コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

”アイドル戦国時代”の裏側で・・・ -上原美優自殺-

ここのブログで”アイドルネタ”を取り上げるのは非常に稀ですが、今や”AKB48”をはじめ数多の”女性アイドルグループ”でひしめき合っており、更に”KARA”、”少女時代”等の”韓国系女性アイドル”も加わって、いつしか”女性アイドル戦国時代”と呼ばれるようになりました。しかし、ここ最近は、もはや”戦国時代”どころか”AKB48”が完全に”天下”を握ってしまった状況にあり、”グラビア界”でもほしのあき、優木まおみらが築いた”三十路グラビアアイドル”というジャンルまでも、AKBの”グラビア進出”によって希薄になりつつあり、それに対抗して”若手グラビアアイドル”の吉木りさが”グラビア界”で孤軍奮闘している状況で、今や”写真週刊誌”の多くはAKBと吉木りさの両者で成り立っているといっても過言ではない状況になっています。

そんな中、一人”犠牲者”が生まれてしまいました(哀) ”大家族貧乏アイドル”という触れ込みで”バラエティー番組”を中心に活躍していた上原美優(24)が、今月12日、自宅マンションで首を吊って自殺していたのを交際していた男性によって発見されました。”遺書”は見つかっておらず、床に”殴り書き”のようなものがあった、と発見者の男性が証言しているとの事。もっとも、彼女の自殺の原因は未だ持って分かりませんが、昨年3月に最愛の母が”心筋梗塞”によって他界した事で”後ろ盾”を失った事は確かなようで、後は”将来の不安”や”恋愛のもつれ”もあるのではないか?と言われています(僕的には”交際中の男性”による”自殺”に見せかけた”殺害”、というのも考えられると思うが・・・)。

しかし、やはり”将来への不安”というのが一番大きいような気はします。”恋愛のもつれ”があったとしても、そこには”将来への不安”も当然リンクしていたと思いますし、今の”芸能界”ひいては”アイドル界”の現状を考えれば、彼女が自殺したくなるのもわからないではないです。

とは言え、どこの世界でも”弱肉強食”の”競争社会”ひいては”階級社会”によって成り立っているのは事実ですし、その中で必死で頑張るか、あるいは”第2の人生”を歩むかしかないと思います。しかし、”貧乏暮し”で中学時代に”いじめ”を受け、そこから這い上がってきた上原美優にとって、AKB48はあまりにも”高く厚き壁”に成り過ぎてしまったのではないでしょうか。もっとも、AKBのメンバーだって”下積み時代”があって、毎日秋葉原で”ライブ”を重ねてきてそこから這い上がっています。でも、その”バック”にはかつて”おニャン子クラブ”を手掛けた秋元康が控えています。しかも、AKBはおニャン子のような”事実上素人集団”ではなく”完成された美少女アイドルグループ”です。僕は、決してAKBが嫌いな訳ではありませんが、今のAKBの勢力は”絶頂期の織田信長”のような”戦慄”すらも感じられるのです。”音楽部門”でも”頂点”に立ち、やがて”グラビア界”へ進出して、ついには”バラエティー番組”にも進出して、更なる”勢力拡大”を計っています。となれば、それまでその領域で活躍していたアイドルの”行き場”が無くなってしまうのも事実です。

実は、上原美優の”自殺報道”がされる前日、ふとネットのサーバーを開いた時に、”ニュース”の欄に「さしこ、「AKBは2年後には終わってる」発言」という記事が目に入り、詳細を見てみると、どうやら毎週火曜日に日本テレビ系列で放送されている「踊る!さんま御殿!」に出演していたAKBのメンバーの”さしこ”こと指原 莉乃が「AKBは2年後には終わってるから、”資格”でも取って芸能界で生きていけなくなった時の事も今から考えておかなきゃ・・・」といった事を言っていたようで、そして、翌日の”上原美優自殺”が指原の発言に妙に”説得力”を持たせているように感じました。「驕る平家は久しからず」という言葉が意味する通り、”栄華”を極めたものは必ず”転落”します。まぁ、ある程度程々の活躍ならまだしも、今のAKBの活躍は少々”危険性”をはらんでいるように思えます。彼女達が”ビッグ”になればなるほどその”煽り”を食らうタレントも出てきます。まだ、”他のタレント”ならともかく、いずれ”身内”の中でもやがて”いさかい”は起こってくるでしょう。そして、今度は”AKBメンバー”の中から”自殺者”が現れたら、その時は本当にAKBは終わるかもしれません。

で、変な”誤解”を抱かれると困るので、言っておきますが、僕は決してAKBが嫌いな訳ではありませんし、上原美優の”自殺”の原因がAKBのせいだと言っている訳ではありません。問題なのは、”事務所”や”メディア”の芸能人の”扱い方”に問題がある訳であって、今のAKBの扱い方は正直”異常”極まりないと思います。このような事は今に始まった事ではありませんが、AKBの場合はあまりにも”大所帯”な訳ですから、そこの所をもう少しマスコミは注意を払う必要があるのではないでしょうか。

話を上原美優に戻しますが、まだまだ”この世”に未練が多々あるでしょうけど、ご冥福をお祈りします(合掌)

上原美優・・・本名:藤崎 睦美、1987年5月2日鹿児島県種子島出身、享年24歳。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2011/05/15(日) 15:45:56|
  2. 芸能|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<久々のプロレス記事 -6.18、新日本大阪大会- | ホーム | 岐阜・愛知への旅(3日目)>>

コメント

真相は・・・

やはり”男女間のもつれ”というものがどうやら多いようですね。これは、あくまでも”写真週刊誌”の記事によるものですが、上原美優はどうも複数の交際相手がいたようで、そこで”泥沼状態”になっていたらしく、また、彼女は”芸能デビュー”以前に”キャバ嬢”としてかなり人気があったようで、男関係も結構豊富だったとか。

ただ、”芸能デビュー”してそういった”過去”や”真の姿”をようやく封印し、”貧乏アイドル”として順調に進んでいた所に、AKB48が破竹の勢いで芸能界を席巻し、”アイドルグループ戦国時代”を築く一方で、”バラエティ番組”も次第に”インテリ系”のタレントが起用されるにつれて、彼女の出番はどんどん少なくなり、次第に”交際者”更には”事務所”から”過去”や”本性”を暴露する、といった”脅迫”を受ければ”万事休す”となるでしょう。そして、”止め”として”解雇通告”ないしそれに近い処遇を事務所から突き付けられていたとしたら・・・。

しかし、だからと言って、彼女が男にだらしのない”性悪女”だったとは思えないし、ひとえに”貧乏からの脱却”という思いがあったのは間違いないと思います。ただ、言えるのは”デビュー前”の苦労よりも”デビュー後”の苦労の方がその後の”人生”の糧になるのだ、という事を彼女は心得ておく必要があったのではないでしょうか。
  1. 2011/05/22(日) 09:57:23 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/636-5f487f35

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。