コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「2007 世界最強タッグ決定リーグ戦」決勝戦

【2007 世界最強タッグ決定リーグ戦優勝決定戦】
〈日時〉12月9日
〈会場〉大阪府立体育館
〈観衆〉4,100人

(2007 世界最強タッグ決定リーグ戦優勝戦進出決定戦)
○小島、諏訪魔(15分18秒 ラリアット→片エビ固め)●健介、川田

(2007 世界最強タッグ決定リーグ戦優勝決定戦)
○武藤、ドーリング(26分5秒 ムーンサルト・プレス体固め)小島、諏訪魔●
※武藤&ドーリング組が優勝!

”本命”健介&川田組が”優勝進出決定戦”で破れ、”老いぼれ?”武藤と”無名外人”ドーリング組がまさかの”優勝”です! これが、NOHAとは違う”本家全日”だ、という証でしょうか。

もはや”膝”はボロボロ。”年齢”も”40半ば”という事実上”セミリタイヤ”の状態でありながら、ちゃんと飾る所は飾る! 三沢や小橋のように”体”を張らなくても、持ち前の”テクニック”及び”インサイドワーク”できちんと”プロレス”を組み立てる事が出来る! これが従来の”全日スタイル”に近いのかもしれません。馬場だって”晩年”は動きものろく、お世辞でも”強そう”には思えませんでしたが、老獪な”インサイドワーク”で鶴龍、あるいはハンセン、ブロディら”強豪”を翻弄していたのは事実。そして、その”礎 ”築いたのがルー・テーズやドリー&テリーの”ファンクス”。そのスタイルこそが”オールドアメリカンスタイル”であり、若手時代にNWA系のローカル団体を転々としていた武藤は、自然の内にそういったスタイルを身につけたんですよね。

対して、健介は長州の愛弟子で所謂”ラリアットプロレス”の継承者。一方の川田はNOHAの”源流”にある”四天王プロレス”の一角。小島もまた”ラリアットプロレス”を基本においているし、諏訪魔はやはり”アマレスエリート系パワーファイター”です。彼らだけだったらNOAHとさほど代わりません。そこに武藤、あるいは西村、それからブッチャーがいるから初めて”全日”になるんでしょうね。

今や、殆どの選手が”新日系”であるにもかかわらず、そこにはちゃんと”全日本”のプロレスがある。新日本も思えばその”源流”にはゴッチ流の”オールドスタイルプロレス”があり、それを猪木が”格闘技寄り”に改良した事によって”新日ストロングスタイル”が生まれた訳ですからね。ですから、一見”水と油”のように思える両者も、遡れば元は”一緒”だった、という事ですよね。

今では中々”テレビ”ではお目にかかれませんし、会場にも行けませんが、武藤の”天才的プロレス”を今一度見ておきたいです!
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2007/12/11(火) 23:08:03|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<新日本、12.08・大阪大会、12.09・愛知大会結果 | ホーム | 昨日の「K-1 WORLD GP 2007 FINAL」結果>>

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
  1. 2007/12/11(火) 23:49:24 |
  2. URL |
  3. みんな の プロフィール #-
  4. [ 編集]

「全日本」の意義

 いまや「全日本」は「王道保守」の象徴みたいな物ですよね。

 いわば「朝廷」みたいな物で、馬場さんの生前では「馬場」の歴史の一部でしかなかった物が、いまや「馬場」をも歴史の一部にしている感じで。

 西村は言うにおよばず、元々、武藤は正統NWA末期の最後の末裔みたいな存在であり、現PWF会長の馳もキャラクターに比して、むしろクラシカルなプロレスを楽しむ男。

 また渕がゴッチの弟子の一人だったのも有名ですが、いまはフリーの川田にしても、かつては全盛期の新日本道場で最年少合格を果たした男。

 その意味では、実に「最高」のメンバーが結集しているというのが今の「全日本」なんですよね。
  1. 2008/01/05(土) 18:35:27 |
  2. URL |
  3. 仁 #XCGF5fDo
  4. [ 編集]

仁さんようこそ!

マグナム氏のサイトではお世話になっております(というか、最近殆ど書き込みしてませんが(汗))。

”全日本=朝廷”確かにそんな感じはしますね。現時点では、その”権威”や”存在感”を”新日=幕府?”や”NOAH=明治政府?”に完全に奪われてしまっている感はありますけど、それでも”伝統”を重んじ、それをしっかり受け継いでいるのは全日本なんですよね。

で、その”歴史”と”伝統”を作り上げた”一角”であるドリー・ファンクJrが”引退”を表明したようですね。というか、「まだやってたの?」というのが正直な印象ですが(汗) どうも、西村の”全日移籍”は”ドリー招聘”の問題が絡んでいたようですね。

淵はドリーではなくゴッチの弟子だったんですね。西村は両方の”愛弟子”と言ってますけどどっちが正しいのでしょうか(笑) 川田が最初に受けて合格したのは新日だったんですか(驚) でも、後々武藤や橋本が入ってくる事を考えれば全日を選んで正解だったのかな?

最近中々書き込めませんが、またマグナム氏の所で会いましょう。
  1. 2008/01/05(土) 21:56:49 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

 どうもありがとうございます。

 とにかく自分が分裂以来の「全日本」に関心があるのは、何度も危機状態に陥りながら、必ずどこかで「助ける」メカニズムが働いて新展開につなげているということなんですよね。
 (考えてみれば、馬場さんの生きている頃からあったわけですが。)
 このあたりも、どことなく「なぜ天皇制や朝廷は現在まで続いてきたのか?」にも通じるというか。

 いわば三冠を始めとする四つのタイトルが「官位」で、チャンカーや最強タッグが「行事」なんですよね。
 規模は関係無い。それが「継続」して行われていることが肝心なわけで、今後状況が好転すれば往年の輝きも戻ってくる可能性もあるわけで。
 実際、チャンピオンの質については、分裂前に比べて決して劣っているわけでもなく、世界ジュニアにいたっては分裂前をも凌ぐ活況を見せているわけで。

 かつての武藤、健介、みのる、そして今回の西村など、それに相応しい人材の参加もあるしで。

 あともう一つの武器は、やはり三十年以上にも渡る「歴史」その物。 

 健介の三冠戴冠のマイクなどはまさにそれですが、今回のドリーもまさにそれ。
 (これでアジアタッグを西村&渕で巻いてくれたらそれこそ完璧と。)

 渕については、アマリロでドリーに習ったのも確かですが、フロリダ転戦においてゴッチに声を掛けられて自宅のトレーニング場にまで通ったと言ってますね。
 ただし住み込みの新日本勢と違って、試合の合間だったそうですが。
 (ゴッチと新日本がビジネス的な関係でしかなかったとすれば、もしかしてゴッチは渕を通して全日本とのツナギも作ろうとしていたのかもしれませんが。)

 川田については、中学の卒業が決まった時点で、新日本の入門テストを受けたというんですよね。
 しかもその時期の道場は小鉄と藤原が仕切り、前田が震え上がっていたという全盛期。
 それでありながら当時の若手をテクニックで圧倒してしまい、藤原が出てきてようやくシメたとか。
 そして合格したものの、結局は高校に進学して、そこのアマレス部で三沢と出会うことになると。

 まさに「ドラマ」ですよね。
  1. 2008/01/05(土) 23:07:01 |
  2. URL |
  3. 仁 #XCGF5fDo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/467-68fc47fa

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。