コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

心臓に宿る記憶

昨日、日テレ系の「唐沢寿明presents記憶のチカラⅡ」をチラッと見たのですが、そこで心臓移植をした女性に心臓のドナーの”記憶”が宿っていた、という不思議な体験談がありました。
心臓病をわずらった女性が、ある事件に巻きこまれ”脳死”となった男性の心臓を移植したのですが、その女性が意識を取り戻したとたん、何故か物凄い”怒り”が立ち込めたそうです。しかし、それは彼女自身には全く覚えのない事なのです。その後、夢の中で何故か自分が”少年”になっていて野球を楽しんでいる夢を見たそうです、それも彼女には全く関係がありません。それから、それまで嫌いだった”メキシコ料理”が無性に食べたくなり、いつしかあるメキシコ料理店の”常連客”にもなったとか。
そして、とある道路を車で運転している時、前に走っている救急車を見たとたん、そこである”記憶”が蘇ったそうです。それは、ある男性が友人と夜道を歩いていると、チンピラ風の連中に絡まれ、そして彼が殴られた際に打ち所が悪く、そのまま”脳死状態”になったそうです。それが、心臓移植をした女性の心臓の”ドナー”だったんです! 彼女が意識を取り戻した際に、急に”怒り”が込み上げたのは、その”ドナー”がチンピラに絡まれ殺された事への”恨み”がそこでこみ上げたのでは?という話です。

他にも、こういった”事例”は何件かあるそうです。通常、”記憶”という機能は脳によって行われる訳ですが、心臓にも”記憶”というものがあった訳ですよ。何故、こんな事が起こるのか!? 学者の研究によれば、一つは”記憶物質”が脳と心臓を常に行き来していて、そこで心臓にも”記憶データ”が蓄積されていた、とする説、心臓にも”記憶神経”のようなものが存在する、という説、などが問われているそうです。
しかし、ちょっと引っかかったのが、唐沢寿明のセリフで「まるで魂みたいだ!」という一言! もしかすると、その”魂”というのがこの”記憶”と何か関係があるのではないか?と僕は個人的に感じました。

このような現象を”科学”という分野で”解析”する際には、当然”心霊現象”なんてものは”皆無の存在”として研究するのは当たり前! しかし、ひとたびそこへ”心霊”という言葉を持ち出してしまうと、何か違った”解析”が出来るように思えるんですよ。もし、全ての”生命体”の”実態”が所謂”霊体”であって、”肉体”はあくまでも”物質”によって作られた物、とすると、生物の行動、機能を実質司っているのが”霊体”である、とするならば、その時点で”記憶”のメカニズムは解明されてしまうのではなかろうか? ”脳”はあくまでも自動車で言う所の”エンジン”のようなものであって、それを動かす”エネルギー”が別に存在する、としたらどうでしょう? となると、”記憶物質”なるものそのものが実は”霊体(霊的エネルギー)”なのではないのだろうか? ”神経”と呼ばれるものは、”脳”事実上支配する”霊体”が肉体の各種部に”指令”を発する為の”回路”として機能している、という考え方も出来るのでは?と思います。

いずれにしても、生物の体の中で最も”重要”な役割をしているのが”脳”と”心臓”であり、それを事実上動かしているのが”霊体(霊的エネルギー)”だとしたら、心臓に死者の”記憶”が残っていても何ら不思議では内容に思います。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/26(日) 11:40:25|
  2. 超常現象、謎学|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:4
<<とうとう決定、「W-1」! | ホーム | 壊れ行く子供達>>

コメント

私も見ました

はじめまして。その番組は私も見ました。霊魂と考えるのも面白いですね。私が小学生のときの同級生に輸血をして、それまでストレートだった髪がチョー天然になって、女の子なのにいきなり手が毛深くなったという人がいました。これって遺伝子レベルで体質が変わっちゃったってことですよね。遺伝子の記憶なんてのもあるのかなあなどと思ってしまいました。
  1. 2005/06/26(日) 20:50:48 |
  2. URL |
  3. 吉野健志 #-
  4. [ 編集]

どうも・・・

吉野氏はじめまして。”遺伝子”の記憶というのもあるかもしれませんね。そもそも、その”遺伝子”のメカニズム自体が今の”現代科学”では完全には解明されていないはずですからね。

まぁ、安易に”霊魂”という言葉を出さない方が良いのでしょうけど、いずれにしても人間ひいては多くの生物にはそれらを”真”の意味で司っている何らかの”力”が働いている事は間違いないと思います。
  1. 2005/06/26(日) 20:59:20 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

 熱い血潮に記憶は宿ると思います。

 臓器という物質もさることながら、やはり魂を伝達するのは液体がイメージ的にも相応しいかなと。

 血じゃないですかね。

 ホルモンバランスとか、伝達物質とか色々あるでしょうし。
  1. 2005/06/27(月) 15:47:08 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

血ですか。

確かに、心臓は”血”とは切っても切り離せない臓器ですからね。そうなると、その”記憶”の”鍵”を握るのは”血液”である可能性は高いでしょう。

そして、その血液の”遺伝子”に”記憶”をインプットさせる為の直接的な”エネルギー”が”霊的エネルギー”と関係しているのではないか?と僕は考えております。
  1. 2005/06/28(火) 04:55:14 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/45-e2ae71c0

記憶のチカラⅡをみた。残り2ヶ月間へのヒント

昨夜、記憶のチカラⅡをみた。先日6月23日のボクの記事で、「記憶力の低下に苦しむ」を掲載したが、相変わらず同じ事で苦しんでいるため、何かのヒントになれば!と思い、見ることとした。超人並の記憶力を持つ人たちが紹介されて、どれもこれも、「へぇぇ!これは凄い!
  1. 2005/06/26(日) 14:07:28 |
  2. 資格取得とその後の人生について考えるブログ

フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ

フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ ジャンル:メキシカン予算@¥5,000~¥7,000「新宿や町田、都内某所で演奏している外国人5組はメキシコ人じゃねぇ!民族音楽のCDを売っているペルー人だ!」という、絶対にメキシコ人をペルー人と混同したくない勝負師にオススメする
  1. 2005/06/30(木) 15:24:56 |
  2. 今宵の勝負レストラン

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。