コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「G1 CLIMAX 2008」後藤洋央紀初優勝!!

ただいま戻って参りました! 本来なら昨日戻るはずだったのが・・・久留米~福岡間で”集中豪雨”のため鹿児島本線がストップしたため、結局新幹線の時刻に間に合わないばかりか、その”最終列車”にも間に合わなかったために博多でもう一泊するハメになってしまいました(泣)(詳しくは後ほど書きたいと思います。)

で、まず、どうも最近忙しさと飲みに行く回数が多くなったせいでブログを各機械がめっきりと減ってしまい、更に今年の夏の”異常な暑さ”のためにますます”書く気”が失われてしまったため(今回の旅行での”アクシデント”も重なったため)、”プロレス”にかんするカテゴリーを一つにまとめる事にしました。そして、これまでは「プロレス情報」として”ニュース”的なものや”試合過程”も細かく書いていましたが、今後はそれらを大きくまとめて書きたいと思います(”リーグ戦”等に関しては”決勝戦”が終った後にまとめて書く事にします)。

てな訳で、本日行われた「G1 CLIMAX 2008 決勝戦」ですが、”Aブロック1位”の真壁と”Bブロック1位”の後藤がを”決勝戦進出”となり、”昇天”により後藤洋央紀が”初出場”にして見事に”初優勝”を果たしました!

これまでは、両ブロックの”1位”と”2位”によって”決勝トーナメント”を行う、という形式だったのが、今年からはそれぞれのブロックの”1位”同士による”決勝戦”となりました。まず、”Bブロック”の方では永田を下した後藤が”勝ち点8点”により”決勝戦進出”が決定し、”Aブロック”の方では真壁が小島を下して”勝ち点8点”で”決勝戦進出”となりました。(ちなみに、真壁は棚橋、井上、バーナード、小島に勝利、中西、大谷に敗退、後藤は天山、中邑、永田、矢野に勝利、川田、吉江に敗退)

今大会では「第三世代が鍵!」と言われていたようですが、これが見事に裏切られた、というかある意味”鍵”は第三世代だったのかもしれません。要するに、真壁も後藤も”第三世代”ひいては”棚橋・中邑”を”反面教師”として”ハングリー精神”剥き出しに”どん底”から這い上がってきた者同士なんですよね。実は、これこそ従来の”新日ストロングスタイル”ではないでしょうか? ”第三世代”にしても”棚橋&中邑”にしてもその多くは会社から”エリート扱い”されてきた選手ばかり。それが故に、今ひとつ「ここぞ!」という時に”踏ん張り”が弱いんですよね。特に永田、中西、中邑といった”アマレスエリート”は、正直”猪木流ストロングスタイル”には向かないのではないでしょうか。長州が這い上がる事ができたのは、決して”アマレスエリート”だったからではなくて、むしろそれによって”挫折”を味わい、更に”ライバル”藤波に対する深い”嫉妬心”によって這い上がる事が出来たんだと思います。しかし、長州の”後輩”に当たる谷津嘉章は結局”2番手止まり”でしたからね(汗) 真壁も後藤も長州と同じような”挫折”と”嫉妬心”によって這い上がってきた選手ですからね。

永田は”病み上がり”のせいかまだ”本調子”ではないようですし、中西は”IWGPベルト”に挑戦するまでは”絶好調”だったのに、それに失敗するや否や”元”に戻ってしまうし(しかも、”Jr上がり”の井上にまで負けてしまうし(汗))、天山は飯塚とやり合っているという以外は到って”中途半端”だし、小島は”絶好調”のようですがもはや”外様”の人間だし、大谷も吉江ももはや”外様”ですからね。そして、”新世代”では棚橋もまた”病み上がり”のせいか”本調子”ではなさそうだし、中邑も結局”同世代”の矢野や後藤に敗れてしまってますからね。しかし、今年の”G1”はこれでよかったのだと思います。このような”混沌”とした中から天山だの棚橋だのが勝ちあがってこられても”説得力”ありませんからね(笑)

そういった意味で、本当にこれまで何度も”屈辱”を味わい、会社から優遇される”ライバル達”を横目で見ながら指を加えてみているしか出来なかった真壁と後藤がこうして新日最大の”晴れの舞台”である「G1 CLIMAX」の”決勝戦”の舞台に上がる事が出来た訳ですからね。しかも、ここで”優勝”したのが真壁ではなく後藤、というのがいいですね。彼は勿論”初出場”というのもありますが、真壁だと何かと”外野”が小うるさいため、そういった力を一切借りない後藤がそれらを振り切って優勝した、というのが素晴らしいです! やはり、新日本プロレスの”未来”は後藤洋央紀に掛かっているのか!? となれば、次回の武藤との”IWGPヘビー級選手権”には是非とも勝利してバルトを”新日マット”に取り戻して欲しいです!!

【「G1 CLIMAX 2008」出場選手の成績】
〈Aブロック〉
1位:真壁刀義(8点)(棚橋○、井上○、バーナード○、小島○、中西●、大谷●) ※準優勝
2位:小島聡(7点)(棚橋○、中西○、井上○、大谷△、バーナード●、真壁●)
2位:大谷晋二郎(7点)(中西○、井上○、真壁○、小島△、棚橋●、バーナード●)
3位:中西学(6点)(棚橋○、バーナード○、真壁○、井上●、小島●、大谷●)
3位:ジャイアント・バーナード(6位)(棚橋○、小島○、大谷○、中西●、井上●、真壁●)
4位:棚橋弘至(4点)(井上○、大谷○、中西●、バーナード●、真壁●、小島●)
4位:井上亘(4点)(中西○、バーナード○、棚橋●、真壁●、小島●、大谷●)

〈Bブロック〉
1位:後藤洋央紀(8点)(天山○、永田○、中邑○、矢野○、川田●、吉江●) ※優勝
2位:中邑真輔(8点)(天山○、永田○、川田○、吉江○、後藤●、矢野●)
3位:川田利明(7点)(永田○、後藤○、矢野○、吉江△、天山●、中邑●)
3位:吉江豊(7点)(天山○、後藤○、矢野○、川田○、永田●、中邑●)
4位:永田裕志(6点)(天山○、矢野○、吉江○、中邑●、後藤●、川田●)
5位:矢野通(4点)(天山○、中邑○、永田●、後藤●、川田●、吉江●)
6位:天山広吉(2点)(川田○、永田●、中邑●、後藤●、川田●、吉江●)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2008/08/17(日) 19:31:56|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1
<<感動と波乱の熊本への旅(その1) | ホーム | 明日より熊本へ行ってきます。>>

コメント

おはようございます!コメント&TBありがとうございます!やはりG1はサプライズがおきますね!後藤の嫉妬心が、いわゆるエリート達を切食ったのかもしれませんね。
 武藤戦がんばって欲しいですね!敵は偉大ですが勢いもあるのでベルト奪取に期待したいです!
  1. 2008/08/20(水) 07:24:36 |
  2. URL |
  3. H.T #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/523-341f75f5

栄冠は誰に!「G1クライマックス2008最終戦」試合結果です。【追記あり】

 真夏の祭典「G1クライマックス2008」最終戦 両国大会試合結果です。優勝者は意外な人物になりました!リングサイドで観戦していたIWGP王者武...
  1. 2008/08/20(水) 07:19:26 |
  2. 日刊H.T

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。