コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まだら狼、逝く -上田馬之助、死去-

今月21日午前10時7分、元プロレスラー、上田馬之助が”呼吸不全”により大分県臼杵市の病院で死去しました。享年71歳(悲)

上田馬之助といえば、日本を代表する”悪役レスラーの象徴的存在”であり、当時は現在のように”金髪”の日本人は皆無に等しかったため、それだけで”悪役”という印象を与えていたものでした。僕が本格的にプロレスを見るようになったのが小学校高学年ぐらいからなので、新日時代の上田の記憶がなく、全日本のリングでタイガー・ジェット・シンとのタッグで暴れまわっていたのを覚えています。”竹刀”による凶器攻撃がトレードマークでしたね。

しかし、シンとの”仲間割れ”、長州ら”維新軍団”の”全日移籍”によって居場所を失った上田は、突如新日本マットに”里帰り”をし、若松市政率いる”マシーン軍団”や”新金狼”ヒロ斉藤と共闘するも、再び”仲間割れ”をし、S.S.マシーン、ヒロらが全日本へ移籍し、更に前田日明、藤原喜明、高田延彦(当時伸彦)ら”UWF勢”が新日本と業務提携すると、”新日本隊”に加わり、”UWF軍”との”5VS5イリミネーションマッチ”では、前田の足を引っ張り”両者リングアウト”を狙う、といった”頭脳プレー”を見せ、ファンを驚かせました(もっとも、当時前田との”一騎打ち”を避けたかった猪木による”入れ知恵説”が有力だが・・・)。

しかし、1996年3月、”交通事故”によって”選手生命”を絶たれてからは”車いす生活”となってしまったのは非常に残念に思いました。他にも”交通事故”に遭ったレスラーは多く、中にはアドリアン・アドニスのような”死者”が出たり、ケリー・フォン・エリックのようにそれが原因で自ら命を絶つ選手もいました(哀)そして、その”車いす生活”のままとうとう息を引き取ってしまいました(悲)また一人、”昭和の名レスラー”が消えてしまいました(涙) 心からご冥福をお祈りいたします(合掌) 

上田馬之助・・・1940年6月20日、愛知県海部郡(現弥富市)出身。身長190cm、体重118kg(全盛期)。通称:「まだら狼」、「金狼」。
1958年、大同工業高校中退後、大相撲追手風部屋へ入門(四股名は上田山)。2年後の’60年、同部屋に入門した林幸一(後のミスター林)に誘われ力士を廃業し、日本プロレスへ入門。’61年4月に名古屋市金山体育館において平井光明戦でデビュー。’66年にアメリカに渡り、テネシー、テキサス、ジョージアを主戦場とし、”プロフェッサー・イトー”のリングネームで活躍。’70年に凱旋帰国するも、翌’71年の”猪木脱退騒動”により、猪木が日プロを退団し、’72年”新日本プロレス”を設立、翌’73年にはジャイアント馬場が日プロを退団して”全日本プロレス”を設立、更に坂口征二も新日本へ移籍すると、残った大木金太郎とともに”インタータッグ王座”を獲得したが、間もなく日プロは崩壊。その後、大木らとともに全日本プロレスに移籍するも、大した活躍を得られず、再び渡米。その後、’76年馬場、猪木、ラッシャー木村への”挑戦表明”をし、木村がそれに応じたため、同5月”国際プロレス”に参戦。この時から、髪を部分的に”金髪”に染めた事で”まだら狼”と呼ばれるようになり(後にすべての髪を金髪に染め”金狼”と呼ばれる)、”竹刀”を振り回す”悪役レスラー”へと変貌。その後、木村との”金網ですマッチ”に勝利し”IWA世界ヘビー級王座”を獲得。
翌’77年、新日本プロレスへ移籍し、タイガー・ジェット・シンとの”凶悪タッグ”を結成して”北米タッグ王座”を獲得(その後、シンとは何度か”仲間割れ”をする)。’78年2月8日、アントニオ猪木との”釘板デスマッチ”が実現(11分2秒 上田のTKO負け)。翌年、ヒロ・マツダ、マサ斎藤、サンダー・杉山らとともに”狼軍団”を結成。
’81年再びタイガー・ジェット・シンの後を追うように全日本プロレスに移籍し、シンとの”凶悪タッグ”で暴れまわったものの、再び”仲間割れ”をし、更に’84年10月、長州力、マサ斎藤、キラー・カーン、谷津嘉章、アニマル浜口ら”維新軍団→JAPANプロレス勢”の大量移籍により居場所を失い、翌’85年に再び新日本へ移籍して若松市政率いる”マシーン軍団”やヒロ斉藤と共闘するも、再び”仲間割れ”をし、85年12月、前田日明、藤原喜明、高田伸彦(現延彦)、山崎一夫ら”UWF勢”が新日本に本格参戦すると、突如”新日本隊”と共闘し、’86年3月26日に行われた”5VS5イリミネーションマッチ”では、UWFの”大将格”である前田の足を掴み、そのまま場外へ”心中”する、という”実力者ぶり”を発揮。
その後、NOW、IWA等のインディー団体を転々とするも、’96年3月に西濃運輸との”交通事故”に遭遇し、”脊椎損傷”によって選手生命を絶たれ、その後生涯”車いす生活”を余儀なくする事となり、それから10年以上経った2011年12月21日、”呼吸不全”によって大分県臼杵市の病院で死去。享年71歳。


上田馬之助








在りし日の馬之助の映像①

在りし日の馬之助の映像②
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2011/12/25(日) 11:01:06|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<1.4、「レッスル・キングダムⅥ in 東京ドーム」 | ホーム | 新日本プロレス、1.4「レッスル・キングダムⅥ in 東京ドーム」カード発表!>>

コメント

こんばんは!上田馬之助亡くなりましたね。
プロレスを上手に語れる選手だったので、まだまだコメント聞きたかったです。

今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします!
  1. 2011/12/31(土) 02:37:04 |
  2. URL |
  3. H.T #-
  4. [ 編集]

大分ご無沙汰してます(汗)

HTさん、遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

また一人、昭和の“名レスラー”を失ってしまったのは本当に悲しいです(涙)されど、彼の“意志”がしっかり矢野通にうけつがれている事を考えれば本望ではないでしょうか。
  1. 2012/01/07(土) 19:11:39 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神(携帯) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/648-7ed8e0c3

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。