コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

笑いのシュート② -笑いの技術-

”シュート”という言葉は本来は”プロレス/格闘技用語”で、いわば”本気の戦い(特に”技術”を要したもの)”を意味するのですが、これを”お笑い”という世界に置き換えれば、アドリブでも対応できる”笑い”、という事になるでしょう。例えるならば、通常の”バラエティ番組(トーク番組等)”でとっさに”ギャグ”を思いついてそれで”笑い”を取る事とか、”落語”でいう”大喜利”等がそうですが、現在このような事がまともに出来る芸人って果たしてどれだけいるだろうか・・・? 少なくとも、今の”一発ギャグ”をメインとした芸人や、”コント系”の芸人には難しいと思います。

ドリフ、欽ちゃん、たけし、さんま等は”日本笑い界の巨匠”として”別格扱い”されていますが、どうもそれより”一世代”若いとんねるず、ダウンタウン、そして爆笑問題に対して評価が辛い人が多いように思われます。その”最大の理由”は、今の”バラエティ番組”の”あり方”以外に考えられないと思います。どうも、今の”バラエティ番組”の多くは扱いやすくて”毒気”の少ない”若手芸人”を起用して、”放送作家/構成作家”主導の”企画性”の高い番組を作って”視聴率最優先”を図っているのが見え見え。そして、多くの人はその”番組内容”に騙されているだけで、そこに出演している”芸人”本来の”笑い”そのものを面白いと思って見ている訳ではないと思うんです。その点、とんねるず、ダウンタウン、爆笑問題は次第にそういった”流れ”に飲み込まれながらもその中で必死に”自我”を打ち出して”自分の笑い”をちゃんと作っているんです。にもかかわらず、”高年齢層”からは上記の”巨匠達”と比較されて「まだまだだ!」と駄目だしを喰らい、一方では”若い世代”からはその”毒の強さ”をウザがられてしまって、結局損している感じがしてならないんです。

じゃぁ、ウッチャンナンチャン、ナインティナイン、ロンブー辺りが”アドリブのボケ”で笑いを取る事って本当に出来るのだろうか? また、今の”若手芸人”だって自分のネタをやる時以外で素で笑いを取れる芸人なんて殆どいないと思います。つまり、これらの芸人が、とんねるず、ダウンタウン、爆笑問題に”ガチ”で敵うとは正直思えないんですよ! それだけ、実は彼らは”笑いのシュート技術”をちゃんと身に付けている芸人だと僕は考えているんです。もっとも、今の”若手芸人”の多くはそれらを超えた”大技(一発ギャグ)”を持っているのは確かだと思いますが、やはり”大技”ばかりを連発すれば”プロレス”同様”大味”になってしまっていつしかどこかへ消えてしまいます。いざという時の”小技技術”もちゃんと兼ね備えていなければ、”芸能界”で生きていくのは厳しいでしょうね。

そういった意味で、もはや”一介の司会者”になりつつあるとんねるず、ダウンタウン、爆笑問題がここまで残っていられるのも、彼らにはイザという時の”シュート技術”が備わっているからだと思います。別に”企画性の高い番組内容”や”強烈な一発ギャグ”が無くても、”普通の会話”の中からとっさに”笑い”を取れればそれでいいと思います。でも、それを「面白い!」と感じ取れる人が次第に少なくなっているのもまた現実なんですよね(悲)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2008/07/06(日) 13:24:58|
  2. 芸能|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<中西、”IWGPヘビー級タイトル”挑戦決定! | ホーム | 笑いのシュート① -社会風刺と毒性->>

コメント

おじゃまいたします。興味深く読ませていただいております。ひとつ伺いたいのいは筆者様は年配者でしょうか?
それゆえに上の世代が評価されてる、と思いたい心理があるように感じとれました。
私は30代ですが、私の感覚では、とんねるず、ダウンタウンは十分評価されてると感じますよ。彼らこそ別格です。爆笑問題はこの2組と一緒にするのは無理じゃないでしょうか?実力は認めますが、実績と言う点で全く及ばないのではないでしょうか?とねるるず、ダウンタウンは一時代を作るほどの勢いをもった時期がありました。爆笑問題は、ここ5年ほどの間に、ようやくテレビのゴールデンタイムに出てき印象で、むしろこれから油がのっていく印象です。
また、たけし、さんま、タモリが評価されているのはわかりますが、萩本氏が評価されているとは思えません。萩本氏の実績はわかりますが、今、十分、評価されていますでしょうか?私は、あの方は今は全く輝きを失ったように思えます。
  1. 2008/07/06(日) 17:49:50 |
  2. URL |
  3. ロック #JalddpaA
  4. [ 編集]

ロックさん、はじめまして!

確かに、爆笑問題の”実績”はというと正直”微妙”ではありますね。しかし、とんねるず、ダウンタウンが”一時代”を作った時期と違って、今では”お笑い”の方向性も変わってしまって、その”軌道”に乗り切れないままもがいている状態だと思います。しかし、僕は”実力的”にはとんねるず、ダウンタウンよりは”上”だと思っていますんで。

それからタモリを忘れていました(汗) 欽ちゃんに関しては、現時点では”過去の人”ですけど、その”過去の偉人”としては当然ながら高い評価を受けていますから、それ故”別格”と表記いたしました。それこそ、欽ちゃんこそたけし、さんま、タモリ以上に”一時代”を築いた”日本お笑い界の大巨匠”である事は否定しようのない事実ですから。

で、僕は”30代後半”ですが、僕の”父(60代半ば)”は、ドリフ、欽ちゃん、タモリ、たけし、さんまらの”巨匠達”を評価している傍ら、とんねるず、ダウンタウン、爆笑問題を”過小評価”し、しかしながら何故かナイナイやロンブー辺りは嫌いではない、という部分が物凄く解せないと感じているんです! 結局は、”レジェンド”と”売れ線”にすがり付いているだけでしかないように思えます。
  1. 2008/07/06(日) 19:40:30 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/512-ece0fbb8

スーパーpsy野神

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。