コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昨日の「K-1グランプリ2010」 開幕戦

【Fields K-1 WORLD GP in YOKOHAMA 】
〈日時〉4月3日
〈会場〉横浜アリーナ
〈観衆〉10,153人

(第7試合)
○バダ・ハリ(モロッコ/ショータイム)(3R判定3-0)アレクセイ・イグナチョフ(ベラルーシ/フリー)●

(第6試合 K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ)
○セーム・シュルト(王者)(オランダ/正道会館)(3R判定3-0)エロール・ジマーマン(キュラソー島/ゴールデングローリー)(挑戦者)●

(第5試合 K-1ヘビー級タイトルマッチ)
○京太郎(日本/チーム・ドラゴン)(王者)(2R1分56秒、KO ※右ストレート)ピーター・アーツ(オランダ/チーム・アーツ)(挑戦者)●

(第4試合)
○アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリー)(1R2分40秒、TKO ※右ひざ蹴り)ジャバット・ボトラック(ボスニア・ヘルツェコビナ/チーム・ボトラック)●

(第3試合)
○ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream Team)(3R判定3-0)タイロン・スポーン(スリナム/ブラックレーベルファイティング)●

(第2試合)
○グーカン・サキ(トルコ/チームレベル)(3R判定3-0)シング”心”ジャディブ(インド/パワーオブドリーム)●

(第1試合)
○セルゲイ・ラシェンコ(ウクライナ/キャプテン)(3R判定3-0)佐藤匠(日本/極真会館)●


”4年ぶり”にK-1に参戦するイグナチョフ。”実況アナ”はここ数年のイグナチョフのスランプを「豊かな暮らしをした事による練習の怠惰」と言っていましたが、実際は、今から6年前、新日本プロレスの中邑真輔との”異種格闘技戦”で敗れた事によって、その”汚名”を背負ったイグナチョフが”K-1首脳”によって”次期王者候補”から意図的に引き摺り下ろされためなんです。そして、現在”K-1首脳”が一押しする選手が言うまでも無いバダ・ハリです。しかし、イグナチョフは2003年にハリに”KO勝ち”しているんです。そういった因縁から、今回このカードが決定したようです。されど、2003年の頃のハリはまだ”無名”で、その頃は日本の”K-1マット”にはまだ上がっていませんでした。しかし、今のハリが当時よりも断然”グレードアップ”しているわけですからね。
そして、いざ試合が始まると断然ハリペース。試合をするごとに”進化”をし続けるハリの勢いは止まらない! 一方のイグナチョフはやはり”ブランク”が感じられました。ハリのスピードが速すぎるのも重なってイグナチョフは終始何も出来ない状態でした(哀) まぁ、そうなる事が予測できたからこそ、谷川はイグナチョフの”K-1復帰”を許可したのでしょうが(苦笑)
で、結果は”判定”ながらハリの圧勝! イグナチョフはいっその事”プロレスラー”に転向して中邑の首を狙った方がよろしいかと思います(笑)

ハリと共に”K-1新世代”として台頭してきたもう一人の雄、”エロ自慢(笑)”ことエロール・ジマーマンは、セーム・シュルトの保持する”K-1スーパーヘビー級”のタイトルへの待望の挑戦! 今度こそ”絶対王者”の”高く厚き壁”が崩れる事を期待しましたが、そうは問屋が卸さない。シュルトもまた、わざとジマーマンが前に入り込めないように”キック”や”パンチ”でプレッシャーをかけていきます。さしものジマーマンもシュルトの”鉄壁な攻撃”を崩せないままあっけなく”判定負け”(哀) シュルトは”総合”なら勝つ術は結構あると思うのですが、”K-1”にいる以上はそう簡単には"王者"の座から落ちないでしょうね(悲)

”強い日本人製造機”と言っても過言ではない前田憲作会長率いる”チーム・ドラゴン”所属の京太郎は気付いたら”K-1ヘビー級王者”になっていました。そして、今回このタイトルに挑戦するのは”K-1の歴史を作ってきた立役者”の一人、ピーター・アーツです。アーツはある時期から急に”パワー”と”スタミナ”が衰え、「もうアーツは終わった。」という声さえ上がったと思われますが、ここ最近の好調ぶりを考えれば京太郎にとってはまさに”脅威”の相手だったはず。しかし、京太郎もまたハリやエロジマンと共に”K-1新世代”の一角。彼もまた、日々”進化”を遂げている選手だったようです。アーツの攻撃にも中々ひるまず、むしろ終始”優勢”で終盤”右ストレート”がカウンターで決まりまさかの”KO勝利”! 日本人の中からやっと本当に”強いヤツ”が現れてうれしい限りです(喜)

”引退の危機”に追い詰められたジェロム・レ・バンナの前に現れたのが、またも”K-1新世代”の一角であるタイロン・スボーン。”現ヘビー級王者”京太郎を判定で破った事もあり、今勢いのある選手のようです。試合序盤はどちらかというとバンナ優勢。しかし、スボーンも一見”KO”寸前の場面が見られるも中々しぶとい選手です。それに、どうもバンナの動きを見ているかのようにも思えました。”2R”以降は僕が見た感じでは”スボーン優勢”に見えました。中々動きもいい選手です。「バンナ、やっぱり”引退”か?」そういう”不安”も過ぎりましたが、蓋を開けてみるとバンナの”判定勝ち”(疑) う~む、今回はバンナにちょっと”オマケ”したかな?

”K-1最強の外敵”アリスター・オーフレイムの前に立ちはだかったのが、”格闘サイボーグ”を生み出す東欧圏のボスニア・ヘルツェコビナ出身のジャバット・ポトラック。さすがのアリスターも今回ばかりは危ういか?と思いました。実際、動きも素早いし、技術的にはまだまだ”隙”がうかがえるアリスターを”テクニック”で倒すかと予想しましたが、アリスターの”破壊力”は想像を逸しています。”膝蹴り”であえなく”TKO”になってしまいました(哀)

現時点での”格闘技番組”の中で”K-1ヘビー”だけが唯一安心して見られます。ハリ、エロジマン、京太郎、スボーンといった”新世代”も台頭しているだけに、K-1ヘビー”はまだまだ面白いですね。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2010/04/04(日) 19:37:15|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<彦根・安土・関ヶ原への旅① | ホーム | 鉄道沿線の桜 -千葉県・いすみ鉄道~小湊鉄道~>>

コメント

はじめまして

タイロンの名前で検索してやってまいりました。
私も、あの判定は若干ビミョ~~だとは思いました。
延長があったら、タイロン勝ってましたね。
体力、持久力、テクニックどれをとっても、一級品の選手だと思いますし、強いけれど、優しいオーラ出しているところと、しなやかでバネのある肉体が素敵です。本当に相手の動きを見るのが上手いのと、さばきかたヘッドスリップとかも得意ですよね。
今一番、注目している選手です。
  1. 2010/06/06(日) 05:27:33 |
  2. URL |
  3. KEIKO #-
  4. [ 編集]

こちらこそ

まぁ、K-1の”疑惑の判定”は今に始まった事じゃないですからね(笑)

おそらく、スボーンが”KO勝ち”した場合は一気にプッシュするつもりだったのでしょうけど、持ち越してしまったからバンナを見捨てるのがもったいなくなって”おまけ”した、っていう可能性はあるでしょうね。

でも、今の”格闘技界”で”K-1ヘビー”が一番安心して見られるのは事実です。
  1. 2010/06/12(土) 12:50:18 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/601-41ffc559

スーパーpsy野神

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。