コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

小橋建太復帰戦

12月に入り、相変わらずバタバタしているので中々書けませんでした(泣)

やっと帰ってきました! あの”伝説の男”が!! 昨年6月29日、7.18武道館における”高山復帰戦”における三沢&秋山VS小橋&高山戦を目前としていた中、精密検査で”腎臓癌”である事が発覚し、その手術・治療のために約1年半の”長期欠場”を余儀なくされた小橋建太。7月早々に手術を行い、無事成功したものの、それからが”苦難”の毎日だったようですね。

”プロレスラー”と言えども、所詮は”人間”ですから、手術によって右の腎臓を全て摘出されてしまった小橋の肉体を元に取り戻すには至難の業。それでも「早くプロレスをしたい!」という思いから、厳しいトレーニング及び食事制限をひたすら行ってきた小橋は、ようやく10月に入り医師から”復帰”が許可される事になり、10.27の武道館大会に姿を現した小橋は「12月2日、高山善廣と組んで、三沢光晴、秋山準組と対戦します!」と発表。以前流れてしまった”幻のカード”がそのまま小橋本人の復帰戦のカードとなりました。

そして、2007年12月2日、日本武道館に”プロレスラー”小橋健太が姿を現しました。病後の必死の”トレーニング”によって鍛え上げれれて不自然に盛り上がっている”大胸筋”と”二の腕の筋肉”。しかし、それに引き換え”あばら骨”がやや浮き出た脇腹、明らかにしぼんでしまった”広背筋(脇辺りから背中に掛けての所謂”逆三角形”を作り出す筋肉)”、そして、頬がやせこけ、目の下に”くま”のようなものが目立っている顔面。確かに、”癌”から立ち上がり、あそこまで肉体を作り上げて復活した”凄さ”はまさに”超人”だと思います。されど、それと同時にもはや”絶対王者”としての小橋建太はもう見られそうにないな、という”悲哀感”を覚えたのも事実。まるで、”ベイダー戦”で腰を痛めて”長期欠場”し、復帰しても得意の”スープレックス”が使えなくなって苦し紛れに”ドラゴンスリーパー”をあみ出してその場しのぎをせざるを得なくなってしまった藤波辰爾や、”B型肝炎”にかかり、復帰してももはや”第一線”では戦えなくなって”前座”に甘んじざるを得なくなったジャンボ鶴田に近いものを感じました。

それでも、小橋は執念で戦い続けました。”動き”は明らかに鈍り、時折”馬場さんチック”な動きをしていても、小橋は必死に起き上がる。”チョップ”にしても、以前は”たった一発”だけで効いていたのが、”病み上がり”のせいもあってか多数叩き込まなければ効かなくなってしまったようにも思えました。それでも、相手が倒れるまで何度もチョップを相手の胸板に赤くはれ上がるまで叩き込む。もはや”執念”としか思えませんね。以前は、相手の”攻撃”にビクともしなかった小橋が、やはり”病み上がり”というのもありますが簡単に吹っ飛ばされて動けなくなるシーンも多々ありました。でも、小橋は立ち上がる! これが”生ける伝説”小橋建太の”真の強さ”、そして”真の凄さ”なんでしょうね。しかし、最後は三沢の”雪崩式エメラルドフロージョン”であえなく”撃沈”されてしまいました。全身が汗ばみ、仰向けのまま動かなくなっていた小橋に対して、”実況”の矢島アナは何を血迷ったのか「小橋建太は勝ちました!」と叫びました。更に続けて「小橋建太が”腎臓癌”に勝ちました。」と叫んだ瞬間、思わず胸に何かがこみ上げるのを感じました。最近の”実況アナ”の中にも、こういった”泣かせる台詞”が言えるアナウンサーがいる事が何よりも嬉しいし、だからこそ”プロレスファン”をいつまでも続けていられるのでしょう。

かつて、中邑真輔が「プロレスラーは強いんです!」と軽々しく口にし、確かに”総合格闘技”においてアレクセイ・イグナチョフを倒してそれを証明して見せましたが、本当の意味で”プロレスラーの強さ”を実証したのは、”一つの腎臓”で肉体を作り上げて、”病み上がり”の状態で大きい”ダメージ”を受けながら何度も立ち上がった小橋建太に他ならないと思います。しかし、今後”絶対王者”としての小橋建太を見るのは少々厳しいように思えるのも否めないですね(悲)

【12.02、小橋建太復帰戦】
〈会場〉日本武道館
〈観衆〉17,000人

(小橋建太復帰戦スペシャルタッグマッチ)
○三沢、秋山(27分07秒 雪崩式エメラルドフロウジョン→体固め)●小橋、高山

(シングルマッチ)
○森嶋(22分58秒 バックドロップ→エビ固め)丸藤●

・・・etc

ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2007/12/08(土) 13:59:33|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<昨日の「K-1 WORLD GP 2007 FINAL」結果 | ホーム | 全日本、「2007 世界最強タッグ」開幕! >>

コメント

帝王・高山も

 今回の小橋のパートナー、高山も脳梗塞から復帰という前例無き復帰を遂げてプロレスラーの強さを証明しましたよね。ベルトに絡むほどではないにせよ、また「帝王」と呼ばれるまでに回復して、もはや長期欠場をしていたことさえも忘れるほどですからね。

 脳梗塞は橋本がそれで斃れましたから。

 小橋は内臓の病気だったということで、人間の生命活動に絶対必要な器官を、左右一対で一つでも生命維持可能とは言え、通常であれば日常生活にさえ支障をきたすようなところからのプロレス復帰ですからまさにとんでもない。

 とんでもなくグレートでブッ飛びです。

 きっと、半年もしたらそんな悲壮な状態も忘れてしまうほど元気に活躍をしているのでしょうね。小橋のことですから。

 私は何も、絶対王者時代の小橋に戻らなくても良いと考えています。

 ヒザで長期欠場する以前の小橋は、絶対王者ではありませんでしたけれど、ヒザ手術の時も不可能だと言われた状態から復帰し、絶対王者に君臨しましたから。ずっと何年間も小橋は「プロレス界の最後の砦」「プロレス界の至宝」であることに間違いありません。

 新しい小橋がどんな小橋になるのか、それが楽しみで仕方ない。どんな生き様で、私を突き動かしてくれるのか、楽しみで仕方ないのです。

 勝敗の結果だけを追っている段階では辿りつけない、けれどもそれを通過しなければたどり着くことなど一生できないのであろうひとつの「高み」に、小橋は、小橋のプロレスは到達しましたよね。 

 西村が暴走してしまった今、小橋がそのうち「プロレス聖人」とでも呼ばれて行きそうな予感です。

 「見ている者の涙が流れる命懸けのプロレス」を小橋は若い頃からずっと常に続けて来たからこそ、小橋は私の中の不動の絶対王者なのです。
  1. 2007/12/09(日) 17:37:26 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

小橋も、高山も・・・。そして、森嶋も・・・

”ヘビー級パワーファイター”であるが故の”強靭さ”が、”病魔”に冒されながらも”死の淵”から生還させるのでしょうね。橋本に関しては・・・正直”無念”としか言えませんが(悲)

高山が”脳梗塞”を患い、そして小橋が”腎臓癌”を患いました。”怪我”と違って、”脳”もしくは”内臓”の病気にかかってしまった訳ですから、体の”一部”だけでなく、”全体”に関わってくる訳じゃないですか。”怪我”から復帰するレスラーは数多いれど、”重病”から復帰できるレスラーなんてそうはめったにはいないと思います。あの鶴田でさえ”完全復帰”をする事はとうとう出来なかったんですから。

やはり、これは”ヘビー級トップレスラー”だからこそなせる業なのでしょうね。もし、丸藤やKENTAがこのような”病気”にかかったとしたら、小橋や高山のような”復活劇”を起こせるとはとても思えません。いくら彼らが”Jr”の体で”ヘビー級”を圧倒する事ができるとしても、元が小さい彼らには、正直あそこまでの”強靭さ”、”耐久性”があるとはとても思えません。だからこそ、僕は彼らが”ヘビー級”を飛び越えて”最強”なんて言われたりする事には非常に”違和感”を感じるんです。

でも、その事を、奇しくも小橋の”復帰”した12.02、武道館大会における”セミファイナル”の試合で証明した男がいました。その名は・・・森嶋猛。確かに、”序盤”から丸藤は”俊敏”且つ”トリッキー”な動きで終始森嶋を翻弄し続けました。されど、やはり体格が”二回り”ほど違う森嶋がそう何度も丸藤の技で倒れる訳がないんです。

”トラースキック”だって”3発”喰らえば”4発目”は立ったままこらえてしまうし、”丸め込み”だって慣れればそのまま耐えて反対に”ヒップドロップ”で押しつぶしてしまいます。

それでも、”天才”丸藤は、”風車の理論”を応用した”大技”で森嶋を何度も窮地に追い込んでいるし、彼もまた、”体格”の割りに”打たれ強さ”もありますから、倒されてもまたスクッと立ち上がってすかさず”攻撃”を仕掛けるんですよね。正直”しぶとい”です。そして”小うるさい”です。

でも、そんな小ざかしすぎる丸藤に対して、終盤とうとう森嶋が本気でぶち切れてしまいました。そう、まるでかつてのスタン・ハンセンのように・・・。こうなると、もはや誰も止められないような”猛攻撃”を丸藤に対して仕掛けてしまいます。もはや”理性”などなく、”本能のみ”で暴れまくっていました。

そこまで行くと、さしもの”天才”でさえ、冷静に対処する事がもはや出来ません。”ヘビー級レスラーの真の強さ”ってこういった部分にこそ現れるんですよね。森嶋も、ようやくこういった戦いが出来るようになりましたね。これは”ROHヘビー級王者”になった事による”自信”と”貫禄”によるものでしょう。

いくら”Jrヘビー”の枠を超えた”天才レスラー”であっても、ヘビー級レスラーの”規格外”の枠をそう簡単には超えられるものではありませんし、また超えてはいけないんですよね。そういった”高い壁”を築く事が出来てこそ、一人前の”ヘビー級トップレスラー”となるのではないでしょうか。それが出来れば、その内”病気”にも打ち勝つ事ができてしまうのでしょうね。
  1. 2007/12/13(木) 22:10:06 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/465-d26994f7

小橋が帰ってきました!

 豪腕でいて絶対王者の小橋健太が腎臓ガン(関連記事)を克服して帰ってきました。友人からスポーツうるぐすでの特集があるとの情報を入手していたので、録画してチェックしま...
  1. 2007/12/11(火) 13:54:28 |
  2. 日刊H.T

スーパーpsy野神

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。