コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

宗教と武力

”宗教”と言う物は、元来人々に”道徳心”を植付け、人々を”正しい道”に導く事を”第一の目的”として作られたものであるはず。ですから、当然ながら、そこには”殺人”や”戦争”等はあってはならない、という”教え”も含まれていたはずです。

しかし、元来この”精神”のもとにイエス・キリストが唱えた”キリスト教”も、それらがローマ帝国を中心に”ヨーロッパ全土”に広がると、それがいつしか”権力の道具”となってしまいました。そして、ローマと同じく”一大勢力”を築く事になるイスラム帝国もそれに”対抗”して”武力”によって”イスラム教”を掲げるようになりました。

本来、”キリスト教”も”イスラム教”も”ユダヤ教”をルーツとした元は”同じ宗教”だったんですよね。しかし、そこに”民族意識”が加わる事で、次第にそれらは”別”の解釈をもたらされ、やがて”別の宗教”と認識されるようになり、しかしながら”神”は一神しかいない、となれば、やがては「こちらが本物。あちらは偽物!」となって、それがやがて”戦争”に発展していったのは間違いないのでしょう。それが今日まで続いてしまっているのです(汗) なんて嘆かわしい事なんでしょう(悲)

2001年、9月11日に起こったニューヨークの”同時多発テロ事件”が起こってから4年後の、今年2005年7月7日に今度は”時期オリンピック開催地”に決定したロンドンの地下鉄が”同時多発テロ”の被害にあってしまいました。その”犯人”はやはり”アル・カイーダ系イスラムテロ組織”の可能性が高いとの事。一説によると?”テロ組織”に成りすました”オリンピック候補地”を3度も落選したフランスの仕業という話もあるが(冗談) 日本では”七夕”だというのに・・・(関係ないか(笑))

一体、彼らは何をしたいのでしょうか? こんな事をして何の”解決”になるのでしょうか? 確かに、”中世”からの”因縁”も当然あるのでしょうけど、現時点での中東の”緊張”の最大の原因は”イスラエル建国”にあり! その”立役者”は言うまでも無くアメリカです! 彼らは”聖書”に書かれている「エルサレムの地へ帰りなさい。」という”予言”を利用し世界に散らばった”ユダヤ人”を先導して”武力”によってパレスチナを占拠し、”イスラエル建国”を強引なまでに行ってしまいました。しかし、その”実態”は、まず彼らの本当の”目的”は”石油の利権”にあった訳で、それを掌握する為アメリカに多く滞在していたユダヤ人を利用して”パレスチナ乗っ取り”を図ったのが真相のようです。しかも、その”ユダヤ人”というのも、実は本物の”ユダヤ人”とは全く無縁の”アシュケナジー”と呼ばれるかつて中央アジアにあって国をあげて”ユダヤ教”に改宗した”ハザール汗国”の後裔たちです。本物の”ユダヤ人”は、今尚パレスチナの地で貧しい暮らしを強いられているとか。そして、事あるごとにアメリカは”アラブ諸国を一方的に”悪者扱い”して、自分達の”正義”の名の元に戦争を仕掛けてきました。となれば、”テロ組織”が後を耐えなくなるのも無理ないでしょう。

結局、”宗教”って何なんだ!? 結局”権力の道具”に終わってしまっているだけじゃないですか! ”宗教”を盾に”戦争”を起こしたり、”領土”を奪ったり、”テロ行為”をしたり・・・、これじゃ”宗教”も何もあったもんじゃないよ! まぁ、これだけ世界の国々が経済的にも軍事的にも技術的にも”進化”を遂げてしまえば、”宗教”のみで”平和”を生み出すのは”至難の業”なのでしょう。結局”平和”をもたらす為に”戦争”を起こす、といった”矛盾”が生まれてしまったのは確か。でも、それは結局は今の多くの人々が”宗教”の”本質”を理解していないからそうなっているのであって、もし多くの人々が”宗教”というものの”本質”を見極めてしまえば、自ずと”平和”の道へ向かうはずなのですけどね。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/10(日) 09:45:32|
  2. 社会|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:17
<<特選アルバム(邦楽ポップス編)① 渡辺美里「Lovin’ You」 | ホーム | 特選アルバムメタル編⑤ VIPER「THEATRE OF FATE」>>

コメント

行動起こしてみませんか?

世界の秩序を軍事力で解決しようという姿勢がある限り、この問題は解決しない。
残念なことに、国連安保理常任理事国は、全て核保有国で構成されている。国連が世界平和を実現すること自体が難しい。
国連安保理常任理事国に志願することが日本の役目だろうか!?日本は世界に誇れる平和憲法を有している。誰が作ったものかは今となっては問題ではない。この思想を世界に広め、実現する可能性を秘めているのは日本である。
日本が真に世界に貢献できるただ一つの選択。国連に変わる世界連合を作ることだ。
日本政府が作るのではない!
日本政府が動くと、常任理事国の圧力がかかるのは目に見えている。
これを読んでいるアナタ!アナタにしか出来ないのだよ!ネットの力を今こそ見せようではないか!!!
  1. 2005/07/10(日) 18:07:02 |
  2. URL |
  3. カイレン #-
  4. [ 編集]

カイレン氏、ようこそ!

はじめまして。確かに、今の日本政府に”国連”に代わる勢力を作るような”意欲”も”度胸”もあるとは思えません。我々”民間”が動くしかないのでしょう。”ネット”を通じて”有志団体”を作るしかないのでしょうけど、おそらくそれが”可能”になるまでは気の遠くなるような”時間”がかかるかと思います。それに、そのような”団体”を作った所であべこべ政府に潰されかねないし(汗)

こうなると、国連に対抗する”団体”を作るとかじゃなくて、”民間レベル”で世界各国の国民に声をかけるしかないのでしょう。そして、各国の国民が一丸となって各々の政府と戦うしか方法はないと思います。多くの国民の”反対”を押し切ってまで政府も”戦争”は起こせないでしょうから。
  1. 2005/07/10(日) 19:05:41 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

えっ、日本?

日本って確か、あのイラク戦争の時に自分たちは平和憲法があるから戦争に参加できないけど、アメリカがやるのはすばらしいと高見の見物をしていた国ですよね?
(アメリカで死者が何人出ても見て見ぬふり)
常識的に一番卑怯な国だと思うけどな。
あっ、そうか。日本ではそうゆうのを”要領がいい”と言うのでしたっけね。
  1. 2005/07/11(月) 00:59:44 |
  2. URL |
  3. ウゴウゴ #7VgScPWU
  4. [ 編集]

こりゃあ、また・・・

 右にも左にも大きく振れていて、良い感じのコメントが来てますね・・・

 宗教的なことを最初に書けば、マスメディアの発達した現代ですから、世界に伝播する平和思想の速度は速いです。
 しかし、ガンジー然り、ケネディ然り、キング牧師然り、レノン然り、平和を訴え、世界を変えようと声を上げる者はことごとく志半ばにして暗殺されています。

 これは宗教や思想が、資本主義の敵になることを理解し、邪魔者を排除するシステムが社会に存在するからです。

 以下、別件。

 アメリカの野望は世界制覇ではなくて、アメリカの政治基盤を支える二大勢力が石油産業と軍需産業である限りは、この構図は変わらないと思います。

 アメリカは、冷戦時代にソ連と競い合うように軍需開発を続け・・・ソ連が崩壊し、バランスを失った世界で・・・

 省略しました。
 やたら長くなったので。

 アメリカは軍需産業が過去に作りすぎた武器の在庫処理場を求めて、戦争をしています。情報操作とこじ付けで。
 劣化ウラン弾とかだって、要するに処理に困った昔の武器なわけで、その在庫処理と政治的な思惑(中東での石油の利権)が絡んだ時に中東で戦争が起こる仕組みになってます。

 宗教とは名ばかりで、アメリカではアーミーに所属すると学費の免除などの優遇措置が取られるので、貧しい若者はアーミーに所属。宗教心などに関係無く、戦地に送られ、本隊ほどの戦場ではないにしろ宿営地の運営に携わったりしています。

 民主主義から落ちこぼれた者を救済するかのように、実は国家の奴隷のように扱っています。

 
 日本の戦後復興はアメリカあっての復興です。
 アメリカは日本を対ソ連、対中国の防衛線だと考えています。だから、一方でアメリカ文化と自由というアメで日本を眠らせ、平和憲法で一番危険な牙をもぎ取り、その実、アメリカ軍基地を作り、常に東アジアの動向を窺っています。

 日本は、日本人は・・・誇りを取り戻してアメリカと渡り合うには、国民の生活レベルが「難民」が出るくらいのレベルまで一度落ちざるを得ません。

 それほどまでに経済も政治もアメリカに依存していますし、アメリカの後ろ盾が外れれば北朝鮮も中国も簡単に日本を占領できる武力を有しています。

 その緊張間の真ん中にいることさえも気が付かずに、自分が国に守ってもらってることも気が付かずに、安穏と生活している私たち。

 でも、恥じることじゃないでしょ?生き残るためには甘受しなければならない現実だってあるんですからね。

 
 
 
  1. 2005/07/11(月) 06:32:39 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

依存してて、いいの?

>それほどまでに経済も政治もアメリカに依存していますし・・・

自由の国アメリカの基本は「自分の命は、自分で守れ」ですからね。だから”銃の保持”が認められているのです。
(経済は別にして)いつまでも甘えないで日本にも自立して欲しいとアメリカも願っていると思うけどな。

ブッシュも「アメリカの戦争を支持するなら、自分たち(日本)も戦え」くらいのことは小泉に言っているはずですけどね。
自らの血を流さずに”戦争支持”なんて言われても嬉しいはずありません。
  1. 2005/07/11(月) 07:33:11 |
  2. URL |
  3. ウゴウゴ #7VgScPWU
  4. [ 編集]

良いか悪いか ですけども。

 難しいところですよね。

 実際に、小泉政権は自衛隊を派遣することで平和憲法と矛盾するライン際すれすれの誠意をアメリカに示していると思いますよ。
 日本国憲法って骨格は日本人が作った憲法ではないですよね。これはアメリカが日本を押さえるためにGHQが草案したものに、肉付けされた憲法。

 アメリカは、過去の戦争経験も踏まえて日本に対外的な戦闘力を持たせる事の危険性を未だに懸念してる部分があると思いますよ。

 確かにウゴウゴ氏の書かれている通り、日本が戦争支持のプラカードを掲げて後ろで見てるだけではアメリカは嬉しいとは思わないでしょうけれど、こと軍事的な面から見たら、日本人に独立した軍隊を作られると厄介なので、その辺のピントをあやふやにしている部分はあると思います。

 独立独歩、我国が自前で資源を供給できて大国と向き合えるなら「依存」と言う表現は適切では無いでしょう。

 しかし、日本は昭和の初期にそれを目指して大東亜共栄圏の構築を政策として掲げ、その思惑がアメリカという超資源国に叩き潰され、そのアメリカが他の国で流す血の後押しの需要で経済は回復したようなものです。

 依存してて良いでしょうか?
 それとも悪いでしょうか?

 国民の血を流す確率を極力減らそうとする決断は、あやふやで歯痒く思えるかもしれません。

 では、「アナタが日本を代表してイラクで戦って来てください。」という召集令状が来たら・・・

 私は行きたくありません。けれど、行かざるを得ないでしょうね。「依存」を捨てると言うことはそういうことですものね。
 

 
 野神氏へ。
 ちょっと記事の本道から外れた議論で申し訳ありません。

 良し悪しは歴史が決めることだと思いますが、物事は見方によって良い・悪いが絡まり合ってますが、現状と未来にとって「良い」の方に少しでも傾いている選択肢を選ぶべきだと私は思います。

 ウゴウゴ氏へ。

 アメリカを喜ばせることは無いと思います。ただ、機嫌を損ねてもいけない。だから日本は「おとぎ話のコウモリ」だと批判されても、日本の国内では平和が保たれているのだと考えております。 
 
 ウゴウゴ氏は日本という国(の政策)を批判的に見ておられるご様子ですが、日本にどのような政治的判断を求められますか?

 もし、このコメントを読んで頂けたならば、お聞かせ願いたいと思います。
 
 また、こんな堅い事を書いている私ではありますが、普段は肩の力を抜いて(たま~に堅苦しい、毎日暑苦しい)ブログをやっておりますので、是非、この右側のフクフク丸の~へお越しいただければ嬉しいです。 宣伝でした(笑)。すみません。 
  1. 2005/07/11(月) 15:55:00 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

いや、凄い事に・・・

まさか、この”テーマ”がここまで凄い事になっているとは(笑) 

今”橋本の死”でまだ気持ちが落ち着いてないのですが、ここまで”コメント”入っているからには僕にも書かせてもらいます。

日本という国は、確かに”第二次世界大戦”後、マッカーサ率いる”連合国軍総司令部(GHQ)”に占領され、それによって事実上のアメリカの”属国”になったのは言うまでもありません。それによって、”戦争放棄””軍の解体”を余儀なくされ、日本における”軍事権”の一切をアメリカに任せる形になってしまいました。また、”高度経済成長”もそのアメリカの”経済支援”及びアメリカとの”貿易”によって成し得たのも確かでしょう。

しかし、全てが全てアメリカに”おんぶにだっこ”する事で、日本が”先進国”の仲間入りをしたのか?というとそれは間違いだと思います。半分はアメリカのおかげかむしれないけれど、半分は日本独自の力によるものだと思います。でなければ、他にもアメリカに”経済的支援”を受けている国はいくらでもあるでしょうが、それで”先進国”になれる国は極めて限られているということ。アメリカの”支援”があろうと無かろうと、”先進国”になる国は、その国自身にそれだけの”資質”が無ければ無理だと思います。事実、日本が”欧米列強”と肩を並べるようになったのは今に始まった事ではなく、”明治維新”の頃からも他のアジア諸国と違って日本だけが”飛躍”出来たのは、日本にそもそもそれだけの”資質”があったに他ならないからだと思います。

それに、フクフク丸氏の仰る通り、アメリカはかつての”日本軍”が”技術力”こそ乏しいけど、こと”軍事面”そのものを考えれば、決して侮れない国だと感じていたと思います。アジア及び太平洋の島々をあれだけ占領していたんだから。そもそも、日本は”武士”の国なんだから”軍事的戦略及び戦術”に秀でているのは当然です。だからこそ、GHCは日本から”軍事力”というものを剥ぎ取る手段出でたのでしょう。そして、日本の”軍事権”さえ掌握してしまえば日本はアメリカに逆らえない。それと引き換えに”高度経済成長”の支援をして”経済的”に豊にして人々を”平和ボケ”に洗脳してきました。そして、忘れた頃に”バブル崩壊”を導き今度は経済的に落胆した所で更にかの国は日本の”弱み”を握る事が出来る。日本が一方的にアメリカに”依存”しているというより、最終的にそう仕向けられた、といったほうが”正解”だと思います。

でも、正直今更「軍を作れ!」と言われても「戦争に参加しろ!」と言われても「何を今更!」って感じです。アメリカの言いなりでいやいや他の国に赴くのだったら、まず日本の”治安”を先に考えるべきだと僕は思うのですが。
  1. 2005/07/11(月) 22:04:56 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

TB有難うございます^^

私もTBさせて下さいね。
本当に悲しい事だし、難しい問題ですね。
戦後、言い方は悪いけれど、日本は米国の精神的植民国。
でも、それは復興、日本を残す為には仕方のない事です。それには感謝さえします。
何が問題かというと、その事を国民が理解していない(特に若者。私もまだ若者に分類されますけど)。
戦後から今までの日本の現状をしっかり理解しない事には、今後の事も考えれないし、精神的な目覚めがない…
なんだか話がそれてしまって申し訳ないです。
テロに関しては、米国(それに荷担している我が国等)が、イラク攻撃を止めない限りはおさまらないし、それは当然でしょう。
殺しあっても解決しないのに、どうして人間は、もっと自分達の優秀な脳を生かさないのか…
悲しいです。
  1. 2005/07/12(火) 04:13:53 |
  2. URL |
  3. 紫月 聖 #8gfOIHpU
  4. [ 編集]

いゃ~、レベルが高すぎて・・・

【始めに】
野神さん、どうもこのような場を提供して頂き誠にありがとうございます。
ちょっと私にはレベルが高すぎる気がしてきましたが、一生懸命書きましたのでよろしくお願いします。(もっと丁寧に書きたいのですが、長くなるので先に進めさせて頂きます)

【言論の自由】
本題とは違いますが、始めにこれを述べさせて頂きたいと思います。
日本ではとかく”言論の自由”はどんな意見でもすべてを尊重しなければならないという風潮があります。
しかし、これは誤りです。世の中には”くだらない意見”が多いのです。(2チャンネルが良い例だと思いますが)
”くだらない意見”は混乱させるばかりで何の役にも立ちません。
つまり、”言論の自由”があるのなら”排除する自由”も当然ながら認められるべきなのです。
と私は思っておりますので、もし私の意見が野神さんから削除なりの処置を受けましても異論はございませんし、もし今後くだらない意見が掲載された際には削除されることを私は望みます。(くれぐれも”もし”なので誤解のないように)
なお、この件に関しては本題から外れるため、私はこれ以上の議論をするつもりはございません。

【戦争】
「10年後、100年後になるかわかりませんが、せめて北朝鮮を含むアジアの東側(極東?)が協調しあい平和になること」(偉そうに言えば)これが私のビジョンです。

そして、もしできることならば経済大国の日本にイニシアチブをとって欲しいと思います。
これは私だけでなく、アメリカも同じだと思います。
いくら戦争好きのアメリカでも”資源が無く貧しいだけの北朝鮮”と戦争することは、(日本は絶賛するでしょうが)自国の国民の支持は得られません。
ならば、アジア極東の平和は当事者たちで何とかして欲しいと思うのが本音では無いでしょうか?
(以下にたとえ話を示します)
---
私の友達がどうしても許せない奴がいるから、殴ってくると打ち明けられました。
その彼はすごく喧嘩が強く、相手もそれほど大したことがないようで、聞けば悪いのはその相手のようなのです。
それに最近彼は仕事でストレスがたまり、日頃から喧嘩をしていたいと言っているのです。
私は彼にいつもおごってもらったりしているので、強く反対はできませんしたし喧嘩に負けるはずがないので、私もそれを勧めました。
そして彼は喧嘩をし、圧勝でした。しかし、殴られた相手はかなりの傷を負って病院に入院しました。その後、いろいろなことがあり、彼は病院に見舞いに行くことになりました。
しかし、彼が病院に行くと隠してあった凶器で目を突かれ失明してしまいました。
もちろん、入院している人に復讐なんてできませんし、失ったものは取り戻せません。

そして、私はその彼に泣いてお詫びしましたが、もう”あとの祭り”です。
最後の”オチ”は、私は「平和憲法、平和憲法」と訴えている平和論者なのです。もちろん私はすべての信用・信頼を失いました。
---
人に例えるとこんな感じになるのでしょうか?
一番の誤りは、当然「私はなぜ彼を止めようとしなかったか」です。
日本では同調することがすなわち仲良しの証拠になりますが、国際的には相手の事を思いやり、この場合ならば喧嘩しないように一緒に模索したり、喧嘩しないように仲裁を買って出ることが真のパートナーシップとなります。
何も考えずに”迎合”することは、信頼を失うだけで何も得られるものはありません。
ましてそれを”あの人には逆らえないから”と相手のせいにするなんて、もってのほかです。
だから、支持をしたからには、支持をしたなりの責任の取り方があるのです。

【政治的判断】
>日本にどのような政治的判断を求められますか?
もしかしたら私が「アメリカと一緒に戦え」と思ってる方もいるでしょうが、それは違います。
しかし、物事にはターニングポイントが存在します。一度言ってしまったら取り返しのつかない事があるのです。

まず第1は、先に述べたように「日本が開戦前に仲裁をする」ことでした。
そして第2は、「小泉首相がアメリカの戦争支持」した事を理由に国民(世論)は退陣を求めるべきだったのです。
今は、せめて民主党が政権を取り新しい首相がアメリカに泣いて土下座をするしか私には考えられません。
未だにイラクではアメリカ人の死者が出ていますし、すでに(たしか)千人以上の死者が出ているのです。その命はもう戻らないのです。日本人だけ死ななければそれでいいのではないのです。

「アメリカの戦争を支持」したことがすべてであり、それは”平和主義日本”の取り返しのつかない過ちなのです。

【日本国憲法】
私が勤める会社の「就業規則」は1から作るのは大変なので前の会社の就業規則をそのままパクッてきました。でも、貰っちゃえばこっちのもの自分たちの都合のいいように当然変えたりしています。
もちろん変えないからといって、前の会社が何かを保証してくれる訳がないから当然ですよね。
「日本国憲法」も同じです。誰が作ったとしても気に入らなきゃ日本人の手で日本国憲法を変えれば良いだけのことです。つまり「発言、行動、憲法」などすべて自分たちの意思で自分たちの責任でもってやればいいだけのことです。

アメリカでは、自分の意見を述べられない人、あるいは意見に一貫性のない人は自立していないと判断され、”大人”とは認められません。日本もそろそろ”大人”になるべきではないでしょうか。

【オチ】
最後に私の”オチ”ですが、正直な話どうせ自分のところのブログじゃないから「え~ぃ書いちゃぇ~」って、なぶり書きした感はあります。
ので、もし不愉快な思いをされた方がいらっしゃいましたらごめんなさいです。これからは(今回も含め)、もうチョットちゃんとする(した)つもりです。
  1. 2005/07/12(火) 17:35:08 |
  2. URL |
  3. ウゴウゴ #7VgScPWU
  4. [ 編集]

宗教について

真面目ですね。
数日前似たようなことブローグに書きました。
良かったらご覧を!
  1. 2005/07/12(火) 21:32:46 |
  2. URL |
  3. にっこり笑顔 #-
  4. [ 編集]

いえいえ・・・

”削除”なんてとんでもないです(笑) これだけ”精力的”に書いていただけるならむしろ”光栄”です。

ウゴウゴ氏、過去にそのような御辛い経験があったのですか(哀) 確かに”黙認”もある意味”罪”ですからね。結局ある”犯罪”を見て見ぬふりする訳ですから、事実上それに”協力”する事になる訳ですからね。でも、まさかそのような”最悪の結果”になる事は予測もつかない訳ですから、ここら辺の判断は本当に難しいです。でも、じゃあ、こういった”揉め事”は必ず体を張って止めなきゃいけないか?というと現実問題そう簡単にもいかない気はしますね。

それが”個人的”な争いならともかく、それが”国”と”国”となればさらに事態は”複雑”になり、その”範囲””規模”も大きくなりますから、単純に「戦争はいけません!」って言って「はい、分かりました!」って訳にも行かなくなるのは事実だと思います。まぁ、それなりの”行動”は当然すべきです! でも、そういった”発想”ができるのは所詮は”国民レベル”の間だけであって、それが”政府”となると、我々にはわからない様々な”しがらみ”弱み”などが当然あるのでしょうから、結局何も言えなくなってしまうのでしょう(呆)

もっとも、日本の”政府のシステム”がもう少し”国民主導”のものであれば、いくらでも”改革”は出来るでしょうし、そうなればあのアメリカに対しても言いたいことを言えるでしょう。でも、現時点では、国民に課せられた”権利”って、結局は選挙での”投票権”しかないですからね。しかも、それは最高でも”国会議員”までで、その上にいる”内閣総理大臣”を筆頭とする”閣僚”は結局は国会の”年寄り方"が決めてしまう訳ですから(汗) これじゃ、良くなるものも良くならないわなぁ(呆) ”日本国憲法”の大部分が中々”改定"されないのもこうした"年寄り衆”の都合による所が大きいのでしょう。そして、そのバックにアメリカの”圧力”もいかばかりかあると思われます。

少なくとも、アメリカにとってこの日本は”子供のまま”であった方が実は都合がいいのでは?と思います。表向き「日本は早く自立して欲しい!」みたいな事を言っていても、結局は「日本って国は俺達がいないと何にもできないんだなぁ。しょうがない、俺たちがまた面倒を見るか。」と恩着せがましくでしゃばってくるのが連中の”本音”だと思います。


それから、にっこり笑顔さん、ようこそ! 先ほどお宅のブログに書き込んで参りました。今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2005/07/13(水) 00:07:50 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

そう言えば・・・

>ここら辺の判断は本当に難しいです。
私も正直、”言って見ただけ”で現実は確かに難しいですね。

チョット話は違いますが、以前確かイラク戦争終息宣言の頃か、小泉首相がアメリカに訪米しブッシュと会談して帰国した際に記者に質問されてもうわの空で焦点が定まっていないことがありました。
ニュースでは、時差ぼけで疲れているなどと言っていましたが、そんなレベルではありませんでした。
私の想像ですが、たぶんブッシュに相当なことを約束(密約)させられたんだと思います。
サマワから撤退する・しないなんて生優しいものではないでしょう。
その答えは、たぶん今年か来年以内には出ると思いますけど。
  1. 2005/07/13(水) 00:33:28 |
  2. URL |
  3. ウゴウゴ #7VgScPWU
  4. [ 編集]

子供のまま?

>少なくとも、アメリカにとってこの日本は”子供のまま”であった方が実は都合がいいのでは?と思います。

それは、確かにそうかも知れません。
しかし、問題はそうではなく。日本がどうしたいか?なのです。
そして、アメリカに従っていれば”責任回避できて便利だ”なんて思っている間は結局そんな国を誰も信用してくれないだけなのです。
野神さんが言われているとおり、すべてを親の責任にする”子供のまま”でしかないからです。
  1. 2005/07/13(水) 00:56:59 |
  2. URL |
  3. ウゴウゴ #7VgScPWU
  4. [ 編集]

選択と結果と責任

 ウゴウゴ氏、明確なご返答ありがとうございます。
 
 私も日本を良くしたい、せめて大国にも臆す事無く発言出来るようになって欲しいと思う一人です。今の国際的体面は「お金持ちの卑怯者」状態ですからね。

 「ボロは着てても心は錦」が美徳の日本社会が、忌み嫌う状態ですがね。

 1・戦争を支持すると言うことは、日本にも無差別テロが仕掛けられるかもしれないって事です。また、自衛隊だけでは飽き足らず民間徴兵が再開される危険性も孕んでいると言うことです。

 2・また、アメリカを支持せずに日本は中立を保ったならば、直ちにアメリカから経済措置などの何らかの制裁を受けたでしょう。そうなると我々の生活水準は著しく低下し、不景気に拍車が掛かり、国内の経済混乱は度を増していたでしょう。

 選択と結果のシュミレーションはこんな感じでしょう。それを提示せずに、どちらか一方だけをまくし立てるから選挙にも熱が入らないんですよね。
 国民のほとんどが無関心でしょう。どんな重要な問題でも。考えてないから後になって騒ぎますからね。

 それが現実です。
 結果に文句くらいは言うけれども従うこと。それが民主主義における責任です。(私個人は民主党のマニュフェスト支持でした。しかし、世論は自民党を指示しウゴウゴ氏の仰るところの「取り返しのつかない過ち」を犯しました。)

 よしんば政府の決断が後者だったとして、その状態にくさる事無く新しい希望を見つけられるのが日本人の資質なはず。でも、残念ながら現在の日本人は完全に骨抜きにされています。文句ばかりを垂れ流すマスコミに朝から晩までドップリ浸かって自分の意見なんて全く持ってないような人が多いですからね。

 民主主義とはそういうものがもっと熱く語られるべき思想なはず。そのための教育であるはず。しかし、現在は勝った者が正義という倫理観がまかり通る時代。
 
 民主主義の墓場とも言える「衆愚政治」に陥っているとしか思えません。みんな、根本的に正義で無いモノが、正義の仮面を被って弁論術・詭弁を弄して世論を誘導するような時代です。
 現在のアメリカ周辺民主主義国はローマ時代の終焉に似ています。

 ただ、ローマと決定的に違うのはこの記事の最初のカイレン氏のコメントにもあるように世界の一部がある程度の教育を受けて、情報や考え方がネットでつながっている事です。つまり、国境を越えて、利害や損得を超えて「新しい世界」を構築できる可能性を秘めたコミュニティーが設立できる可能性もあるということです。

 可能性の可能性ですから、微妙ですけど。社会主義が崩壊し続けている現在、民主主義もまた新しい段階へと変貌せざるを得ない状況だと思います。

 どうすれば良いか、どうなるかまではちょっと分かりませんけど。
 



【現在の宗教】
 宗教もその社会に組み込まれ、正義と言う看板を掲げて、我々もそれを正義と信じていますが、実際に現在我々が目の当たりにする宗教は宗旨を意図的に曲解した、ナショナリズムのシンボルでしかありません。

 現に、ローマ法王が「戦争やめなさい」と言っても誰も聞かない。現存の似非キリスト教や似非イスラム教では世界は平和にはならんのです。
「神のために身命を捧げる」という考え方は戦争や抗争があって始めて成就されるものであり、元来、宗教とはそう言ったものではないはず。
 今や、宗教は死にに行く者のために用意された、都合の良い物語として利用されているに過ぎません。「天皇陛下バンザイ」と同じですよね。

 都合の良い「錦の御旗」として生きながらえている現存の宗教に心の拠り所を求めるのは危険だとさえ思います。

 

 
  1. 2005/07/13(水) 09:26:10 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

また、長くなってゴメン

私は国際関係は”国益”よりも”信頼”を優先させるべきだと思います。
これには異論のある方もいらっしゃるでしょうが、世界平和のためには”お互いに尊重し合い、信頼関係を築き合う”と言うのは皆さん同じ考えではないでしょうか?

そして信頼を得るには、前にも書きましたが”一貫性”が重要であると考えます。
一貫性というと、とかく意見を変えないことであるかのように思いがちですが必ずしもそうではありません。つまり一貫性とは言っていること(憲法)とやっていること(行動)が一致していればいいのです。

上記の考えのもとに私なりにどうすべきだったのかを考え直してみました。
---
日本はイラク戦争開戦前にアメリカと戦争をしないための方策を模索すべきだったのです。
そして、あらゆる方法を考えたが結局”戦争やむなし”との結論に達した。とすべきだったのです。
---
結局結果は変わらないので、アメリカは日本が裏切ったとは受け取りません。
むしろ、”平和主義の日本”と真剣に話し合ったが、それでも解決の方策はなかった。と、アメリカも平和を望む国であることをアピールできますし、日本も平和憲法との一貫性を主張できます。

日本は”同じ意見なら味方、違うなら敵”との考えが強いですが、お互い立場や視点が異なればおのずと意見が違うのは当たり前でお互いに議論し合い、その溝を埋めることが重要なのです。
また、とかく”結果がすべて”との考えがありますが、これも間違いで誤った行動をした際にそのプロセスを分析しないことには次へ生かされないのです。

上記のようにすることで他にも両国にとって多くのメリットがあります。
・日本は常に平和を模索する国であることをアピールできる。
・アメリカは、その下地となる日本の平和憲法を作ったのが自分たちであることをアピールできる。
・しかし結果的に日本はアメリカの戦争を支持したのだから、(前線で戦うことはできないから)せめてサマワで援助活動をしていると、考え方の一貫性を主張できる。

そして現実は小泉首相は手放しでアメリカの戦争を支持したのだから、日本は憲法を変えてでも”国連が承認した戦争には参加できる”くらいのことはすべきだったのです。
これが私の考える一貫性です。

---以下はチョット脱線です。
>文句ばかりを垂れ流すマスコミに朝から晩までドップリ浸かって・・・
その通りですね。とくにJR西日本の列車脱線事故の時は、冷静・客観的でなければならないマスコミが被害者の方と同じ目線で報道していましたからね、あそこまでいくと”恐怖”さえ感じました。

>私個人は民主党のマニュフェスト支持でした
(非難されるかも知れませんが)私は1度でいいから小沢一郎に首相をやってもらいたい。
でも1度だけ政権交代したことがありますが、(社会党の土井たか子氏が「山が動いた」発言したとき)結局”消費税反対”で与党になったのに国民と一緒にお祭り騒ぎしていただけで「代替案を全然考えていなかった」と、笑うに笑えない”オチ”だったのです。
あの時、笑っていたのは、それまで万年野党だった政治家たちだけでした。今は”マニュフェスト”ができているから多少は違うでしょうが。

>現在のアメリカ周辺民主主義国はローマ時代の終焉に似ています
ご、ごめんなさい。私には難しすぎてチョット理解不可能です。
  1. 2005/07/15(金) 04:45:12 |
  2. URL |
  3. ウゴウゴ #7VgScPWU
  4. [ 編集]

国益と信頼

”世界平和”を作る上で、まず世界からの”信頼”を集める事は当然だと思います。されど、その”世界平和”という”名目”の上にその実”国益”を最優先する”某大国”がいる限り、”主張”弁論”だけでは”世界平和”は作れないのも事実です。皮肉にも、もし本当に”世界平和”を完全な形で実現させたいのなら、その”某大国”と同じ、いやそれを超える”軍事力”を持たなければ、それが実現できないという”大いなる矛盾”を抱えているのもまた事実。そして、現実問題、その”某大国”に”軍事力”で適う国は何処にもございません。結局、かの国の”言いなり”にならざるを得ない状況になっている、という事でしょう(悲)

日本は、そんな”某大国”つまりアメリカと事実上”ジャイアン>のびた”の関係にあるわけだから(笑)、世界に対する”平和の主張”など出来るはずもなく、また”一貫性”にしてもそのアメリカの”態度”によってコロコロ変えられてしまうのも事実です。ここに”ドラえもん”的な存在が現れない限り、この状況は当分変わらないと思います。

何か、アメリカに対する”強み”を握って、それによって日本が本格的に”世界”に対して”平和主張”が出来るようになる事を願いたいものです。
  1. 2005/07/15(金) 05:59:17 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます。ウゴウゴ氏

 一貫性。

 すごく良く分かります。

 「大量破壊兵器の存在」これがイラク侵攻の切っ掛けであり、アメリカは国連の勧告を受け入れずに武力でのイラク・フセイン政権討伐に臨んだ訳ですからね。

 アメリカは全世界があきれ返るほどの「非」です。

 日本は、ウゴウゴ氏の仰るとおり、アメリカに尻尾を振るがために、国際的な信用を低下させたと言わざるを得ませんね。

 しかし、日本はアメリカを抑止しに行ったハズです(たしか)。アメリカはもちろん聞く耳を持たなかった。
  
 そう。アメリカはそんな体裁なんて気にしてない国です。
 世界の平和はアメリカが守るという「正義」の煽りのもとに自分より弱い相手を容赦なく嬲り殺すことのできる「ならず者国家」です。

 日本は経済上ならいざ知らず、アメリカにとって政治上のパートナーにはなり得ていない現状なのでしょう。というか、国連の勧告さえも聞き入れないんだから、アメリカの危険性を問うべきなのかもしれませんね。


 小泉政権のみならず、歴史の上で未来にとって重大な決断を下すとき、右往左往する様を対外的にも対内的にも見せるのは見苦しいですよね。

 見苦しい故に、苦悩が伝わってくると思います。自分達の次回の選挙のことを考えたら国民に過激なことを言えない、国の平和的存続を考えたらアメリカに意見も言えない。

 過去の国内の政治家達は「選挙で多くの表を取ること」に力を費やして、その後の政策のことなんて全然考えていませんでした。だから、野党にイレギュラー的に指示が集まった所で先頭に立ったら何もできない。国政の状況すら把握していない。

 社会党がそうでしたね。

 消費税を反対して国政を握ったら、国にお金が無くて、結局他の名目で増税スルしか無くなっちゃった・・・みたいな。

 結局は自民党の政治が保守本流と呼ばれるのは、国益に叶った政治運営をして国民を平和のウチに統治して来れたからです。
 自民党だけが国内外全方位に目を光らせて、国政を安定せしめる力を持っていたのです。

 野党は重箱の隅を突付くかのように、自民党の揚げ足を取って来たに過ぎない。それを社会党は露呈してしまったのです。

 あのときに社会党の信頼は一気に失墜したのがその証拠ですよね。

 一方、現在の民主党は「政権準備党」という名目のもと、シュミレーションを徹底し、マニュフェストという公約を世の中に問いながら着実に支持を増やしています。
 
 小沢一郎という男は、総理大臣の器だったのは10年前くらいでしょうね。当時は活力に満ち、支援者も多く、野心に燃えていたのが伝わって来ました。
 今は、覇気が感じられない。結局、キーマンだと騒がれながら自民を離れ、菅とも最近仲がよろしくなく、政治の中心地から掛け離れてしまうような「はぐれ者感」の漂うただの中年になっちまいましたからねえ・・。

 
  1. 2005/07/15(金) 06:11:57 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/59-94b19a55

ロンドンテロ事件

2012年のオリンピック開催地がロンドンに決定して、湧きに湧いてたロンドン。恐ろしい地下鉄テロが起こった。うーーん。これは本当に怖いね。ロンドンっていえば、ほんと世界各国から観光客来るし、危ないイメージないし。まだ詳しい事はわからないけど、被害者もドンド
  1. 2005/07/12(火) 04:14:57 |
  2. ★月下美人★

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。