コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本日の新日本、両国大会結果

【10.07、両国国技館大会】
〈観衆〉7,800人

(IWGPヘビー級選手権)
○棚橋(挑戦者)(31分05秒 ハイフライフロー→片エビ固め)永田(王者)●
※棚橋が第47代IWGPヘビー級王者に!

(IWGPJrヘビー級選手権)
○田口(王者)(17分37秒 どどん→エビ固め)稔(挑戦者)●
※田口が3度目の防衛に成功!

(スペシャルシングルマッチ)
○後藤(洋)(18分05秒 昇天→片エビ固め)天山●

(G.B.H.遺恨清算マッチ)
○真壁(10分22秒 トップロープからのキングコングニードロップ→片エビ固め)越中●

・・・etc

新日本は、本格的に”世代交代”の時期に入ったようですね。まず、”IWGPヘビー級選手権”では今年の”G1覇者”である棚橋が永田を破って”王者”に返り咲き、”IWGPJrヘビー級選手権”では田口が実るを破ってタイトル防衛、更に凱旋した後藤洋央紀がなんと天山を下し、真壁はかつてのG.B.H.における盟友だった越中との”遺恨マッチ”を制しています。これにて、新日本は本当の意味での”新時代”の扉を開けたと言ってもいいでしょう。

次は、”ヘビー”では今回勝利した棚橋、真壁、後藤、そして中邑や山本を含めて新たな”展開”を築いていって欲しいです。田口はこのまま”新日Jr絶対王者”となって、更に”ヘビー超え”にも挑戦するのか? いずれにしても、新日の場合は本来”トップ”に立っていなければならない”第三世代”に事実上”レジェンドレスラー”が現れなかった事によって、逆に”新陳代謝”がしやすかったのでしょうね。その点、NOAHはちょっと煮え切らなくなっていますね(というか、一応丸藤エース路線で行くのでしょうけど、なんか無理がある感じもします(汗))。

あとは、最近日増しに”説得力”を付けている棚橋が”本物の王者”、”真のエース”になれる事を祈るのみです!
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2007/10/08(月) 21:53:09|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3
<<亀田大毅惨敗!! &追放!? | ホーム | NOAH、9.29、武道館大会結果>>

コメント

これが新日本のタイトルマッチだ!

今朝、昨日の「ワープロ」の放送を見ました。そこで、永田VS棚橋の”IWGPヘビー級選手権”が放送されていました。最近徐々にかつての勢いを取り戻しつつある新日本ですが、この試合はまさに”新日本らしいタイトルマッチ”だったと思います。

お互いに”小細工”なしの「やるか、やられるか」の戦いでしたね。お互いの”技”の一つ一つに”説得力”があり、大技喰らっても這い上がる”意地”みたいなものも両者から感じられました。

永田の”打撃”、”バックドロップ”には普段以上の”重み”を感じましたし、序盤に棚橋に仕掛けた”永田ロックⅡ”の反り具合たるや、まさに”本気”だな、と思いました。棚橋のスープレックスやスウィングブレイドにも”重み”を感じましたし、何と言っても永田の”キック”をかわし、更にその後に仕掛けた”ハイキック”をも交わしてうつぶせ状態になった永田の足を掴んで強引に決めた”ドラゴンスクリュー”はとてもえげつなかったし、そこから仕掛けた”テキサスクローバーホールド”も新たな”引き出し”として非情によかったと思います。

そして、最後は渾身の”ハイフライフロー”によるピンフォール! 試合の”パターン”が確立した上”技”の説得力が増した棚橋は、堂々と”新日エース”を名乗れると思います。

あとは、現在事実上新日本を動かしているといっても過言ではない真壁との”抗争”は避けられなくなるでしょうし、”凱旋”後いきなり天山から勝利を奪った後藤洋央紀がいきなり”タイトル挑戦”を表明し、11.11に両国国技館において”IWGP戦”が決定いたしました。猪木や上井がいた頃の新日では考えられなかった光景です。あと、中邑真輔の動向が気になります。復帰後”棚橋越え”を果たすのか? それとも”総合転向”をするのか?
  1. 2007/10/14(日) 11:23:34 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

早く後藤の試合を見たい!

 >永田vs棚橋

 面白い試合でした!
 しかし、試合を作っていたのは紛れも無く永田だったと思うのです。

 棚橋に求められるのは、妙に小奇麗に試合をまとめようとするのではなくて、この試合のような良い意味での強引さを誰を相手にしたときでも出せるようにすることだと思うのです。

 棚橋は「天才」と呼ばれて勘違いしている部分があると思うのですが、元祖天才・武藤のように相手を手の平で転がすような圧倒的な実力を持っていません。それなのに小手先で試合を転がそうとするからちぐはぐでファンの支持を得られないプロレスになってしまうんだと思っています。

 でも、今後が楽しみなレスラーになってきたのは間違いありません。

 そういう棚橋に足りない物を全部持ってる後藤洋の試合を早く見てみたい(北海道では来週放送予定!)!!
  1. 2007/10/21(日) 07:33:53 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

その後藤の試合は・・・

今朝ほど昨日の録画ビデオを見ましたが、”壮絶”な試合でした。

前半に天山に鉄柱攻撃をされた後藤は顔面血だるまになりながらも、天山のめったに見せない?”非情”な攻撃をも何とか耐え抜き、本来”Jrヘビー”だった名残か”柔軟性”も兼ね備えている後藤は、中西みたいに”アナコンダバイス”でつかまる事もなく、しかも”ウェート”が増えた分”ニールキック”にも”重み”を感じましたし、そして、彼の”十八番”である”昇天”は、丸藤の”十八番”である”ポールシフト”よりも遥に”説得力”を感じます。

”風貌”からすると、凱旋した時の中邑とかぶる部分はありますが、”中身”が中邑と違ってちゃんと伴っているから、今後が非常に楽しみですね。やはり、新日本で”トップ”に立つには、”エリート”よりも真壁もそうですが一度”どん底”を味わった者こそ得られるのではないでしょうか。
  1. 2007/10/21(日) 09:27:52 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/450-494fa944

新日本の絶対王者になれるのか!(永田vs棚橋)

 本州での放送から遅れること一週間。 10月8日のIWGP戦「永田vs棚橋」の放送を見た。 4月のニュージャパンカップで優勝した勢いで棚橋からIWGPを奪取し、人気爆発。その...
  1. 2007/10/21(日) 07:34:30 |
  2. フクフク丸のあずましいblog

スーパーpsy野神

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。