コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新日系レスラー最後の大物-武藤敬司の強さの秘訣は?-

今年4月27日、大阪府立体育館において中邑真輔を破り”IWGPヘビー級王座”を奪取し、今月21日に札幌・月寒アルファコードドームにおいて中西学を破って”初防衛”を果たした武藤敬司。1962年12月23日、山梨県富士吉田市にて生を受け、現在45歳の武藤は何故今もそれほど強いのだろうか・・・?

現在、”日本プロレス界”において事実上”頂点”にいる団体はNOAHである、と巷では言われていますよね。その”理由”は、”団体社長”である三沢光晴をはじめ、小橋健太、秋山準、一応”フリー”である高山善廣等揺ぎ無い”主力ベテラン選手”が未だに君臨しており、”Jrヘビー”である丸藤正道やKENTAが堂々と”ヘビー級レスラー”と互角に戦っているほど、”強さ”において現時点ではもっとも”説得力”を感じる団体だからです。更に、彼らと同じく”旧全日本プロレス”出身の天龍が50代半ばにして”トップ戦線”で堂々と戦っていたし、川田もまだまだ”トップ戦線”で戦っています。それに対して、”新日系”の選手が現在どれだけ残っているでしょうか? 藤波も長州ももはや”セミリタイヤ”同然だし、蝶野ももはや”トップ戦線”から退いている感じです。”闘魂三銃士”の事実上の”筆頭格”だった橋本真也は、3年前の2005年7月11日、”脳幹出血”によって惜しくも他界しています。一応、武藤が”トップ戦線”に残ってはいるものの、正直彼も”両膝”、”首”等に爆弾を抱えている状態で決して身体的に”万全”ではないんです。つまり、何だかんだ言っても最後に生き残っているのは殆ど”全日系”の選手であって、それ故、最近では「全日系の選手の方が本当は強かったんだ!」みたいな印象が強まっているのは間違いないでしょう。にも関わらず、それでも武藤がこうして”トップ戦線”にい続けられるのは何故なのだろうか? 

ここで、かつての”新日本プロレス”と”全日本プロレス”の決定的な”違い”は何だったのかを説明します。かつての新日はアントニオ猪木を中心とした”スピード”、”テクニック”、”柔軟性”、そして”ハングリー精神”に重点を置いた”ストロングスタイル”を掲げ、それ故多くの選手は極力”ウェート”を抑えるようにして、”受け”より”攻め”を重視したスタイルを築き上げるためにかなり”激しい練習”が必要となり、それが後々の選手の肉体への”ダメージ”に繋がっていった事は間違いないでしょう。それに対して、かつての全日はむしろ”体格”、”パワー”、”インサイドワーク”、そして”受け身”に重点を置いた”従来のプロレススタイル(王道スタイル、アメリカンスタイル)”にこだわり続けたため、新日のような”格闘技寄り”の試合は望めなかったものの、プロレス本来の”重量感”、”迫力”そして”奥深さ”を観客に提供し続けたのは確かでしょう。それが、多くの選手を”長持ち”させられる理由と言えると思います。

となると、相対的に見ると”全日系>新日系”という図式が浮かんできがちですが、果たしてそれが本当に正しいのだろうか? 40代の頃の馬場と猪木を比較して下さい。馬場が事実上”セミリタイヤ”だったのに対して、猪木はまだ”トップ”に君臨し続けていました。何故猪木はその歳まで”最前線”で戦い続ける事ができたのだろうか? それはつまり”ハングリー精神”に以外の何物でもないと僕は思うんですよ。”年齢”を重ねようと、”肉体”がボロボロになろうと、最終的には”精神力”に委ねられる。武藤が未だに”トップ”を張れるのは、その”ハングリー精神”にあるのだと思います。もっとも、彼にはそれ以前に”天才的資質”が兼ね備わっているのも理由でしょうけどね。そして、実は彼はあまり表には出さないが、”シュート技術”にも長けている、という事! これはかつて”異種格闘技戦”においても証明していますし、前回の中邑戦や今回の中西戦においてもそうした一面が垣間見られたと思います。武藤は”元柔道選手”ですから”寝技/関節技技術”には定評があるんですよね。

現在は”全日本プロレス”に籍を置き、かつてアントニオ猪木が築き上げた”ストロングスタイル”とはやや距離があるように感じられる武藤ですが、その”裏”ではちゃんと”ストロングスタイル”を継承しているんですよね。だからこそ、彼は”年齢”を重ねようと、”肉体”がボロボロになろうと、未だに”トップ戦線”で戦い続ける事が出来るのではないでしょうか。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2008/07/27(日) 13:19:14|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<「G1 CLIMAX 2008」開幕 | ホーム | 新日本、7.21、札幌・月寒大会結果>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/517-c892df36

嗚呼、大☆中西。

 ロープに向かって相手の背中をドンッとおっつけて、ロープに腹を打った相手がバウンドで戻ってきた所をキャッチしてジャーマンスープレッ...
  1. 2008/08/18(月) 06:36:43 |
  2. フクフク丸のあずましいblog

スーパーpsy野神

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。