コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

12.31「Dynamite!! ~勇気のチカラ2008~」概要 

先だっての「K-1 WORLD GP 2008」は”バダ・ハリ失格→ボンヤスキー繰上げ優勝”という無様な結果に終わってしまいました。ここの所正直”下り坂”を転がっている状態の”日本プロ格闘技”ですが、恒例の大晦日格闘一大イベント「Dynamite!! ~勇気のチカラ2008~」が近づいてまいりました。

まずはかねてから発表されていた桜庭和志VS田村潔司の”元U-インター対決”。田村がリングスからPRIDEへ移籍して以来、ようやく念願叶っての”一騎打ち”が決定いたしました。両者の対決は実に12年ぶりとか。実は、僕は”UWF”に関してはあまり詳しくないのですが、この団体は当初から”内部分裂”の繰り返しで様々な”因縁”を生んでは”集合離散”を繰り返していましたからね。田村は”第2次UWF”の頃に前田と対立し、高田が設立した”UWFインターナショナル”に参戦する事になりますが、次第に”プロレス色”に染まるU-インターの方向性に疑問を感じ高田と対立。やがて、彼はU-インターを離脱して今度はかつて対立していたはずの前田のいるリングスへ移籍し、前田引退後リングスの”エース”となっています。しかし、リングスが崩壊した後、再び高田のいるPRIDEへ移籍する事になりました。確かに色々な”事情”をはらんでの移籍なのでしょうけど、傍から見れば”わがまま”とか”頑固者”とか映ってしまうのは事実でしょう。桜庭も田村にはそんな思いが少なからずはあったかと思います。だからこそ、PRIDE時代はあえて田村とは関わろうとしなかったのでしょう。しかし、そんな田村との対戦を決心した桜庭には「引退する覚悟が出来たのか?」と言ったような憶測も飛び交っているようですね。確かに、桜庭は”怪我”が多いですし、田村もかつて高田の”引退試合”を務めた事で”介錯人”とも呼ばれているようですからね。それだけ、このカードは現在”崖っぷち”の状況にあると言っても過言ではない”日本プロ格闘技界”を左右するカードではないでしょうか。

次に、こちらも”因縁”浅からぬジェロム・レ・バンナとマーク・ハントが今度は”総合格闘技ルール”で対戦します。彼らは、2001年に行われた「K-1 WORLD GP 2001決勝戦」において対戦し、当時”優勝最有力候補”とみなされていたバンナが”鳴り物入り”で大会初参戦を果たしたハントにまさかの”KO負け”を喫する、という事態が起こりました。バンナは翌年の同大会において”レベンジ”を果たしているものの、その後はハントはPRIDEへ移籍。それ以来の久々の対戦となります。しかも、今度は”総合ルール”ですからね。そうなると、PRIDEで一時戦っていたハントの方が有利だと思います。それに、バンナは先だっての「K-1 WORLD GP 2008 準決勝戦」 におけるレミー・ボンヤスキーとの対戦において”左腕骨折”の疑いで”ドクターストップ”を喰らっています。いずれにしても、現在のK-1/Dreamの中ではかなりの”好カード”である事は間違いないと思います。

他のカードに関しては今の所いま一つパッとしないカードが多いですが、やはり”見世物マッチ”は用意しないと”視聴率”は取れないでしょうからね。でも、正直、”年末格闘技イベント”は今年が限界のようにも感じられますね(汗)

【FieLDS Dynamite!! ~勇気のチカラ2008~】
〈日程〉12月31日
〈会場〉さいたまスーパーアリーナ

〈現在発表されているカード〉
(ミドル級ワンマッチ(総合格闘技ルール))
桜庭和志(日本/LAUGHTER7)VS田村潔司(日本/U-FILE CAMP.com)

(DREAMルール)
ジェロム・レ・バンナ( フランス)VSマーク・ハント(ニュージーランド/オシアナスーパーファイタージム )

(K-1ルールワンマッチ)
武蔵(日本/正道会館)VSゲガール・ムサシ(オランダ/team Mousasi/Red Devil International)

(DREAMルール)
青木信也(日本/パラエストラ東京)VSエディ・アルバレス(アメリカ/エリートXC/ファイト・ファクトリー )

(K-1ルールワンマッチ)
武田幸三(日本/治政館ジム)VS川尻達也( 日本/T-BLOOD)

(ライト級ワンマッチ(DREAMルール))
ヨアキム・ハンセン(ノルウェー/フロントライン・アカデミー)VS J.Z.カルバン(ブラジル/アメリカン・トップチーム)

(K-1甲子園準決勝戦)
HIROYA(日本)VS嶋田翔太(日本)

(K-1甲子園準決勝戦)
日下部竜也(日本)VS卜部功也(日本)

(K-1甲子園準勝戦)
HIROYA VS嶋田の勝者VS日下部VS卜部の勝者

ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2008/12/14(日) 12:00:07|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<激動の2008年(社会編:上半期) | ホーム | 来年正月新日ドーム大会「レッスルキングダムⅢin東京ドーム」全カード決定!>>

コメント

追加カード

(K-1ルール)
バダ・ハリ(フランス)VSアリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)

(DREAMルール)
桜井”マッハ”速人(日本/マッハ道場)VS柴田勝頼(日本/ARMS)

(DREAMルール)
坂口征夫(日本/坂口道場横浜)VSアンディ・オロゴン(ナイジェリア/チーム オロゴン)

(DREAMルール)
ボブ・サップ(アメリカ/チームビースト)VSキン肉万太郎

(DREAMルール)
ミルコ・クロコップ(クロアチア/チーム・クロコップ)VSチェ・ホンマン(韓国)

(DREAMルール)
セーム・シュルト(オランダ/正道会館)VSマイティ・モー(アメリカ)

(DREAMルール)
所英男(日本/チームZST)VS中村大介(日本/U-FILE CAMP.com)

(K-1ルール)
佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー)VSアルトゥール・キシェンコ(ウクライナ/キャプテンオデッサ)

やっぱり、”追加カード”にはいいカードがいっぱいありましたね。

ハリVSオーフレイムは、前回の”K-1 WORLD GP2008”でハリがボンヤスキーに苦戦の末”反則”という事になってしまいましたので、あのミルコを圧倒したオーフレイムが今度の相手となると、ハリの”真価”が問われる試合になると思います。

柴田は桜井を相手にどこまで戦えるか興味深々ですね。”総合格闘家”に転向した柴田がどこまで成長したのか見届けたいですね。

ミルコVSホンマンもそういえば”初対戦”ですね。ミルコはここの所”低迷”の一途をたどっているようですから、”韓国の怪物”を相手に一気に”巻き返し”を計ってもらいたいですね。

で、サップはまだやるの? しかも”キン肉万太郎”で誰だ? まぁ、こういった”余興”も入れなきゃ面白くありませんからね(笑) まぁ、今回は曙とボビー・オロゴンが出ないだけでも良しとしましょう。

所VS中村大介というのは、ちょっと”U系”の試合になりそうで期待大ですね。所もここの所あまりパッとしませんから、ここで奮起してもらいたいですね。

シュルトVSモーも”因縁”の深いカードですから、ここで”完全決着”なるか!? 
いや、蓋を開けてみたら結構面白そうなカードが多くて安心しました。
  1. 2008/12/27(土) 10:14:41 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/546-45c0cbb9

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。