コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

岐阜・愛知への旅(2日目)

2日目、AM9:00前にホテルをチェックアウトすると、名鉄岐阜駅から犬山方面へ向かいました。約20分程で犬山遊園駅に到着。僕が持っていた”ガイドブック”がかなり古いものだったため、それには犬山遊園駅からモンキーパークまで通っている”モノレール”が載っているのですが、そんなものとっくに”廃線”になっていたようで、仕方なく「犬山モンキーセンター」まで歩いて行く事にしました。

20分程歩いてようやく到着するも、早くも切符売り場が”長蛇の列”になっていました(汗) 隣接する「犬山モンキーパーク」という遊園地の方もかなりの列を作っていましたが、これはこの後行く事になる”犬山城”も含めて、どうやら去年行った彦根同様ロンブー敦がテレビで紹介した影響のようです(驚) 園内は、”アフリカ館”、”中南米館”、”アジア館”、”類人猿館”等に分かれていて、世界各国の珍しいサルが公開されていました。ただ、ほとんどが”檻”の中で公開されていたためちょっと物足りなさも感じましたが、唯一ワオキツネザルが広い敷地で放し飼い近い状態で公開されていて、一見サルとはかけ離れた容貌でありながら、その行動やしぐさを見ると「やはりサルなんだな。」と実感しました。

犬山モンキーセンターのワオキツネザル






犬山モンキーセンターのワオキツネザル

犬山モンキーセンターを出て、犬山城方面へ向かう途中にあった”とんかつ屋”で昼食をとる事にしました。まぁ、定番通り”味噌カツ”でも良かったのですが、メニューの中に”豚テキ定食御膳”というものがあり、それが普通の豚テキではなく大ぶりで厚みがあり、端部を残して切れ込みがあるためにまるで”野球のグローブ”のようでした。で、この”豚テキ定食御膳”を注文。すると、出てきたのは予想以上に大ぶりの豚テキに、その下にキャベツが山盛りに盛られていて、更にそれとは別の器にキャベツが山盛りに盛られていました。更に付け合せのおしんこも量が多いです。「いくらなんでも、こんなにキャベツいらねぇよ。」と思いましたが、やはり器の方のキャベツは残しました(苦)

そして、とんかつ屋から15分程歩くと犬山城が見えてきました。その付近にある三光稲荷神社を通り抜けていよいよ犬山城に到着。しかし、「犬山モンキーセンター」があれだけの行列を作っていたため、不安が過ったのですが、その不安が的中。”天守”の前には長蛇の列が・・・(汗) やはり、”テレビ”の影響は強すぎる! 案の定”約一時間”並ぶ事になりました(疲) 約一時間が過ぎた所でやっと入城! ロンブー敦の影響もさる事ながら”国宝指定”の城ですから、場内も当時の状態のまま保存されており、外観もやはり”安土・桃山様式”の”3層4階複合式望楼型”の城で、良い味わいを醸し出す城ですね。ちょっと前まで”私有の城”だった事もあって、この城が人気が出るのも無理ないかもしれません。
犬山城:1469年(文明元年)、織田広近が砦を築いたのが始まりで、信長の叔父で、あの山内一豊の父・盛豊の主君であった織田信康が居城を木ノ下城から犬山城に移し現在の城郭の原型を造る。その後1564年、織田信長に攻め取られ、池田恒興、織田勝長(信長5男とされる)らが城主となり、”本能寺の変”後、信長次男・織田信雄配下の中川定成が城主となるも、1584年(天正12年)元城主・池田恒興に攻め取られ、後の”小牧・長久手の戦い”のきっかけの一つとなる。”小牧・長久手の戦い”で池田恒興が戦死すると、織田信雄が城主となり、その後三好吉房(豊臣秀次の実父とされる人物)などが城主を務める。その後、石川清貞、小笠原吉次、平岩親吉らが城主となり、1623年(元和6年)平岩親吉没後6年間の”城主空位”を経て尾張藩付家老の成瀬正成が城主となり、以降”明治維新”まで成瀬氏が城主となる。

犬山城








犬山城

天守を出た後、その近くにある”犬山市文化資料館”に入り、そして去年行った彦根城下の”彦根キャッスルロード”のように、犬山城にも観光客用の”城下町”が整備されていて、あまり時間もなかったので一応そこをザーッと見ながらホテルへ向かったのですが、”チェックイン”後再び”城下町”へ赴くと、時すでに遅し。犬山城閉館とともにこちらの店も閉店していました(寂) まぁ、犬山近辺の”旅行客”が急増したのはここ最近だと思いますので、市の”行政”がそこまで手が回らなかったのでしょうけど、この城下町が閉まってしまうと、”飲食店”がガラッと減ってしまう程犬山市はまだ”発展途上”の段階にあります。おかげで、夕食は仕方なく「魚民」で食べる事にしたのですが、そこが”超満員”(苦笑) もう少し、犬山市、ひいては愛知県がこういった現状を考えて欲しいですね。 せっかく”城下町”まで作ったのだから、”夜”の方もちゃんと考えてもらわないと困ります!

犬山城下町






犬山城下町

まぁ、犬山で”全国チェーン居酒屋”の「魚民」で夕食をとるとは思いませんでしたが、意外と馬鹿に出来なかったですね。特に、”サワー類”なんて結構凝っていて、”ゼリー入りサワー”や”いちご”や”キウイ”の”生絞りサワー”もありました。おかげで、ちょっと飲み過ぎて体壊してしまいました(汗)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2011/05/08(日) 15:16:03|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<岐阜・愛知への旅(3日目) | ホーム | 岐阜~愛知への旅(1日目)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/634-ba386701

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。