コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

特選アルバム(邦楽ポップス編)① 渡辺美里「Lovin’ You」

ちょっと今回は”趣向”を変えて、”邦楽ポップス”を取り上げたいと思います。

今年”デビュー20周年”を迎え、毎年夏になると行っていた西武球場での”ライブ公演”を今年を持って”ラスト”とする事になった渡辺美里。唐突に何故彼女を取り上げたか?というと”デビュー20周年”というのもさることながら、彼女こそ今日の”J-POP女性シンガー”の”先がけ”的な存在だからに他ならないからです。

85年5月「I'm Free」(ケニー・ロギンスのカバー)という曲でデビューした彼女は、2ndシングル「Groin'up」、3rdシングル「死んでるみたいに生きたくない」で”頭角”を表し、86年1月に発売された4thシングル「My Revolution」が大ヒット! この曲で、彼女の名前が全国的に広まった訳ですが、それ以前の所謂”ニューミュージック”という”枠”に入れられる事の多かった女性ヴォーカリストとの”決定的”な違いは、”ロック”に近い”ポジティブ”な”ポップサウンド”と、それまで”私””あなた”という歌詞だったのが”僕””君”という歌詞を使うようになった事。これが現在の”J-POP女性シンガー”に受け継がれているのは言うまでもありません。更に言えば、当時の”作曲陣”の中にはその後の”J-POPシーン”の中核となった小室哲哉の存在もありました。渡辺美里と小室率いるTMネットワーク、更には同時代に活躍していたBOΦWY、久保田利伸、プリンセス・プリンセス、米米クラブ辺りも含めて、現在の”J-POPシーン”の”屋台骨”を作ったのは言うまでもないでしょう。

今回、紹介するのは、彼女にとっては最も”重要”と思われる2ndアルバム「Lovin’ You」。このアルバムは”2枚組み”になっており、4ndシングル「My Revolution」、5thシングル「Teenage Walk」等が収録されている彼女に獲っての初期の”名盤”である事は間違いないでしょう。このアルバムのほぼ半分が小室哲哉、もう半分が岡村靖幸の作曲した曲でその双方の”カラー”がくっきり打ち出されているアルバムと言えるでしょう。でも、決して彼らに”支配”される事なく、渡辺美里本人の”個性”がちゃんと打ち出された”仕上がり”になっております。

これが、現在の”女性J-POPシンガー”の原点。是非必聴!

(渡辺美里「Lovin’ You」)
1.ロング・ナイト
2.天使にかまれる
3.マイ・レヴォリューション
4.そばにいるよ
5.素敵になりたい
6.19才の秘かな欲望
7.ディス・モーメント
8.君はクロール
9.レジスタンス
10.マイ・レヴォリューション(ハロー・ヴァージョン)
11.悲しき願い(ヒア&ゼア)
12.みつめていたい(リッスン・イン・ユア・ハート)
13.言いだせないまま
14.雨よ降らないで
15.ステッピン・ナウ
16.男の子のように
17.ア・ハッピー・エンディング
18.ティーンエイジ・ウォーク
19.嵐ヶ丘
20.ラヴィン・ユー

20050710113815.jpg


※詳細はこちら
スポンサーサイト
  1. 2005/07/10(日) 11:38:37|
  2. CD|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<チームJAPAN | ホーム | 宗教と武力>>

コメント

岡村靖幸!!

 渡辺美里のプロデュースに小室がいたのは知ってましたが、岡村は知らなかった!
 渡辺美里が先駆けの世代ならば、私はその一つ遅れのプリプリとかコメコメの中期(ファンク・フジヤマの頃)とかの時期に音楽を聴く事を覚えました。
 ですから、渡辺美里は代表曲の「マイレボ」とか「サマータイム・ブルース」「夏が来た」とかくらいしか知りませんです。

 友人から借りて聞いたことはありますけどね。音楽聴き始めの中学生当時は主に、中山美穂とか工藤静香、南野陽子とかを聞いてました。だって、テレビの歌番組によく出る歌手の方が覚えますからね。

 時に、岡村靖幸の音楽センスは20年早すぎたと思うんですよ。私は、川本真琴のプロデュースのときに岡村の「だいすき」を思い出して、つい最近ですがラジオで「だいすき」が掛かった時に、ウチの嫁さんが「これ誰の新曲?」って聞いたんですよ。
 新曲!?
 時代を超えて新曲として評価される岡村。歌詞も音楽性もかなり早すぎた天才だと思います。
  1. 2005/07/12(火) 09:04:29 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

岡村靖之

最近あまりお見かけしませんが(汗)、確かに言われてみれば彼の曲って結構"現代風"だと思います。”80年代後半~90年代前半”の曲って、今聴くとやはりあの時代の”カラー”があり、聴くと”懐かしさ”を感じるものですが、岡村の曲は結構”新鮮さ”が残っているかもしれませんね。でも、当時はちょっと”くどい”感じはしましたが・・・。
  1. 2005/07/13(水) 00:13:03 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/60-a52626bd

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。