コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

筑波山の梅

昨日、梅林を見る目的で筑波山へ行きました。

まず、秋葉原まで赴き、そこから初めて乗る事になる”つくばエキスプレス”に乗って約45分ほどでつくば駅に到着。秋葉原からつくばまでこんなに早く行ける電車が出来たとは本当に”便利”な世の中になりましたね。ただ、つくばまで1,150円とやや”高め”ではあるが(汗)

つくば駅からは筑波山行きのバスに乗り、約40分後に筑波山神社バス停に到着。意外に距離があります。まず、最初に”筑波山神社”に参拝する事にしました。”筑波山神社”は、”主祭神”が日本神話上日本の”生みの親”とされる伊邪那岐命 (いざなぎのみこと)と伊耶那美命(いざなみのみこと)の夫婦神であり、更にその摂祭神が彼らの子供とされる天照大神、月読命(つくよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)、蛭子命(ひるこのみこと)が祀られている由緒正しい神社で、筑波山を背にしたその姿はまさに荘厳な感じでしたね。

筑波山神社1小
筑波山神社

その後、近くの食事処で筑波地鶏そばと筑波地鶏の串焼きを食べ、それからいよいよ今回の本来の”目的”であった筑波梅林へと向かいました。しかし、ここでちょっとした”ハプニング”が(汗) デジカメ用の電池を持ってくるつもりがうっかり忘れてしまい、案の定”電池切れ”の警告が(冷汗) とりあえず、電池が完全に切れるまで写真を取りまくり、仕方なく、近くの産物特売所で買おうと思ったのですが、こんな時に限ってそこには電池など置いておらず、仕方なく少し早いけど”お土産”を買う事にしました。その後梅林に戻りましたが、”写真”が取れないまま梅を見物する事にしました。そして、梅林の上の方にある”展望あずまや”からの梅林の絶景は最高でしたが、”写真”が取れなかった事が物凄く悔しかったです。もっとも、今やデジカメも”小型”で”充電式”のものが主流になっているでしょうから、新しいのに買い換えた方がよいのか? 正直、今使っているのはちょっと大きめだし、はっきり言って電池食い過ぎ(汗)

筑波梅林1小
筑波梅林

そして、まだ時間もありましたので、ケーブルカーに乗って頂上付近へ行く事にしました。その前に、ケーブルカーの駅でやっと”電池”を買う事ができましたので、早速電池を入れ替えてケーブルカーに乗りました。ケーブルカー頂上からは筑波山の2つの峰の向かって左側に位置する男体山(伊邪那岐命の御神体)の方が近いためそちらの頂上へと向かう事にしたのですが、その前にその付近にある”立身石”へと向かいました。この”立身石”とは、あの樺太を発見した江戸時代後期の”冒険家?”間宮林蔵が13歳の頃、この石塊の前で”立身祈願”をした事からこの名前が付けられたそうです。他にもこうした”奇怪石岩”が筑波山には多数存在するのですが、その殆どがもう一方の”女体山”の方にあるため、今回は時間の都合でいく事が出来なかったのですが、事実、筑波山山頂付近には”巨石”がごろごろ転がっており、というより人為的に誰かが積み上げたようにも思えるため、”ピラミッド説”さえあるようです。

立身石2小
立身石

男体山頂4小
男体山頂付近の巨石群

そして、ようやく”男体山頂”へ到着。前述通り”ピラミッド説”があるぐらいですから、斜面も急だし、大きな石がまるで人為的に積まれた様に転がっています。”ケーブルカー頂上”から約15分程の距離であるにもかかわらず、かなり息が切れてしまいました。頂上には”筑波山神社”の”奥社”で、伊邪那岐命を祀る”男体山御本殿”があり、またそこからの眺めは素晴らしかったです。

男体山頂1小
男体山御本殿

”男体山頂”からケーブルカー頂上駅付近に下りた後、そこにある休憩所で一休みした後ケーブルカーで山を降り、そして”筑波山神社バス停”へ向かい、帰路に発ちました。正直、見たり無い部分が多々あったので、もう一度近い内に行きたいと思っております。それと、つくば駅付近の”科学博物館”や”研究所”みたいな所にも行ってみたいので。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2008/03/02(日) 10:51:52|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<全日本、3.01、両国大会「2008 プロレスLOVE in 両国 vol.4」結果 | ホーム | 2.17、新日両国大会観戦紀(後)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/483-4031705d

スーパーpsy野神

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。