コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2.17、新日両国大会観戦紀(後)

(第5試合 NJPW vs TNA The Highflyingstar vs The Phenomenal 2nd)
○棚橋弘至(18分54秒 ハイフライフロー→片エビ固め)AJスタイルズ●

かつて、棚橋が”TNA遠征”した際に”敗北”した相手が、このAJスタイルズ。”TNA版Jrヘビー”とも言える”Xディヴィジョン”の”エース格”です。つまり、事実上”Jrヘビー”ですから体格的にも棚橋より一回り小さい感じでしたし、いくらかつて負けた相手とはいえ、今の棚橋の相手ではなさそうな印象はありました。事実、”パワー”では棚橋の方が上回っていたし、AJがエプロン上にえぐい”投げ技”を決めるも思ったほど効いていなさそうでした。ただ、”NWA”の遺伝子を受け継いでいる選手だけに、やはり”インサイドワーク”というか”読心術”的なものに長けていたのは確かですね。これによって、棚橋は得意の”切り替えし技”を反対に切り返される、という事が何度かあり、初めは「棚橋の圧勝だろう・・・。」と思っていたのがジワジワと”雲行き”が怪しくなりました。”NWA系”の選手の独特の”試合パターン”です。でも、やはり、”IWGPヘビー級王者”を経て”肉体的”にも”精神的”にも大きく成長した棚橋の”敵”ではありませんでした。

(第6試合 IWGPタッグ選手権)
○真壁刀義、矢野通(挑戦者組)(16分30秒 トップロープからのキングコングニードロップ→片エビ固め)ジャイアント・バーナード、トラヴィス・トムコ●

とりあえず、この時点では”IGF絡み”の話は知らなかったので、純粋に試合を見た印象を書きます。トラヴィス・トムコという選手は、どうしてもバーナードの”引き立て役”、”アシスト役”という印象が強いですが、意外に中々出来る選手だな、と感じました。真壁を持ち前の”パワー”で一蹴すると、バーナードにタッチ。真壁も矢野にタッチするや、バーナードの”規格外”のパワーに本来”パワー”もあるはずの矢野でさえ一瞬にして蹴散らされてしまいます。そこで、矢野はバーナードに”反則”の”濡れ衣”を着させてそれをレフェリーにアピール。更に、そこへ本間や邪外ら”GBHセコンド”が加勢してくるため、さしものバーナードも思うように試合が運べません。中盤、”GBHセコンド”が本格的に”参戦”し、場外でトムコを捕まえてやりたい放題。それを阻止したバーナードが反対に捕らえられ、リングに戻ったトムコが終盤真壁の”凶器攻撃”の餌食になり、結局”敗北”を喫してしまいました。ちょっと”出来すぎ?”の感じはしたものの、真壁と矢野がとうとうここまで上り詰めた事には正直”嬉しさ”を感じました。ただ、後で聞いた話によると、どうもトムコの”IGF移籍”の話が事前にあったらしく(アングルの”新日参戦”に怒った猪木が仕返しに”トムコ引き抜き”を計ったとか。相変わらず懲りない御仁ですな(呆))、そのため、このような”筋書き”が出来上がっていたのではないか?という”憶測”が飛び交っている模様。確かに、今回の真壁&矢野の”ベルト獲得”は少々”強引”な展開に思えたのは事実です。もう、この手の”ゴタゴタ”はいい加減にしてもらいたいですね。

(第7試合 IWGPヘビー級王座統一戦)
○中邑真輔(2ndベルト保持者)(13分55秒 腕ひしぎ逆十字固め)カート・アングル(3rdベルト保持者)●

先だっての1.04、東京ドーム興行「WRESTLE KINGDOM 2008」において棚橋を破って晴れて”IWGPヘビー級王者”に返り咲いた中邑。そして、同日永田さえも勝てなかった相手カート・アングルが”ベルト統一戦”を中邑に要求。しかして、中邑とアングルによる”ベルト統一戦”がここに実現しました。もはや、アングルを倒せる(可能性のある)のは中邑しかいませんでしたし、もはや、新日本の全選手、そして会場の観客全体が中邑に大きな”期待”を寄せていました。しかし、試合が始まると、やはり”試合巧者”であるアングルは中邑と組み合わずに”エプロン”に引き返す、といった”心理戦”で中邑を挑発。しかし、中邑も変に”感情的”にはならず、冷静に試合を作っていきます。でも、”グラウンド”ではやはりアングルの方が上手。それを何とか”キック”や”投げ技”等で切り返すのはいいけれど、相手がアングルであるという”意識”を忘れてコーナーポストに登って”ムーンサルト”を仕掛けようとした所をすかさず妨害される、という”失態”を2度も演じてしまい、更に”2度目”はそのままアングルの”十八番”である”アングルスラム”を決められてしまいます。どうも、”インサイドワーク”では、中邑はアングルに到底敵いません。しかし、”救いの道”はありました。それは、”総合格闘技経験”で培った”関節技技術”です。アングルのもう一つの”得意技”である”アンクルロック”が”タップ寸前”に至った所に、切り返しの”膝十時”を掛けたり、それがかわされるや否や、すかさず”腕ひしぎ”というように、中邑本来の”得意パターン”が展開されました。そして、最後に渾身の”腕ひしぎ逆十字”によって以外にあっけなく”勝利”してしまいました。これはどちらかというと、”総合格闘技”的な勝ちパターンですが、相手がカート・アングル、という所を踏まえれば、これも立派な”プロレス”です。アングル相手には、こういった”決め手”で勝たなければおそらく”不可能”だったと思います。とにかく、新日マットにもう一つの”至宝”を取替えしたので一安心です! この時こそ、彼の”合言葉”である「一番すげぇのは、”プロレス”なんだよ!」という言葉が本当の意味で冴え渡るんだと思います。

この大会を振り返ると、やはり永田VS後藤戦が流れてしまったのは凄く”残念”でしたが、中邑があのカート・アングルを破って本当の意味での”IWGPヘビー級王者”になった事で、新日本に”ストロングスタイル”が戻った”瞬間”を目の当たりにする事が出来ましたし、久しぶりの”プロレス観戦”で久しぶりに”感動”しました。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2008/02/21(木) 22:02:00|
  2. プロレス観戦記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<筑波山の梅 | ホーム | 2.17、新日両国大会観戦紀(前)>>

コメント

度々ですがこんばんは!いつもコメント、TBありがとうございます!
 棚橋勝利は正直ホッとしましたね。ヘビー級がジュニアヘビーに負けちゃダメですよねえ。
 トムコは前日に「IGFイチバーン!」って言ってましたからねえ。なにか裏で色々ありそうですねえ。猪木の仕掛けは恐ろしいです笑。
 中邑は厳しい闘いだったみたいですね。あっけなくといったフィニッシュだったみたいですが、たまには勝利優先のプロレスも良いかと思います。この試合はそれをするべき試合だったような気もしますよ。
 最近、しだいにプロレス熱が蘇ってきているよな感じがしてます。新日本もこの調子で爆進して欲しいですね!IGFの仕掛けが気になりますが笑。
 
  1. 2008/02/23(土) 21:48:40 |
  2. URL |
  3. H.T #-
  4. [ 編集]

IGFの仕掛け?

おそらく、IGFはカート・アングルの”新日参戦”に関して何だかんだ”ケチ”をつけたのではないでしょうか? でも、本人の”ベルト統一”の意志もある訳だし、とりあえず”交換条件”を出した可能性はあります。

しかし、今の新日がさすがにバーナードを手放す訳には行かないでしょうから、無難な所でトムコを差し出したのでしょう。でも、それに対してトムコは激怒し、本格的に”IGF移籍”を決意した、という所ではないでしょうか。

”プロレス熱”が蘇った理由はいくつもあると思いますが、ざっと挙げれば”「ハッスル」が市民権を得た事”、”健介・北斗夫妻の人気”、”お笑いタレント、ケンドー・コバヤシによる越中の物まねが招いた越中人気”、”真壁の活躍による新日の活性化”、そして、やはり極めつけは”PRIDE崩壊”でしょうね。

ここ数年、常にプロレスを脅かし続けてきた”日本総合格闘技”のトップ団体であった”PRIDE”が、”暴力団”との関係が原因でフジテレビとの”放送契約”を解除され、それが原因でその”主催会社”であるDSEが事実上倒産。それによって、PRIDEも崩壊し、”総合格闘技人気”も次第に低迷。K-1はそれ以前から”低迷気味”であった事から”格闘技ブーム”自体がほぼ”下火”になりつつあるのは間違いないと思われます。

反対に、”プロレス”の方は”WWE”や”ハッスル”をきっかけに次第に”一般層”に支持されるようになってきた、というのもあるのでしょう。

所詮は”勝ち負け”、”強さ”しか追及出来ない”プロ格闘技”と違って、”プロレス”は”強さ+面白さ”を追求できる格闘技なんです。そういった意味で、中邑が言うように「一番スゲェのはプロレス!」と言えるのだと思います。
  1. 2008/02/23(土) 23:21:09 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

遅~くなりましたが真輔を見ましたぁ!

 IWGP奪還戦、やっとオンエアされました!
 真輔を見ましたとコメントのタイトルに入れましたが正確に言うとアングルばかりを見てました。自然とアングルに目が行くんですね。レスナーと比較しても、格段に上ですよね。金メダリストとかそういう問題じゃなくて、プロレスラーとして凄い。

 凄いですよ。
 「一番スゲェのはプロレスなんだよ」のスゲェは、アングルのようなレスラーにこそ送られる言葉でしょうね。
 残念ながら真輔はまだまだその域に達していない。

 しかし、それはそれでも良いです。
 まさに奪還戦だったのですから、ワンチャンスをモノにできる強運を持っている真輔が、この先、総合格闘技路線とは別路線でひた走る新日本のチャンピオンシップを誰とどうやって戦って行くのか楽しみです。
 新日本内で真輔と対峙した時に、真価を引き出せるのはやはり永田であり、対等に渡り合えるのが棚橋、隠れた魅力を引き出せるのが真壁で、何が起こるか分からないワクワクを感じさせるのが後藤と言った具合でしょうか?

 ひとつの仕事を終えたら、また大きな期待を掛けられる。それがチャンピオンなのだから仕方ないですね。
 ・・・我らが中西はもう上を目指すのは諦めちゃったんでしょうかね?
 色々あったけど、今がプロレスラー人生で2度目くらいの黄金期のような気がするんですけど・・・地味な・・・。

 昨日、真輔はZERO-ONEの佐藤耕平と戦って勝って、橋本に二代目ベルトを返還してきたらしいですね。
 有言実行。
 なかなかサマになって来ましたよねプロレスラーとして(嬉)。
 
  1. 2008/03/03(月) 17:29:13 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

完成された魅力と未完成の可能性

確かに、カート・アングルの”プロレス”はまさに”完成されたプロレス”でした。それと引き換え、中邑のプロレスはまだまだ”未完成”です。しかし、そこへ”勝利の可能性”をもたらしたのがいうまでも無く”総合格闘技経験”によって培った”サブミッション”です。これが、今後中邑が”新チャンピオン”として新日本を引っ張っていくための重要な”鍵”となり、そして”秘密兵器”となって行くのは間違いないでしょう。

こうした中邑の”可能性”を今後引き出していく相手となりうるのが永田であり、棚橋であり、真壁であり、後藤であり、更には矢野や山本尚史もいる。こうして見ると、今後の新日本の”未来”もかなり期待出来そうですね。それから、佐藤耕平との試合は今後も見てみたいので、彼の”新日参戦”はないのだろうか?

その中邑とは打って変わって中西は・・・、”可能性”を長州に潰され、そして猪木に潰され、結局何も出来ないまま今日に到ってしまった感じですからね(哀) まだ、橋本や武藤がいた頃にもっと”上”に噛み付いていれば良かったんですけどね。”全日本”との対抗戦とか、”格闘技路線”とかで結局自分の”意志”を主張出来なかった事が中西にとっての最大の”悲劇”だったのでしょう。

”新IWGP王者”としての中邑こそ、今後の”プロレス人生”における最大の”正念場”となる事は間違いありません。ここで、向こう一年間ベルトを防衛出来たら”本望”ではないでしょうか。
  1. 2008/03/03(月) 23:53:19 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/482-16a16b35

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。