コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「WRESTLE KINGDOMⅡ in 東京ドーム」結果②

①棚橋VS中邑(IWGPヘビー級選手権)
過去5回戦っている両者ですが、ここまで凄まじい試合をした事は今までなかったと思います。”王者”に返り咲いてから”非常”な戦い方をするようになった棚橋は、この試合においても中邑の負傷している肩口を容赦なく攻めまくる。それでも、中邑はひるむ事なく向かってくる。”プロレスラー”として一皮剥けましたね。
しかし、それでも棚橋の”猛攻”は止まらない。何と”雪崩式エクスプロイダー”でマットに投げ落としました。しかし、中邑も”反撃”のチャンスを伺い”腕ひしぎ逆十字”を仕掛けるも痛めた肩の力が入らない。そして、棚橋が腕をはずした時、中邑はすかさず”三角締め”を仕掛けます。”総合格闘技”の経験が決して無駄に放っていません。されど、棚橋も中邑の顔面を踏みつける、といった”ダーティー”な攻撃で何とか逃れます。
終盤、中邑が”ドラゴンスープレックス”を決めると、今度は棚橋が”タイガースープレックス”を決め両者”大の字”に。そして、先に立ち上がった中邑が棚橋をコーナーポストに座らせると、”雪崩式ランドスライド”を敢行。そして、再度、止めの”ランドスライド”によって棚橋を”フォール”。中邑が”IWGPベルト”を奪回しました! 
試合後、すかさず永田に勝利して”3代目IWGPベルト”を死守したカート・アングルがリング上に登場。中邑はアングルとの”ベルト統一戦”を宣言しました。

②永田VSアングル
これも、ここ数年の”ドーム興行”では見る事が出来なかった”日本人VS外人”の”名勝負”になったと思います。アングルは、やはり”本物のプロレスラー”でしたね。永田の攻撃をじっくり読み取りながらすかさず”切り替えし”をしてきます。レスナーと違ってちゃんと”頭”を使ってくるから恐ろしいですよね。それに彼は”受け”が上手いですよね。”パワー”、”テクニック”、”インサイドワーク”の三拍子がちゃんと揃っています。
後半、試合は”打ち合い”になって盛り上がりましたよね。”プロレス”の枠を超えた新日らしい試合になりました。
しかし、やはりアングルの”インサイドワーク”が一枚上だったのか、攻撃をかわされてすかさず”アンクルロック”を決められて”タップアウト”してしまいました。これにて、”3代目IWGPベルト”は取り戻せず、新日の”面目”を取り戻す事ができませんでした。でも、そこに猪木が現れなかったのが唯一の救いです(笑)

③ムタVS後藤
入場してくるムタに対して”先制攻撃”を仕掛けた後藤。”出だし”は非常に素晴らしいです。しかし、その後がまんまとムタの”術中”には待ってしまいましたね。後藤のようなタイプのレスラーにとってムタは非常にやりにくいです。
果敢に攻撃を仕掛けるも、すぐにかわされてしまう。「ここぞ!」という時に”毒霧”を喰らってしまう。ムタ(武藤)は”体”はボロボロでも、長年積み重ねた”キャリア”と天性の”才能”によってまだまだいくつも”引き出し”を持っていますからね。そして、最後は”十八番”の”ムーンサルト”であえなく敗退。
しかし、将来新日本を背負って立つ1人である後藤にとって、これは非常に重要な体験だったと思います。

④バーナード、トムコVSスタイナーブラザース(IWGPタッグ選手権)
”新旧タッグ王者対決”がここに実現しましたね。やはり、”兄弟”だけあって”チームワーク”は”現王者組”より一枚上だったかな。
序盤、バーナード&トムコを蹴散らして場外に落としたスタイナーブラザースは、まずスコットがリング中央に股を広げて立ち、その周りをリックが一周してスコットのまたの下に入ってしゃがみこむおなじみの”ポーズ”を披露。更に、トムコをコーナーポストに座らせたスコットが”元祖フランケンシュタイナー”を敢行したり、ツープラトンの”ブルドッキングヘッドロック”を仕掛けたりと、”懐かしい場面”の連続に少し感動しましたね。
しかし、”過去の思い出”とは裏腹に”現実の力”で勝るバーナード&トムコが”十八番”の”マジックキラー”で難なく勝利! 次は、今大会で真壁&矢野と戦ったTeam3Dとベルトを掛けて戦って欲しいですね。(でも、負ける可能性大(汗))

まだ、”全試合”は見てませんが、これらを見る限り今大会はそこそこ面白いと思います。ただ、永田の”敗北”が”評価”を左右しそうですが(汗)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2008/01/06(日) 19:00:17|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
<<2.17、新日両国大会の全容 | ホーム | 「WRESTLE KINGDOMⅡ in 東京ドーム」結果>>

コメント

試合感想

 追々にやらせていただきます。

②永田vsアングル

 やはり今回のドームのベストバウト。寒いドームの中で手に汗握ってました。

>ここ数年の”ドーム興行”では見る事が出来なかった”日本人VS外人”の”名勝負”になったと思います。

 もしかしたら96年の猪木vsベイダー以来かもですね。あの試合は今でも時々ビデオで見ますが。

>永田の攻撃をじっくり読み取りながらすかさず”切り替えし”をしてきます。

 そうした展開で大きかったのが、やはりドリー式のエルボースマッシュですね。それを打ち出すタイミングも完璧で、「プロ」としてはまさに重要なポイントで。
  1. 2008/01/13(日) 18:37:54 |
  2. URL |
  3. 仁 #-
  4. [ 編集]

外人レスラーの資質

かつて、”アメリカ三大プロレス団体”と呼ばれた”NWA”、”AWA”、”WWF”の内、あくまでも”伝統”と”格式”を守り続けた団体が”NWA”なんですよね。その為に、確かに時には団体ぐるみで”ズル”してチャンピオンに”防衛”させたりする事もありました。でも、それらを全てひっくるめて、そういった中で揉まれながらも上手く生き残る事の出来るレスラーこそ”一流”とされてきました。

しかし、次第にそれでは”観客”の不信を招くようになり、当時まだ”3番手”だった”WWF(現WWE)”は、それらを一掃すべく見るからに強そうなレスラーをかき集めて、そういったレスラーを”王者”にする事によって観客の支持を集め、そしてやがて”ビジネス”的にも成功を収めて、最終的には他の団体をも喰ってしまうほど”巨大”になってしまったんですよね。

でもって、”巨大化”しすぎて”ビジネス重視”になりすぎたWWFは、名称も”WWE”と改めて、本格的な”プロレスエンターテインメント団体”へと化してしまったんですよね(悲) 故に、次第に”体格”、”パワー”、そして”キャラ”のあるレスラーが重要視され、”テクニック”、”インサイドワーク”に長けたレスラーが少なくなってしまいました。カート・アングルはその数少ない内の1人なんですよね。

一昔前は、アメリカで”不遇”されていたレスラーが日本を”主戦場”にするようにした事によって、着々と”テクニック”、”インサイドワーク”を学び、一躍”スターダム”にのし上がる事が出来たんですよね。ハンセン然り。ブロディ然り。アンドレ然り。ホーガン然り。そして、ベイダー然り! しかし、やがてそうやって日本で”スター”になったレスラーが次々とWWFに引き抜かれて行くようになり、そして昨今ではその”逆現象”でWWEで要らなくなったレスラーが日本のマットに活躍の場を求めるようになっていますが、今の所それで成功を収めているのはジャイアント・バーナードぐらいだと思います。ブロック・レスナーなんて”WWEマット”ではバーナードより遥に”格上扱い”されていましたが、日本においては多くのファンはバーナードの方が実力的には”上”だと判断していると思います。

しかし、現時点では”ビジネス面”で巨大化しすぎたWWEも次第にその”勢力”が衰え始め、それに対抗すべく台頭してきたのが今回新日と”業務提携”を結んだNWAの意志を受け継ぐ”TNA”なんですよね。むろん、この団体とて”興行重視”で考えている以上は”外見”や”キャラ”を重視せざるを得なくなっているのは確かでしょう。でも、WWEと違ってちゃんと”実力”も重視している所が素晴らしいですよね。ですから、もはや興行的にはWWEを上回っているのではないでしょうか。

”プロレス”は”見た目”も重要ですが、本当に重要なのはあくまでも”中身”だ、という事です! 新日本はようやくこのことに気が付いたようですね。
  1. 2008/01/14(月) 15:49:47 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

こういっちゃなんですが

 やはりWWEは現在のビンス一代限りという感じですね。

 というかあれはもはや能力以上にビンス個人のキャラクターと不可分になっているわけで。

 そのビンスをもってしても、数多くの苦境を乗り越えているわけですから、これはどう考えても子供たちが相続不可能なわけで。

 このあたりはやはりマソニックの引退と共に本来的な意味でのNWAは終わっていたとまで言われるのと同じで。


>テクニック”、”インサイドワーク”に長けたレスラーが少なくなってしまいました

 もっともそういうレスラーも何人かいないと興行全体のメリハリが利かなくなるのはビンスも分かっていたわけで、テッド・デビアスやブレット・ハートなどはまさに典型でしたよね。

 いわばハッスルにおける川田なんかもこれに相当する感じで。
  1. 2008/01/19(土) 10:52:03 |
  2. URL |
  3. 仁 #-
  4. [ 編集]

一代で”巨大化”しすぎたツケ

大概、どの企業でもそうですが、”一代”で一気に”巨大化”させすぎるほど、その”息子”の代で崩壊する、というケースが多いのと同じなのでしょうね。

WWF(初めWWWF)は本来はビンスの”父”であるビンス・マクマホン・シニア氏が設立した団体な訳ですが、当初の”スタイル”を変えずに継承していれば、まだまだ”長持ち”するのでしょうけど、それだと”NWA”や”AWA”との競争には勝てませんし、事実WWFは一時期”経営難”だか何かわかりませんがNWAの”傘下団体”になっていた事もありましたから、そこから脱却するために”ビジネス的成功”がどうしても必要だったのは確かなのでしょう。

もっとも、最近のWWEにも”テクニシャン”がいた事はいましたが、エディ・ゲレロの”突然死”や、クリス・ベノワの”一家心中”を考えると、もはやこういった選手でももはや”ビジネスの道具”以外の何者でもない扱いを受けていたのは間違いないのでしょうね。

それに対して、川田の場合は「ハッスル」はあくまでも”副業”で(笑)、”本業”はやはり”全日本”での試合だと思いますから、純粋に”プロレス”をやる場所が彼の場合はあるからまだマシなんでしょうね。
  1. 2008/01/19(土) 21:59:52 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

不具合の原因がわかりました

”ブログランキング”のHTMLのタグが一つ足りなかったために起こったようです。ですから、元の記事を直しましたので、新しい記事は消しました。
  1. 2008/01/19(土) 22:12:37 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

オートトレードFX

こんにちは^-^はじめて書き込みさせていただきます。

インフォトップ

インフォカート
http://www.infocart.jp/down/description.php?IID=25903
インフォスタイル
http://www.info-style.co.jp/note.php?id=1200291756

今回、【オートトレードFX】というFXの全自動売買ソフトを
販売させていただくことになりました。
本当にいいソフトなので、もしよかったら紹介してもらえませんか?
各ASPで「オートトレードFX」で検索していただくと出てきますのでよろしくお願いします。
  1. 2008/01/23(水) 21:37:26 |
  2. URL |
  3. オートトレードFX #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/477-aaa81e65

スーパーpsy野神

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。