コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

PRIDEミドル級GP2回戦

(第1試合)
○セルゲイ・ハリトーノフ(1R 2分03秒 打撃連打→KO)ペドロ・ヒーゾ●

(第2試合-PRIDEミドル級GP 2回戦)
○マウリシオ・ショーグン(3R 判定 3-0)ホジェリオ・ノゲイラ●

(第3試合-PRIDEミドル級GP 2回戦)
○アリスター・オーフレイム(1R 1分20秒 フロントネックロック)イゴール・ボブチャンチン●

(第4試合)
○ミルコ・クロコップ(1R 3分55秒 左ミドルキック→KO)イブラヒム・マゴメドフ●

(第5試合)
○田村潔(3R 判定 3-0)瀧本誠●

(第6試合)
○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(1R 8分38秒 パンチ連打→KO)パウエル・ナツラ●

(第7試合-PRIDEミドル級GP 2回戦)
○ヒカルド・アローナ(2R終了 TKO(レフェリーストップ))桜庭和志●

(第8試合-PRIDEミドル級GP 2回戦)
○バンダレイ・シウバ(1R 5分26秒 マウントパンチ→KO)中村和裕●

桜庭とボブチャンチン、まさかの”敗退”! 桜庭は試合開始前は”勝利”を誰も疑っていなかったのに、アローナが予想以上に強かったのは確か。やはり、”PRIDEマット”において実は”柔術系”の選手が一番侮れないような気がします。”打撃”のみならず、グラウンドの”テクニック”自体根本的に違いますからね。試合後の桜庭の顔は本当に観るに耐えがたいぐらい痛々しい顔になっていましたから(哀)
ボブチャンチンもまさかあんなにあっけなく負けるとは(汗) まぁ、もともとタッパが小さいから”ミドル級”でもおかしくないのでしょうけど、見た目の印象では結構”痩せ過ぎ”のようにも見えますからね。という事は、実際は”ヘビー”の方が”万全”という事ではないでしょうか。

ショーグンは、今回の相手はノゲイラ弟だった為、かなり”苦戦”を強いられましたね。どうしても兄ホドリゴと比べると見劣りされがちなホジェリオですが、彼の”関節テクニック”もかなりのもの。ショーグンはいつもの”喧嘩ファイト”が出来ませんでしたからね。でも、”ポストシウバ最有力候補”であるショーグンに勝ち上がってもらわなければ困るのも確かでしたから一安心(笑)

ミルコはどうにかヒョ-ドルとの”PRIDEヘビー級選手権”に辿り着けて何よりでしょう。8.28、さいたまスーパーアリーナ。こちらも出来れば観に行きたいが・・・。

田村VS瀧本の試合は、妙な”緊張感”がありましたね。前回「総合格闘技をなめてました。」と言い放った瀧本ですが、いや彼の”冷静さ”というか”神経の太さ”というか、そういったものを感じざるを得ませんでした。田村が次第にイライラするも、それでも中々攻められない”隙の無さ”を瀧本は持っていましたから。そして、”3ラウンド目”には田村に掴みかかり、倒して”マウントポジション”をとって中々放しませんでしたからね。この時点で「田村の負けだろう・・・」と思いきや、”判定”で「田村の勝ち!」って(汗) 今ひとつ、総合格闘技やKー1の”判定基準”がよくわからん(悩)

※閉鎖予定の「娯楽談話室」の「プロレス・格闘技BBS」から移動。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/30(木) 21:45:32|
  2. 格闘技情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<G1クライマックス2005出場者決定! | ホーム | 必見アーティストCD④ 奥田美和子「二人」>>

コメント

ああ、無情

 傷口を開きに行ったり、顔面を踏みつけたり、蹴り上げたり・・・画面には血みどろの選手たち。

 私は結構、そういうグロにシビアですが、青少年に悪い影響が出ないことを切に祈ります。

 何でもありは、UFCではこういったグロ場面が続出してますがPRIDEでは結構早めにレフェリーが止めるのでそれは安心だったのですが、最近、レフェリーストップの遅さが気になります。

 死んじゃうよ?

 その過激さを売りにしたいならば、PRIDEは縮小して行きます。マイナーで過激なファンを伴って・・・

 でもDSEの野望はそうではないはず。

 そんな意味で、これからのDSEの動向に注目してみています。

 このコメントは私のブログのコメント欄にもお返事として同じ事を書きましたので、お許しください。
  1. 2005/07/01(金) 17:49:42 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

本来PRIDEは・・・

確か、本来PRIDEの”地上波放送”って実際の”試合日”より大きく遅れた土曜の昼間の時間帯にやっていたはず。これは”スカパー”との兼ね合いもあるのでしょうけど、当時”ゴールデン”で放送されなかった理由の一つに、そういった”過激さ”ゆえの”グロテスク”な部分を”ゴールデン”で放送するには厳しい、という事だったと思います。しかし、そこら辺の”心配”が薄まったから”ゴールデン”に移行できたのでしょうが、”試合””選手”の”レベル”が高くなるにつれ、再びそういった”グロテスク”な場面が目立つようになってきたのも事実。青少年への”悪影響”は時間の問題のような(汗)

僕は昔”プロレスごっこ”は良くやっていましたが(笑)、しかしながら、本気で”プロレス技”をかけたら死んでしまう、という事ぐらいは中学の頃でも充分分かっていましたし、”投げ技”の多くは、体育館にある”フカフカマット”を使わなければ出来ないのはおろか、下手すらそれを使っても”危険”な技もあるくらいでした。それが”総合格闘技”となれば、単純に”殴る、蹴る”ですからね(笑) 更に今の子供達は”手加減”というものを知りません。おそらく、そういった技が”危険”である、という意識をもたないでしょう。となると、いずれ”格闘技ごっこ”での”殺人事件”なんて起こりうると思います(恐) 誤って”チョークスリーパー”を決めようもんなら、”絞殺”にもなりかねない!

こんな事を考えてしまうと、下手すれば”縮小”もありうるでしょう。”受けの練習””肉体作り”を充分に行っているプロレスの場合は、その”強靭さ”から「彼らは常人ではない!」という”認識”を覚えるから、子供達も本気で相手に”プロレス技”をかけようとは思わないでしょう。しかし、”パンチ””キック”””サブミッション”という”三原則”の上に成り立つ総合格闘技の場合は、”喧嘩の延長”という印象しか感じないのではないでしょうか。それを生々しく放送していると、今の子供達に変な”暴力欲”を起こさせかねないでしょうね(怖)

”スペクタクルスポーツ”と”潰しあい”の間に”名勝負”というものがある訳で、そこら辺の”バランス調整”が”格闘技”若しくは”プロレス”には必要なのでしょう。
  1. 2005/07/01(金) 23:32:51 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/48-4b0c10f9

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。