コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

雑草の悲願 -真壁13年越しのIWGP戴冠-

ここ最近、中々ブログを書く機会が無く、久々に”プロレス記事”を書きます。5.03、福岡国際センターにおける”IWGPヘビー級選手権”にて、”挑戦者”真壁刀義が”王者”中邑真輔を”キングコング・ニードロップ”→片えび固め”で勝利し、念願の”第54代IWGPヘビー級王者”となりました。

”エリート”と”雑草”・・・”前王者”中邑真輔は、アントニオ猪木が強行的に敷いた”格闘技路線”において橋本真也、武藤敬司といった”二枚看板”が相次いで離脱し、残った選手も”格闘技系選手”相手に迷走を繰り広げ新日本プロレスが”崩壊寸前”になりかけた時に”次世代の救世主”として周囲から期待を一気に背負わされた”エリート”の中の”エリート”でした。それに引き換え、”新王者”となった真壁の方はというと、最終的に猪木の”格闘技路線”の中で”刺客”として送り込まれる事になる藤田和之と”同期入門”ですが、藤田との扱いはまるで”月とスッポン”で、当時体の細かった真壁はそれこそ理不尽な”しごき”を常に強いられ、仕舞いには”プエルトリコ無期限海外遠征”といったほぼ”左遷”に近い境遇立たされるほど過酷な”レスラー人生”を歩んできました(”プエルトリコ修行”とは、他の”アメリカ修行”、”カナダ修行”、”メキシコ修行”、”ヨーロッパ修行”等と違って決して”出世コース”ではなく、あのブルーザー・ブロディが”暗殺”されるぐらい、たちの悪いプロモーターが運営している所と言われています。)。

しかし、やがて中邑は”エリート”という重荷がついて回りやがて”スランプ”に陥り、”肉体改造”をしてもそれが裏目に出たりして中々”本領”が出し切れずにいましたが、”ヒール転向”によって3度目の”IWGP戴冠”を果たし”猪木超え宣言”をした事によって今日のポジションに至っています。一方、真壁はプエルトリコマットで自力で這い上がり、”肉体改造”も行って新日本に凱旋。そして、自分で行動を起こして自分のポジションを作り上げ、その中で紆余曲折を味わうも、昨年”G1クライマックス”で優勝する等の実績を身に付けました。両者とも、一見”正反対”に見えますが実は同じような境遇を歩んできた事は間違いないと思います。

さて、”試合開始”のゴングが鳴ると、中邑はあえて”プロレス然”とした戦い方ではなく、”キック”や”サブミッション”を多用した”格闘技的”な戦い方を意識的に仕掛けていました。それに対し、真壁の反撃も普段以上にえげつない”危険技”を多様。見ているだけでも”鳥肌”の立つようなまさに”現代風ストロングスタイル”の試合でした。試合中盤、真壁が中邑をトップロープから”雪崩式パワースラム”を浴びせると、中邑が左肩を押さえながら悶絶しています。放送席からは「中邑選手は肩を脱臼しましたか?」、「肩から”関節”が出ています。」とかつて永田の”雪崩式エクスプロイダー”を喰らった際の”悪夢”が蘇ってしまいました。そこをすかさず真壁は肩口に蹴りを入れ、そして強引に”ドラゴンスープレックス”を仕掛けますが、中邑は返します。更に、真壁もエグい攻撃を何度も仕掛けますが、それでも返す中邑。しかし、中邑の左肩口の”突起”はますます目立つようになり林リングドクターも駆けつける始末。

そして、終盤真壁はトップロープに上って中邑が中腰状態の所を背後から後頭部めがけて”キングコング・ニードロップ”を放ち、そして”片エビ固め”で3カウントを奪い念願の”IWGPヘビー級王者”奪取に成功しました! 苦節13年と2ヶ月、”雑草”と呼ばれて常に”ボロ雑巾”同様に扱われ、何度も”どん底”に突き落とされた人間がやっとの事で”栄光”を手に入れました。そして、試合後のインタビューで「チャンピオンになった今、次の挑戦者を誰に指名したいですか?」と質問されると、すかさず「ちょっと待て、俺は今”チャンピオン”になったばっかりなんだから、俺から言うんじゃなくて、誰かが名乗りを上げなきゃおかしーじゃねぇか!」と返しあ後に、「本当は、こんな事は言いたくないんだけど・・・、おめぇらに対してこんな事は言いたくないんだけど・・・。サンキューな!」と照れくさそうに言いながらリングを去りました。

その後、”控え室”でのインタビューでも、”対戦者名”は挙げずも「NOAHには借りがある。だからNOAHの人間で名乗りを上げる奴はいねぇのか?」とおそらく杉浦?を指して言いました。となると、現時点では杉浦も”GHC王者”ですから、まさか史上初の”IWGP VS GHC王者統一戦”が行われる、と言う事でしょうか。これで真壁が”二冠王”になったら、それこそ”アメリカン・ドリーム”ならぬ”ジャパニーズ・ドリーム”という事になりますね。

【5.03、福岡国際センター大会】
〈観衆〉6,000人

(IWGPヘビー級選手権)
○真壁刀義(挑戦者)(18分18秒 トップロープからのキングコングニードロップ→片エビ固め)中邑真輔(王者)●
※真壁が第54代IWGPヘビー級王者となる!

(スペシャルシングルマッチ)
○矢野通(16分57秒 片エビ固め)棚橋弘至●

(IWGPJrヘビー級選手権)
○丸藤正道(王者)(22分40秒 タイガーフロウジョン→片エビ固め)田口隆祐(挑戦者)●
※丸藤が4度目の防衛に成功!

(スペシャルシングルマッチ)
△後藤洋央紀(13分41秒 両者KO)田中将斗△

(IWGPタッグ選手権 3WAYマッチ)
永田裕志&井上亘○VS高橋裕次郎&内藤哲也VSジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン●
○井上(12分20秒 スピアー・オブ・ジャスティス→エビ固め)アンダーソン●
※永田&井上が第56代王者となる!

(CMLLミドル級選手権)
○獣神サンダー・ライガー(10分04秒 空中胴締め落とし→体固め)ネグロ・カサス●
※ライガーが新王者となる!

・・・etc



ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2010/05/09(日) 13:48:42|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<NOAHのヘビーは強いんです! -「グローバル・リーグ戦’10」決勝戦- | ホーム | 彦根・安土・関ヶ原の旅③>>

コメント

真壁!

 真壁がここまで伸びた一因は、インディー団体を渡り歩いた時に身に付けたカリスマ性にあるのだと思います。
 あの時期に大変身を遂げたのはプロレス界の一大ブランドである「新日本」から一人で出向いて、インディーでは書く団体で実力者と呼ばれる選手たちをことごとく圧倒、まさに言葉通りの「圧倒」を続けることで行動力や実行力、そして何よりも強さを多様なファンの前で証明したからでしょう。

 インディーのファンを新日本に呼び込むことにも成功したでしょうし、逆に新日本のファンは真壁が実力を証明し続ける事で新日本の強さを実感できたということで、より一層彼への信頼感が増したという相乗効果もあり、一気にカリスマへと駆け上がりましたよね。

 それでも泥臭いプロレスがいくら支持されてもIWGPだけは別物で、真壁にとってはなかなか縁遠いベルトだったのが、遂に獲りましたね!
 小橋が三冠を獲った時に似た感慨がありました!

 vsNOAHとなれば、杉浦との対戦を口走るのはまだ早いのかもしれません。グローバルリーグで優勝した高山を迎え撃つという大一番が杉浦には控えていますから。

 仮に杉浦じゃなくても、ここら辺りで真壁と同類の「泥臭系のニオイ」を感じるヨネとか力皇に名乗りを上げてもらいたいところです・・・けれど、やっぱりこういう真壁からの呼びかけに対して鈍感なところがファンからの支持が離れて行く原因だということに早く気が付いて欲しいところです。
  1. 2010/05/11(火) 06:53:57 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

泥まみれ人生

フクフク丸氏、大分ご無沙汰してます(汗)
同じ“泥臭さ”でもヨネや力皇の場合はどちらかと言えば“外見的”な所による事が多いと思うのですが、真壁の場合は本当に“泥まみれ”になって這い上がってきた“ハングリー精神”を持っています。だから“気持”の部分では真壁の方が遥かに上回っているのだと思います。

“若手”の頃に泥を飲まされ、“プエルトリコ”で泥を飲まされ、更に“怪我”に泣かされ、そして、“インディーズ”の“泥臭い連中”と壮絶な試合を繰り広げた事によって、今日のポジションに上りつめたのは確かだと思います。
  1. 2010/05/13(木) 06:42:57 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神(携帯) #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/605-b2f2b034

スーパーpsy野神

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。