コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新日本、1.04、「レッスルキングダムⅡin 東京ドーム」の全容

今年年末には、恒例のK-1主催の格闘イベント「K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!」、”元PRIDEスタッフ”による格闘イベント「やれんのか!!」があり、そして年明けの1月4日は、これまた恒例の新日本プロレス主催の「WRESTLE KINGDOMⅡ in 東京ドーム」が行われます。

今年末年始の”格闘イベントVSプロレスイベント”ですが、今年こそ”プロレス”の方に”分”がありそうですね。これまでも、実際は”新日ドーム”の方が面白く感じた事はありました。ただ、当時の”ムード”を考えると、まだまだ”格闘技”の方に”追い風”が吹いていた状況であり、”プロレス(特に新日本)”は”崖っぷち”に立たされていました。更に、”格闘技ブーム”のいう流れの中で、どうしても”勝ち負け”というファンの意識も強く、そういった空気の中で”新日本勢”の多くが”敗退”しました。当然ながら事実上ドーム史上”最低”と言ってもいいレベルの評価が下されてしまいました(哀)

しかし、昨年”日本プロ格闘技最高峰”と言っても過言でなかったPRIDEが、”暴力団”との関係からフジテレビより”放送契約”を解除され、更にアメリカの”大手格闘技団体”UFCに吸収されてしまいました。それから、K-1の方も昨年末の「Dynamate!!」において、桜庭和志と対戦した”HERO’Sライトヘビー級王者”であった秋山成勲が”オイル使用”により”失格”となる、という事態が起こり、ファンの”信用”を失いました。こうして、日本を代表する”二大格闘技興行”は次第に”勢い”が衰えてしまったのは言うまでもありません。

その点、ここ一年の新日本プロレスを振り返ると、これまで中々芽が出なかった真壁刀義が頭角を現し、当初”次期エース最有力候補”と目された中邑真輔を2度も破り、春の「NEW JAPAN CUP 2007」では”準優勝”、夏の「G1 CLIMAX 2007」でも”決勝トーナメント”に勝ち上がる等の”実績”を作りました。そして、”海外修行”から凱旋し、”ヘビー級転向”を果たした後藤洋央紀は、”主力格”である天山から完璧な”フォール”を奪い、そして凱旋早々”IWGPタイトル挑戦”を果たすなどの”急成長”を見せました。この2人が、”現IWGP王者”にして”エース格”である棚橋や、その”対抗馬”である中邑を触発。これによって、この2人もまた”成長”を果たした事で、新日本に一気に”明るい未来”が見え始めました。

そして、今回の「WRESTLE KINGDOMⅡ in 東京ドーム」には、アメリカの”メジャープロレス団体”の一角である”TNA”との提携で行われます。カート・アングル、スタイナーブラザース、Team3D(元ダッドリー・ボーイズ)等の”ビッグネーム”が参戦し、更にあのグレート・ムタが8年ぶりに新日マットに帰ってきます。当初は”取って付けた感”も感じましたが、今の”上昇気流”に乗っている新日本とTNAを絡めるのは”あり”だと思うし、それに、今大会の”メイン”はあくまでも棚橋VS中邑という”新日本の未来”を担う”タイトルマッチ”です。つまり、あくまでも”主役”は”TNA”ではなく”新日本”なんです! 今度こそ、”正月プロレスイベント”が”年末格闘イベント”を超える時ではないでしょうか。

【WRESTLE KINGDOMⅡ in 東京ドーム】
〈日程〉1月4日
〈会場〉東京ドーム

(IWGPヘビー級選手権)
(王者)棚橋弘至VS(挑戦者)中邑真輔

(Final Revolution~Justis VS Real~IWGP3rdベルト争奪戦)
永田裕志VSカート・アングル

(IWGPタッグ選手権)
(王者組)ジャイアント・バーナード、トラヴィス・トムコVS(挑戦者)リック・スタイナー、スコット・スタイナー(挑戦者組)

(Genelation Of Chaos)
後藤洋央紀VSグレート・ムタ

(One Night Stand~LEGEND VS V.B.H)
藤波辰爾、長州力、蝶野正洋、獣神サンダー・ライガー、AKIRA VS 邪道、外道、TARU、近藤修司、”blother”YASSHI

(GET THE TABLE!GET THE NIGHEST!~ハードコアマッチ~)
真壁刀義、矢野通VSブラザー・レイ、ブラザー・ディーボン(Team3D)

(NEW JAPAN VS THE Alliance GROUND ZERO)
飯塚高史、金本浩二、タイガー・マスク、田口隆祐VS田中将斗、高岩竜一、吉江豊、竹村豪氏

(”野人覚醒”ジャパニーズ・マッスル・モンスターVSジ・アメリカン・モンスター)
中西学VSアビス

(IWGPJrヘビー級選手権)
(王者)井上亘VS(挑戦者)”フォーリン・エンジェル”クリストファー・ダニエルズ

(THIS IS WAR ~NONSTOP RISING~)
ミラノコレクションAT、稔、プリンス・デヴィッドVS”ジ・インスタントクラシック”クリスチャン・ケイジ、”フェノメナール”AJスタイルズ、”ザ・カナディアン・デストロイヤー”ビーティー・ウィリアムス
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2007/12/29(土) 16:54:09|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<年末二大格闘技イベント結果① | ホーム | 貧困と犯罪の関係>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/472-36f02c08

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。