コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Murder In The A.K.B  -秋葉原通り魔事件-

どうも”タイムリー”に書き込みが出来ない今日この頃です(泣) 

先週の日曜日、つまり6月8日、”オタク文化の街”として世界的にも一気に脚光を浴びる事になった秋葉原に”戦慄”が走りました。突然トラックへ乗った男が秋葉原の”歩行者天国”へトラックごと突っ込み、何人か引くと、その後トラックから出てきた男は今度はナイフを手にして近くにいた人を次々とナイフで刺す、という事件が起こりました。”被害者”は計17名。内”死者”はなんと7名もでてしまった、という”大惨事”ヶ起こってしまいました(恐)

”犯人”は、”元派遣社員”の加藤智大(ともひろ)容疑者(25)。”犯行動機”はここ最近の似たような”猟奇殺人事件”とは違って”会社への不満と今後の不安”から起こしたようです(呆) だからって何で罪もない人々を多く犠牲にするんだって! ”仕事”に対する”不満”と”不安”、それから”社会”に対する”不満”と”不安”、これは人間誰しも抱えている事です。それでも、どうしても人を殺さなければ気がすまないのなら、今”ターゲット”にすべきはどう考えても”秋葉原”じゃなくて”永田町”だろって! 世の中いくらおかしくなっても、実際に世の中をおかしくしている”永田町の官僚”達はいつまでものうのうと暮らしていて、こういう場合でも”犠牲”になるのが”一般人”というのが正直癪に障りますな。というか、そうなるとこのような”惨殺事件”を裏で糸を引いているのはもしかすると”エリート官僚”達じゃないか?って疑いたくもなりますわ!

前回の”茨城連続殺人事件”や”岡山ホーム転落殺人事件”に引き続いての今回の事件。今の日本の警察の”対応の悪さ”は呆れるばかりですね(汗) だからこそ、いっその事”射殺”するか、もしくは”麻酔銃”を使えばいいんですよ。こんな連中はもはや”猛獣”と一緒です! ”人権”云々を考えていたらますます”被害者”を増やすだけです! ”被害者”にだってその”遺族”だって”人権”はあるんです! だったら”罪”を犯す人間の”人権”なんか軽く見たってもはや仕方ないのと違いますかね? しかし、”上記”で書いたようにこれがもし”秋葉原”じゃなくて”永田町”だったら警察は物凄く素早い対応を見せるのでしょうね(汗) しかも、やむを得ない場合は”射殺”もありうるでしょうね(悔) ”民”と”官”でこうも扱いが違うとはますますもって腹立たしいですなぁ(怒)

いずれにしても、あれだけの”事件”が2回続いた上に”3度目”も起こってしまったのですから、警察いや政府は本当にこのような事件が起こらないように”本腰”を入れて徹底的に”対策”を練る必要があると思います。というか、単純に今の日本の警察の”徹底的強化”からはじめる必要はあると思います。”射撃訓練”なんかも徹底的に行って、いざという時の”射殺”にも対応できるようにする必要はあると思います。あとは、あまり賛同出来ないですが、国が”個人情報”を徹底的に管理して、その中で”無職者”に対する就職先の提供や”貧困者”に対する経済的配慮を徹底させる必要があると思います。更に、そこで”金”がどうしても掛かるのであれば”消費税”から取るのではなくてその”用途”を明確にしたしかるべき”税金”として徴収して、そこで使用した額を常に国民に公表するのであれば、皆納得して支払うと思うのですがね。

ちなみに”タイトル”は、IRON MAIDENの2ndアルバム「Killers」に収録されている「Murders In The Rue Morgue -モルグ街の殺人-」をもじった物です(笑)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2008/06/15(日) 10:30:41|
  2. 社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<今月のプロレスニュース(平成20年6月)その1 | ホーム | 2008年お勧め新譜(メタル編)① M.S.G・SCHENKER-BARDEN「In The Midst Beuty」>>

コメント

■秋葉原通り魔殺人事件の犯人から学べること-その時々で自分の身の丈を知る努力をせよ!

こんにちは。秋葉原の事件がおきてから丁度1週間になると思います。その間に、いろいろとあの事件や犯人像に関して報道されています。私も、前に2度ほどこの件に関してブログに掲載しています。しかし、方法論のようなものばかり掲載していていました。しかし、具体的にどうすれば良いのかという私の意見は掲載していませんでした。本日は、私の思うその中身を私の言葉ではっきりさせたと思います。そうでなければ、秋葉原の件を掲載した、責任を果たしたとはいえない気がしていました。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
  1. 2008/06/15(日) 14:09:51 |
  2. URL |
  3. yutakarlson #.BcbyNME
  4. [ 編集]

yutakarlsonさん、ようこそ!

確かに、”方法論”だけではなく、まずは”身の丈”を知る必要はありますね。僕も、大分前にこのブログでもいろいろ書いていますが、”フリーター時代”にその”身の丈”という事に思い知らされた事があります。

当初は”資格”か何かを取って強引に”就職”にありつけようと試みたのですが学校などに通うには金はかかるし、それ以前に”フリーター”では収入も限られます。更に、そこへ友人やら家族やらの”しがらみ”が絡んできて結局何も出来ずに業を煮やした事がありました。その時に初めて”身の丈”というものを思い知らされたんです。いくら自分がどのような状況に置かれ、そこから一気に這い上がろうとしたって、本当にそこから簡単に這い上がるにはそれだけの”才能”や”リスク”必要になる訳ですから、その”才能”もなく”多大なリスク”を背負う余裕も無いなら、焦らずゆっくり”機”を照らすしか方法はありませんでした。結果、それが功を奏して現在はちゃんと”正社員”としてそれなりの収入を貰って頑張っている次第です。

いくら”才能”があったとしても、”慢心”してしまえば周りが見えなくなって気が付いたら地に落ちてしまうものです。織田信長は何故”全国”を統一する直前で本能寺で殺されたのでしょうか? 豊臣秀吉が死んだ後、何故家臣が2つに割れ、そして豊臣家が滅亡したのでしょうか? そして、何故徳川家康は”江戸幕府260年”の礎を築く事が出来たのでしょうか? これもやはり”身の丈”というものが大いに関係しているからだと思います。

ただ、今回の”秋葉原事件”は”身の丈”を知れば何とか防げるのかもしれませんが、それ以前の”茨城事件”や”岡山事件”の場合は”身の丈”以前に単に自分をコントロール出来ずに起きてしまった事件ですから、やはり政府及び警察も今後何らかの”対策”は立てて貰わないと困ると思います。
  1. 2008/06/15(日) 16:20:09 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

まったくおっしゃる通りだと思います。
警察はどうも加害者の人権を尊重しているようにしか見えません。
人を何人も殺しておいて、長い時間かけて裁判されて、
死刑執行まで長い時間生きているのが憎らしいです。
その間は税金が投入されているわけですし。
射殺、あるいは麻酔銃はやむを得ないです。
犯罪を犯した者には容赦ない姿勢で臨まないと、
今後も訳の分からない奴らが事件を起こすことはなくならないでしょう。
  1. 2008/06/15(日) 18:54:54 |
  2. URL |
  3. エディ #KaxEhQFw
  4. [ 編集]

世界一犯罪者に優しい国

 日本は世界一犯罪者に優しい国らしいです。
 アメリカ人や中国人が日本国内で犯罪を犯した場合、本国の機関に拘束される前に日本の警察に出頭するらしいです。犯罪者が安穏と暮らせる状況だと知っているから。
 
 アキバの惨事については、言葉もありません。ただ、日本の人権に対する考え方や刑罰システムへの疑問は常に持ち続けています。
  1. 2008/06/16(月) 18:33:59 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

犯罪者に対する国家の姿勢

エディさん、はじめまして!

日本が”犯罪者”に優しくなってしまったのも、もとをただせば”第二次世界大戦”後、”GHQ”に占領され、”軍”が解体され、そして”日本国憲法”が制定される過程で意図的に”骨抜き”にされたからに他ならなく、更に”過激派”や”日本赤軍”といった”共産勢力”もソ連をはじめとする”社会主義国”の多くが”民主化”してしまった事によって一気に衰退してしまったため、本当の意味で日本の”国力”は弱体化してしまったのだと思います。

もはや警察も教師も医者もろくな連中がいなくなり、”政府”は未だに自民党の”一党独裁”。自民党の幹部や官僚がどんな”悪さ”をしようともこの”体制”は全く変わる事なく未だに続いていますよね。この国は全体的に緩くなってしまい、もはや誰もその”舵取り”を出来なくなってしまっているのでしょう。

もはや、この国に織田信長も、松平定信も、そして井伊直弼も現れる事は無いでしょう。で、実はその事を一番喜んでいるのは日本を”骨抜き”にした張本人である”アメリカ”以外に考えられないと思います。連中は現在他にも日本の”ガソリン”を初めとする多くの物資の”物価高騰”の要因を作っています。もっと言ってしまえば、昨今の若者による”猟奇殺人事件”を裏で糸を引いてるのもアメリカなんじゃないかとさえ思います。

いずれにしても、今の日本は事実上アメリカの”属国”である事は間違いありませんので、もはや日本の”国力”がこれ以上強くなるとは思えません。いえ、むしろ弱まる一方だと思います。となると、恐ろしいのは今後アメリカが”軍”だけでなく日本の”警察”をも乗っ取る可能性が出来た、という事です(悲) そうなったら、それこそ本当の意味で日本はアメリカの”植民地”と化す事は間違いないでしょう。でも、それだけは絶対に困りますね!
  1. 2008/06/16(月) 22:41:11 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/506-f43206a9

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。