コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

彦根・安土・関ヶ原の旅③

5月4日、朝食を済ませた後、AM8:30頃にホテルをチェックアウトし、彦根駅から関ヶ原駅へ向かいました。
関ヶ原駅へ到着すると、まずそこから5分程歩いて「関ヶ原町歴史民俗資料館」へ向かいました。館内には、言うまでもなく“関ヶ原の戦い”に関する資料や物品が展示されている訳ですが、どうも地元の人達は“石田三成びいき”のようで、資料も“西軍”の武将にまつわる資料が多く、三成と家康の“プロフィール”を読んでも、三成の方が必要以上に良く書かれていて、一方の家康の方が必要以上に悪く書かれているような嫌いを感じました(汗) ”展示室”を見終わった後、入り口の販売店に”武将グッズ”が販売されていたのですが、それも”石田三成”関係のものが多かったのと、荷物がかさばってしまうので結局買いませんでした。

で、ここの資料館では”レンタサイクル”も扱っていたため、早速レンタサイクルを借りて、”関ヶ原探索コース”を周る事にしました。まず、資料館を出てすぐの所に”徳川家康最後陣跡”があります。土塁を四角に囲ってあり、いかにも”陣”という感じでした。元々、家康は”桃配山”に陣を置いていましたが、戦況がよくつかめないためこの地へ移動したそうです。合戦後は、ここで敵将の”首実検”を行ったようです。

関ヶ原 徳川家康最後の陣跡






徳川家康最後陣跡

次に、”決戦場跡”、そして”笹尾山・石田三成陣跡”へ足を進めました。まず、”決戦場跡地”があり、その背後にかなり壮大な”陣跡”が見えました。”石田三成陣跡”です。いやぁ、”三成びいき”もここまで来ると・・・、という感じにかなり立派に復元されていました(汗) 確かに、”関ヶ原”は三成の本拠地である”近江(現滋賀県)”に近いですから、”三成人気”が高いのはわかります。でも、僕的には三成はどうしても”武将”ではなく”官僚”のイメージが強いため、必要以上に”戦国武将”らしさを醸し出されると”不自然さ”さえ覚えるんですよ。

関ヶ原決戦場跡






決戦地跡

関ヶ原 石田三成陣跡






笹尾山・石田三成陣跡

その後は、”島津義弘陣跡”、”開戦地跡”、”小西行長陣跡”を周り、更に”宇喜多秀家陣跡”、”福島正則陣跡”へ進んだ後、”大谷吉継墓及び陣跡”へ向かったのですが、道が不便だったので断念。今度は、松尾山の”小早川秀秋陣跡”へ向かったのですが、こちらも松尾山麓から徒歩で40分程かかるため、時間の都合上断念(悔) 結局、「関ヶ原民俗資料館」へ自転車を返しに行く事にしました(泣) で、思ったのが、この”関ヶ原探索コース”はやはり”西軍武将”が中心で、しかも殆どが小規模なものでした(悲) 

しかし、僕が思うに、”関ヶ原の戦い”でもし石田三成率いる”西軍”が勝利したとしても三成と淀君に従う大名は殆どおらず、日本は”真っ二つ”に割れ、その隙に”西洋諸国”に攻撃され”植民地”になってしまった可能性が高いと思います。徳川家康率いる”東軍”が勝ったからこそ、今日まで日本は”植民地”にならずに済んだのではないでしょうか。「”歴史”は勝者によって作られる。」とは言われますが、最終的な”勝者”は徳川幕府を滅ぼした薩摩・長州を中心とした”明治政府”なんです。現代日本においても必要以上の”太閤びいき”や”家康=悪狸”というイメージが植え付けられているのも、”明治政府”がそのように当時の国民の洗脳したためである、と僕は考えています。

「関ヶ原民俗資料館」を後にすると、関ヶ原駅から名古屋駅へ向かいました。PM2:20頃に名古屋駅に到着したのですが、関ヶ原には昼食を取る場所が無かったため、少し遅くなりましたが名古屋駅の地下レストラン街で昼食を取る事にしました。どの店も混んでいたため比較的空いていた焼き鳥の店に入り、「鳥まぶし丼」を注文。やはり、地元の”名古屋コーチン”を使用した焼き鳥は違いますね。うなぎの”ひつまぶし”と同様、最後は”お茶漬け”にするのですが、炭火の香ばしさに加えて皮の”パリパリ感”が味わえるので、うなぎの方よりこちらの方が少し”上”かな?とも感じました。

PM3:40頃、名古屋駅から新幹線に乗って帰路に就きました。(終わり)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2010/05/06(木) 19:45:13|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<雑草の悲願 -真壁13年越しのIWGP戴冠- | ホーム | 彦根・安土・関ヶ原の旅②>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/604-f645bfbb

スーパーpsy野神

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。