コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

7.13、「K-1 WORLD MAX 2009」

【FIELDS K-1 WORLD MAX 2009】
〈日時〉7月13日
〈会場〉日本武道館
〈観衆〉16,555人

(第11試合 スーパーファイト)
○魔裟斗(2R 2分13秒 TKO(タオル投入による))川尻達也●

(第10試合 リザーブファイト)
○佐藤嘉洋(延長R 判定2-1)ユーリー・メス●

(第9試合 リザーブファイト)
○城戸康裕(3R 判定3-0)リーロイ・ケスナー●

(第8試合 スーパーファイト)
○渡辺一久(1R 2分40秒 KO)山本篤●

(第7試合 スーパーファイト)
○チョン・ジェヒ(1R 1分27秒 KO)山本”KID”徳郁●

(第6試合 トーナメントFRINAL8)
○ブアカーオ・ポー.プラムック(3R 判定3-0)ニキー”ザ・ナチュラル”ホルツケン●

(第5試合 トーナメントFRINAL8)
○アンディ・サワー(延長R 判定3-0)アルトゥール・キシェンコ●

(第4試合 トーナメントFRINAL8)
○ジョルジオ・ペトロシアン(3R 判定3-0)アルバート・クラウス●

(第3試合 トーナメントFRINAL8)
○山本優弥(3R 判定3-0)ドラゴ●

(第2試合 スーパーファイト)
○HIROYA(3R 判定3-0)キコ・ロペス

(第1試合 スーパーファイト)
○ジャバル”チンギスハン”アスケロフ(延長R 判定3-0)日菜太●

年内をもって”引退”を表明し、残りわずか”2試合”となった魔裟斗の前に立ちはだかったのが、”Dreamのクラッシャー”川尻達也。昨年大晦日に行われた「Dynamite 2008」における”K-1 VS DREAM対抗戦”において武田幸三から”KO”を奪った川尻が、実況席にいた魔裟斗に”挑戦状”をたたきつけた事によって実現した今回の試合。「さすがに、今回ばかりは魔裟斗はヤバいんじゃないか?」と思いました。川尻の”突進力”と”破壊力”は半端じゃありません。しかし、蓋を開けてみると、”K-1ヘビー”の方で行われたレミー・ボンヤスキーVSアリスター・オーフレイム戦と同じく、”K-1マット”においては”総合系選手”はどうしても”ボロ”が出てしまう、という事が発覚してしまいました。「Dynamite!!」は所詮は”お祭り”だから、”テンション”さえ上げていれば何とか結果につながる部分はあったのでしょうけど、通常の”K-1試合”ではその”緊張度”も違うでしょうし、”ルール”的にも”立ち技絶対有利”という空気が漂う中で行われます。で、”総合選手”が一番引っかかってしまう部分が”脇の甘さ”なんだと思います。”寝技”を共有する”総合格闘技”においては、むしろ脇を開けておく方が試合的に有利なのでしょう。でも、”ボクシングの基本”はあくまでも脇を閉める事! そこら辺の両者のスタイルの”違い”が、今回の”勝敗”を左右した事は言うまでもないのでしょう。もっとも、今回は魔裟斗の方が”主役”でしたから、魔裟斗が勝利した方が”FEG”としては都合がよかったのは間違いないでしょうけどね。

しかし、それでも川尻は頑張った方でしょう。でも、問題は山本”KID”の方です。確かに今回”4年ぶり”の参戦だけに”ブランク”があるのは仕方がないでしょうけど、でも、本当に「どうしちゃったんだ!?」というぐらいの”負けっぷり”だったのは事実です。相手は、”韓国ムエタイ三冠王”のチョン・ジェヒですが、”世界レベル”で見るとまだ正直それ程評価が高い訳ではない選手です。しかし、そんな選手に、ほぼ”まぐれ”に近いパンチを浴びせられてあえなくマット上に散ってしまったKID。まだ、コンディションが完璧ではなかったのでしょうけど、これまでの村浜、魔裟斗、須藤らと戦った時の”衝撃”は一体どこへ消えてしまったのだろうか・・・。

アンディ・サワーのあの”強さ”というか”しぶとさ”は一体どこから出てくるのだろうか? 正直、僕はアンディがそれ程強いようには見えません。されど、アンディはまるで”難攻不落の城”のようにその”安定性”を常に保ったまま気がついたらいつも勝利しているんですよね。あの魔裟斗ですら中々倒せない相手ですからね。今回彼と戦ったウクライナのキシェンコは、”貧困”から這い上がろうとしている”ハングリー精神”の強い選手で、そこら辺は同じ”東欧系”のミルコ・クロコップにも酷似しているでしょう。そのような選手でも、アンディ・サワーという”要塞”は中々簡単に落とせない訳ですからね。おそらく、”決勝”に残るのはこのアンディとブアカーオでしょうが、やはりアンディを倒せるのはブアカーオしかいないのだろうか?

ただ、今回の”TV中継”でブアカーオと佐藤の試合が放送されていなかったのが正直残念!
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2009/07/19(日) 11:00:15|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<大物女優の”死”と大物アイドルの”転落”・・・そして、小物?ロッカーの”自滅”(哀) | ホーム | 日本の原風景 -奥秩父・栃本->>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/572-730618c4

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。