コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

3.02、NOAH武道館大会結果

【THE SECOND NAVING ’08】
〈日時〉3月2日
〈会場〉日本武道館
〈観衆〉14,000人

(GHCヘビー級選手権)
○森嶋(挑戦者)(20分22秒 バックドロップ → 片エビ固め)三沢(王者)●
※森嶋選手が第12代GHCヘビー級王者に!

(GHCタッグ選手権)
○丸藤、杉浦(王者組)(29分47秒 不知火改 → 体固め)ジェイ、 マーク●(ブリスコ兄弟)(挑戦者組)
※丸藤、杉浦組が2度目の防衛に成功!

(6人タッグマッチ)
小橋、本田、KENTA○(29分36秒 go 2 sleep → 片エビ固め)高山、佐野、青木●

(タッグマッチ)
秋山、力皇○(16分59秒 無双 → 体固め)斎藤、 井上●

・・・etc

苦節10年、とうとう森嶋が”不滅のNOAHの看板”三沢を下し、”GHCヘビー級ベルト”を奪取する事が出来ました! かつての”パートナー”であった力皇に先を越され、更に”後輩”で”Jrヘビー”の丸藤にも先を越され、常に”次期王者最有力候補”に目されながらも中々三沢や小橋の”厚い壁”を打ち破る事が出来ずもがき苦しんでいましたが、昨年、米国の”ROHマット”において”ROH世界ヘビー級ベルト”を奪取してから一気に”自信”が身に付き、それが功を奏したのは言うまでもないでしょう。

もはや、”パワー”、”スタミナ”そして”若さ”では森嶋の方が上回っているのは明白! しかし、三沢もまた森嶋とは意味合いの違う”怪物”ですから、中々そう簡単には沈まない。更に、エプロンから”捨て身”の”エメラルドフロージョン”を場外マットに落す、といった”老体に鞭”を打った攻撃まで仕掛けます。”エルボーVSモリシ・ハンマー”合戦でも三沢に凱歌が上がり、森嶋をマットに沈める寸前の所でかわされ”バックドロップ”の餌食に! 更に森嶋がアックスボンバー気味の”ラリアット”をぶちかました時に三沢の様子がおかしくなりレフェリーが三沢の顔色を伺います。そして、最後に追い討ちの弧を描いた”殺人バックドロップ”で3カウントが入り、晴れて森嶋は”GHCヘビー級王者”となりました。

しかし、それだけ凄まじい試合だったため、試合後両者は”検査”のため救急車で運ばれてしまいました。まぁ、森嶋は大丈夫としても、三沢は今回ばかりはちとやばいんじゃないか?

”GHCタッグ”の方ですが、結局”Jr対決”ですからまぁこんなもんじゃないでしょうか。次は今年から開催されるNOAH初の”タッグリーグ戦(グローバルタッグリーグ戦)”の”優勝者”と戦う事になるのでしょうけど、”本命”は秋山&力皇、”対抗”は高山&佐野、という事になるのか?
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2008/03/03(月) 23:01:04|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<NOAHが本格的な”タッグリーグ戦”を開催! | ホーム | 全日本、3.01、両国大会「2008 プロレスLOVE in 両国 vol.4」結果>>

コメント

W脳震盪!

 GHCヘビー級タイトルマッチ。
 何というかこう、良い試合とは言えないんだけれど、凄い試合でした。壮絶な試合でした。
 昨年までの森嶋が無意識に持っていた「相手を殺してしまうかもしれない自分自身へのブレーキ」を一切踏むことなく、ありのままの自分をぶつける事で勝ち取ったものは大きいですよね。

 最後の方は「三沢、死ぬかも」って思いました。一昨年は三沢の残虐エルボー地獄で、昨年も座った状態のモリシにランニングエルボーとかと「うわぁ、モリシ、殺されるかも」という試合でしたが、それを今回は森嶋がやってのけました。
 
 全くもって最後の攻防は一線を越えたところでの攻防で、あの攻防こそがNOAHに流れる四天王プロレスの遺伝子なのではないかと私は思っています。

 もっともっと強くなって丸藤あたりは一蹴できるくらいになって、鶴田みたいに「完全無欠のエース」になって欲しいと願っています。
 
  1. 2008/03/05(水) 08:44:48 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

それにしてもNOAHは・・・

「何て恐ろしいプロレス団体だ!」って改めて感じさせられるぐらいの凄まじい試合でしたね。まさか、あの三沢が”失神”するなんて・・・(恐)

森嶋のこれまでの”屈辱の蓄積”が、やがて物凄い”パワー”となって、そして体の外側へ完全放出された時、三沢が”粉砕”されていました。そこに森嶋の”真の強さ”が露となった訳です。

もともと、”素質”、”潜在能力”はあった訳ですから、あとは”先輩”に対する”遠慮”がいつまで経っても払拭出来なかった事が彼のこれまでの最大の”課題”だったのだと思います。しかし、”後輩”で尚且つ”Jrヘビー級”の丸藤、KENTAの台頭があり、そして”海外遠征”における”ベルト獲得”が彼の”自信”につながり、それらが”上”にある”厚く高い壁”を見事に打ち砕いたという事でしょうね。

あとは、中邑と同じくもう少し”余裕”を持ったプロレスが出来るようになれば鶴田のような”不動のエース”に君臨する事が出来ると思います。おそらく、フクフク丸氏が「良い試合とはいえない。」という部分はここら辺の部分ではないでしょうか?
  1. 2008/03/06(木) 23:09:48 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/485-c9daa33e

スーパーpsy野神

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。