コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

退団して8年・・・小島聡、G1初制覇!

夏休み前後は”忙しさ”と”暑さ”で中々書き込みが出来ず、夏休み最後の日は”旅行”の記事で丸1日かかったため、次の日から少しずつ”G1決勝戦”の書き込みをしようとしようとしたら、パソコンが全く起動せず、”サポートセンター”へ電話しても回りくどい”音声による説明及び質問”を受けた挙句に、最終的に「10分待ってください。」と、こっちも時間がそれほどある訳じゃないのにここまで待たされるなら買った方が早いと思って、結局新しいパソコンを買ってしまいました。まるで、新しいものを買わせるためにワザと回りくどく対応を焦らしているようにも思えてなりません(悔) もっとも、以前持っていた(一応まだ手元にはあるが)パソコンは二型前のタイプ(Windows XP)だったので、ちょうど替え時かな?とは思いましたが・・・。

さて、今年の「G1クライマックス ⅩⅩ 決勝戦」ですが、5月いっぱいで”全日本プロレス”を退団し、6月に左ヒジを手術し、そして”フリー”となって”G1”に参戦を果たした小島聡が、G120年目にして初の”所属外選手優勝”を成し遂げました。勿論、彼自身も”初優勝”です! ’99年に中西、’01年に永田、’03年、’04年、’06年に天山、と”同年代”がG1を制覇していますが、小島は”全日本”へいたため一度全日時代に参戦するも”優勝”はまだしていませんでした。今回の”全日退団→G1参戦”へ至った経緯については「忘れ物を取り戻すため」と本人言っていたようですが、かつてこれと同じような事を言って全日から新日に強引に戻ってきたお方がいたような気がしましたが(笑) しかも、彼も離脱前に”怪我?(ガングリオン)”がどうたらこうたら言っておりましたが(苦笑)

まぁ、長州の事は置いといて(笑)、今回の小島は相当”本気”だったようですね。もはや、”新日所属”でも”全日所属”でもなく、”フリー”として裸一貫で挑んできた訳ですからね。一方の棚橋も現在”無冠”で、しかもここの所矢野との”髪切り抗争”にすっかり明け暮れてしまい、”タイトル絡み”の試合では”現IWGP王者”真壁をはじめ、”前王者”中邑、”MJP覇者”後藤の陰に隠れる憂き目に逢っていました。お互いが”崖っぷちからの再起”を賭けてのG1だった事は言うまでもないでしょう。

試合開始後、両者の間にはいつにない”緊張感”が走り、両者とも前半から容赦なくスパートしていました。小島は正直”不器用”なレスラーだと思いますが、だからこそ「ここぞ!」という時の感情が伝わってくるんですよね。変に”頭”を使うのではなく”体”と”気持ち”で戦っているからこそ、”予想外”の事が起きたり、試合後本人も言っていましたけど、”奇跡“が起こるんだと思います。棚橋も”ここ一番”の所で見せる”鬼棚橋”になっていましたからね。小島は”ラリアット”にこだわり続け、棚橋は”スイング・ブレード”、”スープレックス”、”ドラゴン・スクリュー”に執着する。変に多彩な技を出すよりも、一つの技に”魂”を込めて戦った方が試合は面白く感じます。お互いの”意地”と”プライド”がそこへ繁栄されますからね。

そして、試合終盤、トップロープに上ろうとしていた棚橋をエプロンにいた小島が”アックスボンバー”気味の”ラリアット”で吹っ飛ばした時から試合の流れが大きく一遍。それから、小島は”ラリアット”に執着し、棚橋も”スイング・ブレード”で切り返しを図るが、小島の”ラリアット”に賭ける意気込みの方がそれを上回り、最後は”スイング・ブレード”を狙う棚橋を”高速ラリアット”で迎撃”して”3カウント”! 小島がデビュー20年目にして”初優勝”! 更に、同じく20年目となる「G1クライマックス」において”所属外選手”が”初優勝”を果たす事になりました。試合後、小島は「次はIWGPだ!」と”IWGPタイトル挑戦”を表明し、リングを去りました。同じように”挫折”を何度も味わってきた”現王者”真壁とは共通する部分があると思います。両者の”プロレス”に対する”思い”、”熱”が物凄く詰まった凄まじい試合になるでしょう。でも、今度は何としてでも真壁に”至宝”を守ってもらいたい!

【G1 CLIMAX ⅩⅩ 決勝戦】
(日時)8月15日
(会場)両国国技館
(観衆)11,000人(超満員) 

(G1 CLIMAX Bブロック公式戦)
○高橋裕二郎(4点)(5分28秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)永田裕志(8点)●

(G1 CLIMAX Bブロック公式戦)
△中邑真輔(9点)(30分00秒 時間切れ引き分け)潮崎豪(9点)△

(G1 CLIMAX Bブロック公式戦)
○小島聡(10点)(12分09秒 ラリアット→片エビ固め)後藤洋央紀(8点)●
※小島が決勝戦進出!

(G1 CLIMAX Aブロック公式戦)
○矢野通(8点)(7分26秒 鏡割り→エビ固め)プリンス・デヴィッド(8点)●

(G1 CLIMAX Aブロック公式戦)
○内藤哲也(7点)(10分52秒 前方回転エビ固め)中西学(8点)●

(G1 CLIMAX Aブロック公式戦)
○棚橋弘至(9点)(11分58秒 後方回転脚折り固め)真壁刀義(8点)●
※棚橋が決勝戦進出!

(G1 CLIMAX ⅩⅩ 優勝決定戦)
○小島聡(Bブロック1位)(21分25秒 ラリアット→片エビ固め)棚橋弘至(Aブロック1位)●
※小島が「G1 CLIMAX ⅩⅩ」優勝!
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2010/08/22(日) 15:26:02|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<鬼軍曹、逝く -山本小鉄死去- | ホーム | 函館への旅②>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/617-019df9ba

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。