コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

テレビドラマ「女王様の教室」を見て

昨日から日本テレビ系で、夜9:00より「女王様の教室」なるテレビドラマがスタートしました。このドラマはかなりの”問題作”だと思います。かなりの”反響”を呼ぶ事は間違いないでしょう。”苦情”も多々はいるかと思います。

主人公である”スパルタ女教師”、阿久津真矢を演じるのは天海祐希。毎週月曜日になると、いきなり”テスト”を行い、その”成績”の良い2名には”特権”を与え、悪いものには1週間”雑用係”をやらせる、という”非道”な教師。このような”システム”を行う理由は、今の日本の”システム”が、事実上”特権階級至上主義”であり、そうでない”凡人”が生き抜く為には”一流大学”を出て”一流企業”に就職するしかない、との事。その為には小学生の内からその”意識”を見につけさせるため、という事らしいです(汗) しかし、この教師は、単に生徒たちを頭ごなしに”勉強”を叩きつけるだけの”文部官僚”のような人間と思いきや、実は生徒一人一人の”情報”を完璧に頭の中にインプットしている、いわば”サイボーグ人間”。よって、一応は生徒一人一人のことをどうやらちゃんと考えているようでもあるのです。そして、いくら成績が良くても、自分に楯突く生徒はやはり”雑用係”にするという”独裁者”ぶり。こんな教師が現時点で存在したら”大問題”もいい所でしょう。

このドラマの”趣旨”は、今の”事なかれ主義”のサラリーマン教師に対する”アンチテーゼ”的な意味合いがあると思うのですが、それはそれとして、正直この教師の”やり方”には”断固反対”です! これじゃ、”高度経済成長期”における”詰め込み教育”に逆戻りになっちゃうじゃないですか。その結果、”学歴”は良くても肝心な”仕事”が出来ない、という”矛盾”した人間を数多く生み出したのは事実ですし、その多くも、実は親が”金持ち”若しくは”有権者”である場合が多いです。それをこの”女教師”の言う所の”特権階級”だというのなら、むしろそういった”システム”を”崩壊”させる為の”クーデター”を起こした方がよっぽどマシ! それに、”不登校””引きこもり”そして”ニート現象”だってこれら主なが原因です。”学力”なんて人によって”格差”がある訳だし、”成績”の悪い人間に”罰”なんて与えたら、間違いなく中学に入ったらグレるわな(呆) それこそ、今の時代にこんな事をやったら、それこそ”殺人”の”オンパレード”になってしまうよ(恐)

今の時代、”教育”として最も必要なのは、やはり”道徳”だと思います。”学力”を植え付ける事も充分大事ですが、”罰”を与えてまで叩き込むのは、”学力”より”モラル””マナー”の方が優先だと僕は思います。僕の子供の頃も、成績が悪かったり、宿題を忘れたりすると”罰”を与えられましたが、そんな事したら”ストレス”が溜まる訳だし、それで”成績”上がるぐらいならとっくに上がってるわ!って。それより、今は”実践的”な”スキル”それから”資格”の方が重要です。通常の”五教科”の”成績”を”スパルタ方式”で植付けたって何の解決にもならないですよ!

まぁ、まだ”1話”しか見ていないので、今後どんな展開になっているのか興味深いものがありますが、きっとこれらの”裏”には何らかの重大な”謎”が隠されていることは間違いないでしょう。このドラマが、単に”スパルタ教育”を復興させる為のドラマなのか、それともそれとは違った”真の教育”の姿がそこに隠されているのか、そこら辺に注目したいです!
スポンサーサイト
  1. 2005/07/03(日) 19:48:20|
  2. 社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9
<<特選アルバム(プログレ編)② KANSAS「POINT OF THE KNOW RETURN」 | ホーム | 年齢と時間の関係>>

コメント

んむ

ボクもみたよん。たしかに、かなり時代錯誤な感じはイナめへんなぁ(苦笑)。日テレのドラマて、なんかピントずれが多いのは確かですねぇ。
  1. 2005/07/03(日) 21:35:58 |
  2. URL |
  3. Magnum TA #-
  4. [ 編集]

ゑ~、見逃した!

 天海祐希さん、キレイだああああ。

 CMの時点で「天海さ~ん、見ますよ~~」とルパン的に鼻の下を伸ばしていたのに、土曜の9時!うっかりビール飲みながらテレビゲームしてたああああ・・・

 天海さんの事だからきっと最後の方には「私の生徒に手ェ出すんじゃねえよ!」という方向に・・・行きませんね。

 

 
  1. 2005/07/04(月) 08:57:34 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

訂正

「女王様の教室」ではなく、「女王の教室」でした(汗)
  1. 2005/07/06(水) 23:58:45 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

はじめまして。
残念ながらこのドラマ、見忘れました。
奇想天外でありながら、なぜか胸に落ちるエピソードがこれから散りばめられていくのでしょうかね。
特に一握りの勝者が全体を仕切り、その他大勢はどうでもいいぞという思想は、まさに(もちろんデフォルメされている)現代社会の縮図といってもいいのでは?
日テレの学校ドラマでは、「熱中時代」なんか懐かしいなと思う年齢です!
  1. 2005/07/08(金) 00:22:10 |
  2. URL |
  3. ハム蔵 #5kW3S8m2
  4. [ 編集]

こちらこそ

ハム蔵さん、はじめまして! 確かに”奇想天外”なのはいいけど、でもやはり”熱中時代”や”金八先生”が懐かしく思えるのも確か。

だけど、”現実”的に見れば、それこそ”熱中時代”や”金八先生”なんてまるで”絵に描いた餅”でしかない訳で、この「女王の教室」は、むしろそれらを”逆手”に取ったものと言えるでしょう。

今後、どういった”展開”が見られるのか期待したいですね。
  1. 2005/07/08(金) 21:30:32 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

昨日二話を見ましたが・・・

天海祐希扮する”鬼教師”阿久津真矢の”横暴”は更にエスカレート。たまたま音が鳴ってしまった女生徒が持っていた”たまごっち”を取り上げるなどして、生徒たちの”不満”が爆発! 即刻、親たちに言いつけ”抗議”をしてもらうつもりだったのが、親の”心”も見抜いていた真矢はいとも簡単にその親たちを”手玉”にとってしまう。生徒たちはますます”窮地”に立たされ、「生徒が先生に逆らうなんてあってはならない事なんです。」と釘を刺すし始末。

しかし、「ちょっと待った!」と言いたい! その後、体育館で行われた”防犯訓練”に業を煮やした真矢は校長達に逆らって「皆さん、教室に戻りましょう。」と言った自分は何なんだ!?と思いました。生徒が先生に逆らっちゃいけないのなら、一教師が校長に逆らうなど”言語道断”の話! この校長も「売り言葉に買い言葉」で、「私に逆らうのなら地方の学校に転任させますよ。」というよな”強気”な発言をしてもいいのに・・・。しかしながら、この”校長”がいかんせん気が弱く、しかもその校長に扮しているのが何故か”頑固親父役”が板についてきたはずの泉谷さん(汗) 彼がこんな”気弱”な役をやるのも珍しいですね(笑)

まぁ、おそらくこうした”背景”の裏には何らかの”秘密”があることは確か。今後どういった”展開”になっていくのか楽しみです。
  1. 2005/07/10(日) 08:55:27 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

強くあれ

 主体性の確立がテーマと見た。

 社会とは、モノも言わずに人々を縛りつけ抑圧してくるシステム。しかし、その恩恵に預かっているというのも真実。

 ならば、その大海原で起こりうる全てのことをサンプリングしてクラスのシステムを作り、子供の頃から体感させ、自分達が自分達の考えで動けるようにさせるのがこの先生の意図、また、それを訴えかけるのがこのドラマの製作意図だと見ます。

 男の子を弁護してクラス委員に任命された女の子みたいな、自分の考えを持ち、周囲を納得させられる人間を育てて行くドラマなのでは??
 
 と、勝手に良いほうに解釈してみました。

  1. 2005/07/11(月) 06:41:43 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

私はこのドラマのテーマを「モラル・ハラスメント」と読みました。権力を盾に取り精神的にいじめ抜くというこわいお話だと思います。
  1. 2005/07/11(月) 20:35:34 |
  2. URL |
  3. こども #-
  4. [ 編集]

このドラマのテーマ

これは、やはり単なる”モラルハラスメント”による”生徒いじめ”で終わってしまうドラマではないと思います。大体、そんなドラマそのままやってしまったら、それこそ”抗議の嵐”ですよ! 何か隠された”テーマ”がどこかに潜んでいるのだと思います。

だから、あえて”権力”を傘に来て”出来の悪い生徒”や”逆らう生徒”を”体罰”によって縛りつけ、それによって反対に生徒たちの”反抗心”を煽りたて、最終的に”自己主張”のできる生徒にするのが真矢の本当の”目的”なのかもしれません。まぁ、”続き”を見ないと何ともいえないんで”憶測”はここまでとしましょう(笑) 

いずれにしても、「Mの悲劇」のような”展開”を期待します!
  1. 2005/07/13(水) 23:14:30 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/54-28b5dbc4

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。