コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本日の全日本両国大会

【2008 プロレスLOVE in 両国 Vol.5】
〈日時〉8月31日
〈会場〉両国国技館
〈観衆〉10,200人

(三冠ヘビー級選手権)
○諏訪魔(王者)(60分00秒 時間切れ引き分け)ケア(挑戦者)●
※諏訪魔が2度目の防衛に成功!

(IWGPヘビー級選手権)
○武藤(王者)(21分13秒 ムーサルトプレス)後藤(洋)(挑戦者)●
※武藤が2度目の防衛に成功!

(スペシャルタッグマッチ)
○小島、天山(14分26秒 ラリアット)●TARU、真壁

(世界Jrヘビー級選手権)
○土方(14分04秒 足取り腕ひしぎ逆十字固め)KAI●

・・・etc

うむむ・・・ホームのベルトである”三冠ヘビー”より、アウェイのベルトである”IWGP”の方がどう考えても”格上”という感じがしちゃいますね(汗) それに、”世界Jr”のベルトがいつからこんなに”貧相?”になってしまったんだ? ”王者”の土方も地味だけど、”挑戦者”のKAIって誰だ?

やはり、後藤じゃまだまだ武藤の”壁”は越えられないか(無念) 先だっての”G1決勝戦”を先週見ましたけど、確かに”魂”は感じるんだけど”きめ細かさ”に欠けるんですよね。正直この部分が最大の”不安要素”だったのですが、やはり敗因は”キャリア”と”きめ細かさ”ではないでしょうか。今の全日は上記の内容からしても新日よりは遥に”格下”だとは思うのですが、武藤だけは”別格”という事なんでしょうね。やはり、武藤も現在の”日本プロレス界”における”カリスマ”の1人である事は事実ですからね。

対して、”三冠ヘビー”の方はどうなのでしょうか? すっかり、”TV放送”を見ないんで今の全日の状況がよく読めないのですが、諏訪魔のレベルと後藤のレベルはさほど変わらないと思います。となると、やっぱり武藤の”格”が遥に高すぎるのでしょうね(悲) 武藤は後藤のみならず、諏訪魔にとってもまだまだ”越えられない壁”なんだと思います。やはり、いつの時代においてもそう簡単に”カリスマ”を超えるのは”至難の業”なんでしょうね(悲)

再び合体した”テンコジ”VS真壁&TARUの”GBH・BDM連合軍”は是非とも”TV中継”で見たいですよね。「ワープロ」の方でやらないかな? 今大会では、この試合が一番盛り上がったように個人的には思いますね。あくまでも”想像”ですが(笑)

さて、”世界Jrヘビー級選手権”ですが、正直何をコメントしていいのやらよくわかりません(苦笑) でも、実際見たら面白いのかもしれませんが。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 21:27:59|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<今年のセミ | ホーム | 感動と波乱の熊本への旅(その3)>>

コメント

諏訪魔

 私は…やはり実際にまだ見ていないのですが…諏訪魔の力量は相当なものだと思っています。持って生まれた天性の力という部分で。  
 週刊誌の技の写真とか、表情を見ていてもビンビン伝わってくるんですよ。

 これは「魅せ方」にこだわりを持ってプロレスをしている棚橋や後藤とは別の魅力ですね。多分、諏訪魔は中邑と噛み合うと思います。
 この二人が対戦すれば、世代を超える試合をやると思います。

 対して、後藤はやはり大味感はいなめないというところに同感です。今は勢いがあるのでトップ戦線に食い込めていますが、実力的には同世代のヘビー級ファイターより一枚落ちるような気がします。
 高山あたりに潰されてみるのも良いかもしれません。その先の後藤を見て見たい。

 彼らと同世代の森嶋が健介に敗れてGHC王座から陥落しました。森嶋も同世代のヘビー級のライバルが欲しい所だと思いますが、彼はきっとWWEに本格参戦していくのだろうと思います。
 和製モンスターとしてもっと弾けた後、諏訪魔や中邑、棚橋あたりと戦ってみるのも面白いかもしれませんよね。

 そう考えると、若い世代のヘビー級レスラーって充実して来ましたよね。

 あ、土方とKAI…は私も知りませんが、丸藤が挑戦するらしいですよ。世界ジュニアに。
  1. 2008/09/08(月) 17:57:38 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

身体的資質と経験値

諏訪魔と中邑は”アマレスエリート”として体格的にも身体機能的にも恵まれていると思います。しかし、逆に言えば”プロレス”という視点においてはそれらに頼りすぎている嫌いもあると思うんですよ。その点、真壁、棚橋、後藤は体格的にもそれほど恵まれていた訳ではなかったため、努力して体を大きくして、”戦い方”もより”プロレス的”な色合いを魅せていると思います。それから、森嶋に到っては、決して”エリート”ではありませんが”体格面”では同世代の誰にも増して恵まれていますよね。でも、それによって苦しんだ部分も多々あると思います。

今の日本プロレス界における”若手世代ヘビー級選手”は確かに充実していると思います。にもかかわらず、何故未だに”レジェンド達”を超えられないのか? やはり、プロレスは他のスポーツと違って”経験値”というものがかなり重要なのでしょうね。中邑が何故武藤にベルトを奪われたのか? 後藤が何故武藤からベルトを取り返せないのか? それから、森嶋が何故健介にベルトを奪われたのか? 試合を見ればやはり”一目瞭然”なんですよね。一方は”頭”で意識しなければ体が動かないのに対して、もう一方は”頭”で意識しなくても”体”が勝手に動いている。”肉体的”、”年齢的”にも衰えているのに、体が勝手に動く! そして、気が付いたら”勝利”していた!! これこそ”キャリア”がなせる業なんだと思います。でも、ただ単に”キャリア”を積めばいい訳ではなくて、それ以前に”多大な努力”とそれによって得られた数々の”実績”があっての事である事は確かですがね。

諏訪魔が現時点では”若手世代”で唯一残っている”メジャー王者”ですが、もし高山辺りが”挑戦状”を叩きつけてきたらどうでしょうか? これで、今度高山が”三冠ヘビー級王者”になったら、これはこれで”日本プロレス界”にとってはオイシイと思いますけどね(笑)

それと、丸藤の”世界Jr挑戦”ですか・・・。そんなに金丸と戦うのがイヤなのか?
  1. 2008/09/14(日) 10:42:16 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/527-1f4eec3c

スーパーpsy野神

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。