コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

久々のプロレス記事 -6.18、新日本大阪大会-

 大分久しぶりに”プロレスネタ”を書きます。僕も今年は”プロレス観戦”をしようと思っていながら中々出来ず、”ビッグマッチ”に限って”地方会場”というのも最近多いので、ここ最近でも稀な”ビッグカード”だった昨日行われた新日本プロレスの”大阪大会”について書きたいと思います。

まぁ、”結果”としては新日勢の”惨敗”に終わってしまった大会となってしまいましたが、まずは、”IWGPヘビー”ですけど、棚橋は「チャラい」と言われながらやはり”進化”していますね。ある意味従来の”新日ストロングスタイル”を否定するようなプロレスをしながらもかなりしぶとく”王者”の地位を守り抜いています。若干タイプは違いますが、彼の目指す方向性は”アントニオ猪木”ではなく”リック・フレアー”という事になるのだろうか・・・? それにしても、今回ばかりは”崖っぷち”からの脱出を図る後藤洋央紀に是が非でも勝ってもらいたかったのですが、それでも棚橋が”一枚上”だったようですね。もはや、”猪木時代”のように”ハングリー精神”を蓄積し、そして爆発させれば必ず勝利する、といった”ストロングスタイル方程式”の枠外にまで棚橋のレベルが上がってしまった、という事になるのでしょう。で、後藤はというと・・・、この試合の前に高山&佐野組を破り”IWGP・GHC2冠タッグ王者”となったバーナード&アンダーソンがリングに上がり、王座を防衛した棚橋を”タッグ王座”の次期挑戦者に指名し、「パートナーはどうする?」というバーナードの質問に棚橋は何と後藤を指名。それを後藤は少々戸惑いながらもOKした模様。結局後藤の覚悟はこの程度だったのか? それとも、何か”策”があるのだろうか・・・。

で、その”IWGP&GHCタッグダブルタイトルマッチ”ですが、正直カール・アンダーソンという選手は底知れないです。はっきり言ってしまえば”強い”のか”弱い”のかよくわからないんです。でも、油断してかかると必ず”罠”にはまる、といった底知れなさを持っています。それに対して、佐野巧真はUWFリングで長年戦ってきただけあって”地味”ながらも彼の”真の強さ”を知らない者はいない、という程やはり彼もまた”底知れない選手”なんだと思います。今回の試合は、表向きには”バーナードVS高山”といった”大物対決”のように映りますが、実は”鍵”を握っていたのは”アンダーソンVS佐野”といった”隠れた実力者対決”という事だったのでしょう。更にこの両者は全くの”好対照”のスタイルを持っています。”策士”のアンダーソンと”シューター”佐野。”ガン・スタン”という”罠”と”フットスタンプ”という”秘密兵器”。”大物選手”であれど、彼らに油断してかかれば必ずこのような技の”餌食”になります。もっとも、”シングルマッチ”で”大物選手”が彼らに負ける事はないでしょうけど、こと”タッグマッチ”となればそうはいきません。むしろ、彼らのこうした”十八番”が試合の”決めて”になる事が多々あります。だからこそ”タッグマッチ”は面白いのだと思います。彼らのような選手こそ、”タッグマッチ”には欠かせないのでしょう。結果は、バーナードが佐野を”ツームストン・パイルドライバー”で下し、バーナード&アンダーソン組が何と”IWGP・GHCタッグ2冠王者”という快挙を成し遂げました。

「BEST OF THE SUPER Jr ⅩⅧ」で見事優勝した飯伏幸太が挑戦した”IWGPJrヘビー級選手権”は、もはや”絶対王者”となりつつあったプリンス・デヴィッドとの”アクロバティックな攻防”の末、ついにベルトを奪取! やはり、現在勢いに乗っている飯伏に”天”が味方した、という事でしょう。もはや、彼は初代タイガー(佐山聡)や丸藤正道を超える位置まできた、という事か? そして、新たに設置された”IWGPインターコンチネンタル選手権”ですが、現時点では事実上の”トップクラス”にいながらあえて”ヒール”の道を歩んだ矢野通のために作られたベルトといっても過言ではないのですが、今回も矢野はMVPに敗北。試合後、矢野は何とMVPの髪の毛を切る、という暴挙に出た模様。今後”CHAOS”VS”鈴木軍(仮)”の抗争はあるのだろうか・・・?

また、2つの”因縁カード”も実現し、まず、”小島軍(仮)”を配下のタイチやTAKAみちのくらに追放された小島聡と彼を救った真壁刀義がタッグを組み、小島に代わって”鈴木軍(仮)”を結成した鈴木みのると”大型外人”ランス・アーチャーのチームと対戦しましたが、アーチャーの”パワー”とタイチらの”乱入”に翻弄され、最後は小島が鈴木の”ゴッチ式パイルドライバー”に沈みました(哀) もう一つ、”NO LIMIT”を追放された内藤哲也が”元パートナー”高橋裕次郎と対戦しましたが、やはり邪道&外道らの介入もあったせいか、内藤は高橋の”東京ビンプス”なる技を食らって敗北。新日本に”新たな抗争”が生まれつつありますね。今後、内藤が小島、真壁と合流したら面白いですね。そして、考えてみれば、新日マットに復帰した鈴木は”ヒール”になった飯塚との接点は今の所ないはず。この両者の間に”新たな因縁”が生まれたら面白いですね。そして、最終的には鈴木が矢野と手を組み”CHAOS”を乗っ取って、中邑と飯塚を追放、更には、その中邑、飯塚が小島、真壁と合流して新たな”軍団抗争”が生まれれば面白くなりそうです!

【DOMINION 6.18】
〈日時〉6月18日
〈会場〉大阪府立体育館
〈観衆〉6,200人(超満員札止め)

(第10試合 IWGPヘビー級選手権)
○棚橋弘至(王者)(25分28秒 ハイフライフロー→片エビ固め)後藤洋央紀(挑戦者)●
※棚橋が5度目の防衛に成功!

(第9試合 IWGPタッグ・GHCタッグダブル選手権)
○ジャイアント・バーナード、カール・アンダーソン(王者組)(12分03秒 ツームストーンパイルドライバー→エビ固め)高山善廣、佐野巧真●(挑戦者組)
※バーナード&アンダーソン組が8度目の防衛に成功の上、第22代GHCタッグ王者に!

(第8試合 IWGPインターコンチネンタル選手権)
○MVP(王者)(10分50秒 レッグロールクラッチホールド)矢野通(挑戦者)●
※MVPが初防衛に成功!

(第7試合 スペシャルタッグマッチ)
○鈴木みのる、ランス・アーチャー(12分39秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)真壁刀義、小島聡●

(第6試合 IWGPJrヘビー級選手権)
○飯伏幸太(挑戦者)(13分49秒 フェニックススプラッシュ→片エビ固め)プリンス・デヴィッド(王者)●
※飯伏が第61代IWGPJr王者に!

(第5試合 スペシャルシングルマッチ)
○高橋裕次郎(11分12秒 東京ピンプス→片エビ固め)内藤哲也●

(第4試合 6人タッグマッチ)
天山広吉、○永田裕志、井上亘(09分12秒 バックドロップホールド)飯塚高史、田中将斗、石井智宏●

(第3試合 CMLL世界ウェルター級選手権)
○マスカラ・ドラダ(挑戦者)(08分26秒 エビ固め)田口隆祐(王者)●
※田口が3度目の防衛に失敗、ドラダが新王者に!

(第2試合 6人タッグマッチ)
外道、邪道、○ブライアン・ケンドリック(08分33秒 スライス・ブレッド#2→片エビ固め)獣神サンダー・ライガー、タイガーマスク、KUSHIDA●

(第1試合 シングルマッチ)
○金本浩二(03分04秒 逆片エビ固め)高橋広夢●
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2011/06/19(日) 09:47:04|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<注目のフランス人女性アーティスト、ZAZ  | ホーム | ”アイドル戦国時代”の裏側で・・・ -上原美優自殺->>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/637-566dbf63

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。