

思えば昨年、あの忌まわしき”東日本大震災”によって本来予定していたIRON MAIDENのさいたまアリーナライブが”中止”となり、未だに大きな”地震”も起こっているし、ここ最近トラック、バス等の”大型車両”の衝突事故も相次いでいます。現に、ライブの2日前ぐらいに千葉県東部で”震度5”の地震が起こっており、更にライブ当日の朝、関越自動車道において観光バスがガードレールに衝突し、46名の死傷者が出る、といった事故が起こってしまいました。正直、僕の頭の中に”大きな不安”が過ったのは言うまでもありません(冷汗)

そういう訳で、この日はどうも胃腸の調子が悪く、トイレに行く回数がかなり多かったのは事実です。かなりの”緊張感”に襲われていたという事でしょう。

さて、”開場時間”の16:00になり、列に並んだのですが、”リハーサルの延長”と”機材の調整”によって1時間ぐらい時間が延長し、胃腸の調子が良くないのに長時間待たされてしまいました(辛)  

17:00をまわって、ようやく場内に入る事ができ、その間トイレに行ったり軽食類を買ったりして、18:00になるとまず”前座ミュージシャン”の演奏からスタートしました。調べたところ、アンディ・マッキーという”アコースティックギタリスト”で、4曲ぐらい曲を披露したのですが、”アコギ”とは思えない物凄いテクニカルな演奏を披露してくれました。そして、幕が開き、DREAM THEATERのメンバーが入場。そして、最新アルバム「A Dramatic Turn Of Events」に収録されている比較的パワフルな楽曲「Bridges in the Sky」でライブが始まり、続いて同じくファンキーなナンバー「6:00」(3rdアルバム「Awake」収録曲)、再び最新アルバム収録の「Build Me Up, Break Me Down」と続き、今度は一変して静かに始まる壮大なナンバー「Surrounded」(2ndアルバム「Images & Words」収録曲)を演奏。再び重厚なサウンドの大作、「The Root of All Evil」(8thアルバム「Octavarium」収録曲)と転じ、そして、ドラマー:マイク・マンジーニの”ドラム・ソロ”につながります。彼のドラムの演奏を聴いただけでも、改めてDREAM THEATERが”テクニカル”且つ”緻密”なバンドであるかが伺われました。これでは”リハーサル”や”機材調整”に時間がかかるのも無理ないと思いました。

そして、彼らの”定番”であり、デビューアルバム「When Dream and Day Unite」からのナンバー「A Fortune in Lies」のイントロが流れた瞬間、会場が大いに沸きました。続いて、最新アルバム収録の叙情的なナンバー「Outcry」、3rdアルバム「Awake」収録曲「The Silent Man 」の”アコースティックバージョン”、最新アルバム収録の「Beneath the Surface」の”アコースティックバージョン”へと続き、そして、最新アルバム「A Dramatic Turn Of Events」のオープニングナンバーである「On the Backs of Angels」が流れると、再び会場が大いに沸きました。続いて、6thアルバム「Six Degrees Of Inner Turbulence」のタイトル曲「Six Degrees Of Inner Turbulence」のパート曲である「War Inside My Head」とそれに続く「The Test that Stumped Them All」を演奏、コンセプトアルバム「Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory」に収録される「The Spirit Carries On」と続き、そして、最新アルバム「A Dramatic Turn Of Events」に収録されている大作「Breaking All Illusions」を演奏し、開場が盛り上がった後、一旦はメンバーは退場します。

しかし、お決まりの”アンコール”によってメンバーが戻ってきて、そして、彼らのもう一つの”定番ナンバー”である「Pull Me Under」(2ndアルバム「Images & Words」収録曲)で会場が大いに盛り上がり、そして本当の意味でメンバーがステージを下がり、幕が閉じました。

僕は実はこういった”海外バンド”のライブを観に行くのは初めてだったのですが、予想以上に感動しましたね。なんてったって、彼らの演奏は”完璧”です! あれだけ高度な演奏を息をぴったり合わせるなんて並大抵のものではないでしょう。だからこそ、どうしても”リハーサル”や”機材調整”には時間がかかってしまいますよね。日本のミュージシャンでここまでの事をするミュージシャンはいないでしょうし、”主催者側”も嫌がるでしょう。それが、今の日本の”音楽メディア”がブルーハーツやジュンスカみたいなバンドをプッシュしたがる要因なんでしょう。しかし、ロックは”ライフスタイル云々”以上に、どれだけ観客を感動させられるか、という事を真剣に考え、体を張ってそれを実行する事もまた重要なのではないでしょうか。DREAM THEATERというバンドは、こういった事を極限までに高めたバンドだ、という事だと思います。

【a dramatic tour of events japan】
〈日時〉4月30日
〈会場〉横浜アリーナ

01. Bridges in the Sky
02. 6:00
03. Build Me Up, Break Me Down
04. Surrounded
05. The Root of All Evil
06. Drum Solo
07. A Fortune in Lies
08. Outcry
09. The Silent Man (Acoustic Ver.)
10. Beneath the Surface (Acoustic Ver.)
11. On the Backs of Angels
12. War Inside My Head
13. The Test that Stumped Them All
14. The Spirit Carries On
15. Breaking All Illusions
---encore---
16. Pull Me Under


ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2012/05/06(日) 09:17:35|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<会津~喜多方への旅① 会津若松編 | ホーム | 武田氏最後の居城 -新府城->>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/654-885ea909

スーパーpsy野神

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。