コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新日本、4.27、大阪大会結果

【Circuit 2008 NEW JAPAN BRAVE 最終戦】
〈日時〉4月27日
〈会場〉大阪府立体育館
〈観衆〉6,000人

(IWGPヘビー級選手権)
○武藤(挑戦者)(22分34秒 ムーンサルトプレス→体固め)中邑(王者)●
※武藤が第49代IWGP王者となる!

(IWGPタッグ級選手権)
○真壁、矢野(王者組)(15分14秒 トップロープからのキングコングニードロップ→片エビ固め)●天山、飯塚
※真壁&矢野組が初防衛に成功!

(IWGPJrヘビー級選手権)
○井上(19分28秒 オラシオンフレイム→片エビ固め)ダニエルズ●
※井上が3度目の防衛に成功!

ちょっとバタバタしていてうっかり書くの忘れていました(汗) 

中邑は、ここで負けてどうすんだ! 相手はいくら”キャリア”があるとはいえ、肉体的には”ボロボロ”の老人なのに、武藤の”術中”にはまっている場合ではないだろ! 中邑は、もはや新日を背負って立つ”エース”として、何が何でも勝たなきゃ駄目な存在という事を忘れているのか!

確かに、中邑はまだ”プロレス的インサイドワーク”に乏しいと思います。されど、そういった”ファイトスタイル”を完成させるのは”ライバル”棚橋に任せておいて、中邑はむしろ相手の”インサイドワーク”を壊して自分のペースを掴む”ファイトスタイル”を築き上げるべきなんです! それが、本来の”猪木流ストロングスタイル”であり、前回のカート・アングル戦で見せたのはまさにこういった”戦い方”だったはず! いくら、武藤がかつての新日の”看板選手”だったとしても、今の中邑の実力なら老いた武藤を”シュート”で翻弄する事など訳ないはずなんです。それでも、武藤の”インサイドワーク”が一枚上だった、って事なのだろうか?

”ストロングスタイル”というものは、それこそ武藤のようなつかみどころの無い”クレバー&ハイテクニックスタイル”を”シュート”で打ち砕く所から始まっているはず。”膝”に致命傷を抱えている武藤に対して、その”急所”である膝を徹底的に攻撃すれば中邑は勝てたと思うんですがね(汗) せっかく、多くのファンが掴みかけていた”信頼”をこれで一気に手放す事になるのではないでしょうか。

対して、真壁&矢野は堂々と自らの”スタイル”を確立させて、かつての”同門”だった天山を見事に打ち砕いているではないですか。彼らは自らの”ファイトスタイル”に”自信”と”信念”を持っているからこそ、常に前進し続けているのではないでしょうか。中邑にはまだこういった”信念”が足りないのでしょうね。

井上は、前回のダニエルズとの”ノンタイトルマッチ”で敗れてしまっていますが、何とか”王座防衛”に成功しました。他団体に負けないように新日ならではの”Jrスタイル”を築いていって欲しいですね。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2008/04/29(火) 19:12:36|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<仙台~松島への旅①(仙台市内編) | ホーム | NOAH、「グローバル・タッグリーグ戦’08」最終戦>>

コメント

予想外でした~2

 飯塚がGBHの間者だったとは!
 くぅ~!やるなぁ~GBH!!とことんまで天山を突き放す事によって、天山の新しい商品価値や居場所を見出して上げようとする真壁・矢野の本当の優しさにこれもまた演歌を感じます。

 武藤は・・・
 やっぱり、ノッている時はまだまだ強いンでしょうね。ヒザが悪くてもガチの極め合いでも中邑に勝っちゃうかもしれない・・・というその「かもしれない」の部分の多きさがハンパじゃないんですよね。
 自分の世界に開眼した棚橋であれば対抗し得るんですが、まだ中邑のプロレスはそこまで行ってませんよね。
 相変わらず試合の流れは相手に作ってもらって一発逆転のプロレスですから。

 棚橋とか後藤みたく受けの上手い選手とやればそれなりに見えますけど、武藤みたいに受けが上手いのに受けてやらない試合をする選手とやると、プロレスラーとしての己の技量不足を痛感して自分に疑問符がついてしまって萎縮してしまうのかも。
 キャリアと開き直りの差ですよね。

 まず、映像を見て見ないと詳細は分かりませんけれど、多分北海道では3週間後くらいになることと思われます・・・(涙
  1. 2008/05/01(木) 05:49:59 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

な、何と(驚)

ここ一ヶ月間バタバタしていたため”詳細”をちゃんと読んでいなかったのですが、あの飯塚がまさか・・・って感じですね(汗) いくら、天山のためとはいえ、飯塚が”ヒール”に走るのはどうかと思います。逆に言えば、これで天山がどう這い上がってくるか?、という事よりも”新日本体”が飯塚にどう対処するのか?、それからそれに対して飯塚がどう出るか?、という所の方が興味がありますね。こんな部分まで天山が負けてどうすんの(呆)

武藤も思えば、かつて新日本が前田ら”UWF勢”と長州ら”維新軍団→ジャパンプロレス”が”大量離脱”した頃、その穴埋めをすべく会社から好待遇を受け即”海外武者修行”が決定し、そして凱旋後”スペースローンウルフ”として売り出された時期がありました。されど、その頃運が悪く前田ら”UWF勢”、更には長州ら”ジャパン勢”が戻ってきてしまい、そこで彼の”本領”が発揮されないまま次第に居場所を失い海外へ”再修業”する事になりました。そして、同じ頃、同期の蝶野や橋本も”海外修行”が決まり、そして、”闘魂三銃士”として同時期に凱旋した事によって、そこでの”ライバル争い”が功を奏した事でようやく”新日トップ”の座に就く事が出来たんですよね。

それに対する中邑は・・・、やはり、橋本、武藤といった”看板選手”の相次ぐ”離脱”と、猪木が強行的に敷いた”格闘技路線”によってグチャグチャになった新日本を救うべくスカウトされ、そして早くも”次期エース候補”として好待遇される事になった訳ですよね。でも、そこで彼が練習してきたのは主に”総合格闘技”の練習であって、”プロレス”の練習じゃなかったんですよね。それによって、当時まだ”格闘技路線”の名残があったために、その流れに乗じて彼は”チャンス”を掴む事が出来たのは事実だと思います。もっとも”会社プッシュ”ではあったものの(笑) しかし、上井が新日を去り、更に猪木も新日から手を引いた現在、彼が”路頭”に迷ったのは事実です。でも、その後が武藤と大きく違う所で、武藤は気が済むまで”アメリカマット”で修行し続け、それによってNWAから独立したWCWの”トップレスラー”にまで上り詰めましたよね。その点、中邑はというと、結局は海外で”肉体改造”しただけですぐに日本に戻ってきてしまい、それによって体が重くなった分あべこべ動きも鈍くなって更に”スランプ”に陥る事になりますよね。そして、更に”怪我”に泣かされ、その後何とか自力で這い上がる事は出来たもの、武藤が培ってきた物に比べればまだまだ甘かったのかも知れませんね。

僕は、中邑は武藤や棚橋みたいに”テクニック”や”インサイドワーク”を完璧にする必要は無いと思うのですが、その反面、猪木、前田、橋本のようにそれらを上回る”シュート”で形勢逆転するスタイルをそろそろ身に付けるべきではないかと思っています。このスタイルこそ、”新日ストロングスタイル”の原点なんですから。
  1. 2008/05/03(土) 19:19:16 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/499-3b6bb44f

スーパーpsy野神

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。