コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

芸能界の噂話とその実態

”清純派アイドル/女優”として一斉風靡した酒井法子が、”覚せい剤所持”で逮捕され、”芸能界”に衝撃が走りました。かねてから、彼女には”ヤンキー説”がありましたが、他にもそうしたアイドルはあまた存在するが、その多くは「女性自身」、「女性セブン」等の週刊誌で取り上げられる程度で、その多くは”ガセネタ”と考えるべきでしょう。しかし、酒井法子の場合は、20年程前にTBS系で放送されていた山田邦子、高嶋政伸司会のバラエティー番組「バナナ大使」の”イニシャルトーク”のコーナーで、ゲストの松居直美が一応”アイドルS”としながらも彼女の”実態”を暴露していました。「あの可愛い”ブリッ子”のイメージで売っているアイドルが、ある番組で地元の友達をスタジオ内に連れてきましたが全員”ヤンキー”だった!  ・・・・普段は可愛い口調でしゃべってるけど、その日の番組収録語は友達と”ヤンキー口調”でしゃべっていた。・・・」等を暴露。それ以外でも”某○ちゃんねる”では楽屋で”シンナー”を吸っていた事も暴露していた、と書かれているが、正直そこまでの”記憶”はないし、おそらくそれは”ガセ”だと思うが、しかし彼女が”ヤンキー”だった、という事自体は今回の件である程度証明された、といっても過言ではないと思います。

事実、酒井法子は4歳の時に実の母親と死別。その後父の手で育てられるが、どうもその”父親”が”暴力団員”である説が浮上。その父親が95年5月、自動車を運転中、山梨県内の高速道路で中央分離帯に衝突し死亡。その父親の”素性”は当時はあまり表沙汰にされていなかったようですが、今年7月、実は酒井の弟・健被告も”覚せい剤取締法違反”で逮捕され、そして彼は”暴力団組員”であり、そして、その事から父親も”元暴力団組長”だった事が発覚したようです。そういった”環境”を考えれば、酒井法子がグレてもおかしくないのは確か。ただ、それにもかかわらず、彼女が純真無垢な”清純派ブリッ子アイドル”を演じ切れたのは何故なのだろうか? おそらく、そこに彼女が所属していた事務所「サンミュージック」が何かしら関係しているのでしょう。

「サンミュージック」は、松田聖子が所属する事務所として有名ですが、今から23年前の1986年4月に同事務所が入居しているビルの屋上から”飛び降り自殺”をした当時の人気アイドル・岡田有希子が所属していました。彼女は”うつ病”に悩まされ、更に俳優・峰岸徹との”不倫”が原因”で”自殺”した、という事になっていますが、果たして本当なのだろうか? その岡田有希子の”元マネージャー”で後に酒井法子の”マネージャー”を勤めた溝口伸郎氏が2000年7月にやはり”自殺”しています。で、問題なのは、今、この人の事を検索しようとしても中々”ヒット”しないばかりか、”ヒット”しても”シークレットサイト”になっていたりする! どう考えても”何者か”の手が回っているとしか思えない!! やはり、岡田有希子の”死”には”裏”があり、その事を知っている溝口氏が口封じのために殺された、という事ではないでしょうか。で、酒井法子が、何故”ブリッ子”を演じきれたのか? ”プロ”としての”英才教育”を事前に叩き込まれたのか? それとも、何かしらの”トリック”があるのだろうか? 岡田有希子は、このような事務所の”実態”に気づき、それを公表しようとして口封じに殺されたのではないでしょうか。

いずれにしても、「サンミュージック」の背後に”黒い影”がちらつく事だけは確かだと思います。”暴力団”然り! また、今回”宗教団体”も関与していた、という話しもありました。”宗教団体”と言えば、この団体に所属していたために”転落”の一途を辿った桜田淳子も「サンミュージック」所属だったようです。でも、こういった事務所は、他にもあると言われます。特に、今”芸能界”で幅を利かせているのが「ジャニーズ事務所」、「ホリプロ」、「吉本興業」、そして「バーニング」と言われていますが、その中でも「ジャニーズ事務所」と「バーニング」はバックに”黒い連中”がいる事がほぼ明確だと言われています。特に「ジャニーズ事務所」はかなりヒドいという話です。「嵐」の大野智が週刊誌で覚せい剤を吸って”乱交パーティー”を行っていた、という記事が載せられ、その写真も写っていたようですが、何事も無かったようにスルーされています。どうも、”暴力団”、更には”自民党”、もっと突き詰めればそこにはなんと”アメリカ”まで関与して、上から強力な”圧力”をかけた、という話です。それから、草薙剛の一件にしても、実は”覚せい剤”を使用していた、という説があるようです。でなければ、大した量の酒を飲んだ訳じゃないのに、公園で”裸”になって騒いだり、果ては”家宅捜索”されたりする事なんて通常はありえないです。それに、考えてみれば、今のジャニーズのグループのほとんどが”オリコンチャート”で”初登場1位”を獲得しているのも不自然ですからね。何かしらの”圧力”無くしてあそこまで”チャート1位”を獲得する事等普通はありえないでしょう。

”芸能事務所”が、”暴力団”、”政治家”、更には日本を実質的に支配している、と言われる”アメリカ”と手を組んでいる、となるとこれは尋常ではありません。実は、酒井法子の夫が逮捕されると同時期に逮捕された押尾学が使用していた”MDMA”の方が実は問題のようで、こちらの”出所”が突き詰めると”自民党”、果ては”アメリカ”にぶち当たる、という話のようです。それを”カムフラージュ”するために酒井法子を”スケープゴート”にした、という説があります。おそらく、連中は「サンミュージック」の”実態”を知っているだろうし、酒井法子の”実態”も知っている。しかも、現在38歳の酒井法子は”賞味期限ギリギリ”と言っても過言ではなりません。一方”ジャニーズ系アイドル”はまだまだ使えます。どんどん若い”ジャニーズJr”が排出されているし、”ビジネス”としての売り出しはいたって簡単なのでしょう。だからその”収益”は大きく、それらの”マージン”が、”暴力団”、”自民党”、そして”アメリカ”へと渡っているとすれば納得がいきます。さらに、”ジャニーズ事務所”は何故”男性タレント”しかいないのか?という疑問を持っている人も多いでしょう。これぐらいの”力”のある事務所であればその”女性版”を作ったって”商売”は成り立つはず。しかし、そうしないのは、事務所の社長であるジャニー北川氏が”ゲイ”だから、という説があります。そして、”暴力団”や”アメリカ人”にはその手の人は多いはず。そういう関係から、ここにこうした”連中”が関与しているのでしょう。

いずれにしても、自分の事務所の”タレント”を売り出すには”力”がいる! そのためには、”力”のある連中に協力を求めるのは”自然の成り行き”でしょう。そして、その”代償”として”覚せい剤”を交わされ、それが”タレント”にまで渡っている、というのが真相ではないでしょうか。てな訳で、最近では”元祖アキバ系アイドル”と言われている小倉優子に”ヤンキー疑惑”があるようだが、果たしてどうなのだろうか? ”アッキーナ”こと南明奈も正直匂います。で”ユッキーナ”こと木下優樹菜はいかにも”シンナー”や”薬物”をやってそうですが、実は大した事無いのでしょう(笑) 同じ”おバカ仲間”のスザンヌは”ヤンキー”ではないでしょうけど、実は”高学歴”と言う噂が・・・? 果たして、これらの”真相”はいかに!?
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2009/08/12(水) 10:42:12|
  2. 芸能|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<高知への旅(その1) -高知編- | ホーム | 大物女優の”死”と大物アイドルの”転落”・・・そして、小物?ロッカーの”自滅”(哀)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/574-47234bd2

スーパーpsy野神

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。