コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

NOAH、9.29、武道館大会結果

【9.29、武道館大会】
〈観衆〉4,200人

(GHCヘビー級選手権)
○三沢(王者)(26分28秒 変型エメラルドフロウジョン → 体固め)丸藤(挑戦者)●
※三沢が5度目の防衛に成功!

(GHCJrタッグ選手権)
○鼓太郎、マルビン(王者組)(18分37秒 高角度前方回転落とし固め)土井、堀口●(挑戦者組)
※鼓太郎&マルビン組が5度目の防衛に成功!

やはり、三沢の”ガチ攻撃”は侮れない! エプロンから場外への”タイガースープレックス”、トップロープからの”エルボースイシーダ”、(丸藤が)”不知火”を狙った所を切り返しての”ヘッドロック”、そして、トップロープから”タイガードライバー?”を狙ったのが崩れて脳天から落ちた時はマジやばかったです(怖) いくら”天才”とはいえ、こういった”鬼の側面”を潜めた三沢相手にそう簡単には勝てなかったのでしょう。いや、これこそ”ヘビー級レスラー”の”醍醐味”なんです! これが本当の意味でのプロレスの”真価”であり、”ヘビー級レスラー”たるものは、ただ体がでかいだけじゃなくて、こういった”恐ろしい素顔”がなければ”トップ”に立てないんだ、という事を改めて三沢が教えてくれた気がします。

森嶋も確かに”成長”が伺えるのは事実だし、昨日の放送における”6人タッグマッチ”を見てもKENTAを仕留めた”バックドロップ”には更なる”磨き”もかかっているし、確かに”迫力”は感じるのは事実なんですが、もっと何か”魔性”のような内からにじみ出てくるような”殺気”というか”戦慄”みたいなものがまだ伝わってこない気がするんです。三沢をはじめ、小橋、秋山、高山ら”主力クラス”の選手にはそういったものがヒシヒシと伝わってきます。そこら辺が”Jr”に超えられてしまう要因なんでしょう。かつての猪木、長州、天龍、前田、それから橋本にもこの”殺気”がありましたよね。中西がとうとう”トップ”に立てないまま”脇”に追いやられてしまったのもそのせいだと思います。永田は何とか”殺気”を感じられるようになりましたし、真壁はむしろそれを引き出すのが上手くなりましたから、今の新日は”いい方向”へ向かっているのですが、NOAHの方は少なくとも”ヘビー級新世代”にそれを感じる選手がまだいるとは思えません。

まぁ、次の三沢の”挑戦者”は、”ROHエース格”のサモア・ジョーなので非常に楽しみです。その”ROHつながり”で何とか森嶋が”タイトル挑戦”に漕ぎ着ければ、それこそ本当の意味での”世代交代”のチャンスです! それまでに森嶋は”真の戦慄”を身につける必要があると思います。

”Jrタッグ”の方ですが、鼓太郎&マルビンは「しょっぱい!」とかいろいろ言われながらも気が付いたら”V5”を達成してますね。それだけ”タッグチーム”としてはバランスが取れている、という事なのでしょう。しかし、もし次の”挑戦者”が金丸&KENTA組だったら・・・。かなり厳しいでしょうね(汗)

ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2007/10/01(月) 22:51:49|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<本日の新日本、両国大会結果 | ホーム | K-1 WORLD GP 2007 開幕戦結果>>

コメント

時代は簡単に動かない。だからこそ!

 三沢、危なかったですね。
 いえ、やられそうで危ないのではなくて、丸藤を壊しそうで危なかった。

 三沢を超えるということは、必然的にプロレス界を背負って立つという見方をファンからされるわけですから、そういう「覚悟」をするか、あるいはそういう自分にとっての雑音を全く「意に介さない」か、どちらかの性質が求められるということでしょうね。

 三沢の性質は「意に介さない」だと思うのです。
 ベビーフェイスのレスラーの試合じゃないですよね。鬼三沢の試合は。
 でも、ファンは熱狂し、なぜか三沢の立ち位置はいつでもベビーフェイスです。

 性格的な問題もあるでしょうけれど、丸藤はまだ格好付けている余裕がある分、それが弱さになっているのだと再認識できる試合でした。

 なりふり構わず!は言うのは簡単ですが、やはり人間は後々の自分の評価とかを無意識に打算してしまいますからね。
 実は他人の目なんてそんなに厳しい目で自分を見てはいないんですけれどもね。
  1. 2007/10/03(水) 06:33:12 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

”正義”と”悪”を超えた存在

要するに、”真のカリスマ”は”正義”とか”悪”とかいう枠を遥に超えた存在なんだと思います。

猪木にしたって、”人間的?”にも”ファイトスタイル”的にもどちらかと言えば”ヒール”だと思います。されど、観客全てが彼を”絶対的ベビーフェイス”とし、”絶対的ヒーロー”として声援を送っていました。現在のそういった存在が三沢なんだと思います。

棚橋にしても、丸藤にしても、かつての藤波や佐山タイガーのように変に「僕はベビーフェイスですよ。」と言わんばかりの”キャラ”と”ファイトスタイル”を持っているために、それがかえって”あだ”となっている部分もあると思います。更に、丸藤に到っては、やはり”体格的”に考えてもいくら”天才”とはいえ”限界”があるのも事実です。”体力”が仮に三沢よりあったとしても”体格的ハンディ”は派手な業の多い”プロレス”においてはどうしても付きまとってしまう問題だと思います。

それに、三沢はいくら”体力面”が衰えていても”精神的熟練”が”完成”されていますから、そんな人間を怒らせたらそこからその”魂”が”荒ぶる神”と化すのは必定! 精神的な”余裕”と”忍耐力”、そして”執念”。それらを極めた人間に、いくら”天才”と言えど”体格的”に劣っている人間がそう簡単に勝てるはずがないのも事実。

かつて、三沢も”Jrヘビー”の時代がありましたが、その当時の全日本の”階級規定”はかなり曖昧だったため、実際当時の三沢(二代目タイガー)は、身長186cm、体重105kgと立派な”ヘビー級選手”だったんですよ。されど、丸藤は身長176cm、体重93kgといくら体重が増えたとはいえまだまだ”Jrヘビー”のままなんです(悲) これ以上体重を増やしたら、おそらく今までのような動きは出来なくなると思います。すなわち、いくら三沢が”Jr”から”ヘビー”に転向する事が出来たからと言って、丸藤の場合は明らかに無理があり過ぎるんですよ。

もっとも、今や”ウェート”や”階級”なんてあまり関係ないのかもしれませんけど、単なる”体重差”だけじゃなくて、もっと”内面的”に蓄積された”何か”に磨きのかかった人を相手にするには”技術”、スピード”、そして”インサイドワーク”だけではやはり”限度”があるのだと思います。
  1. 2007/10/04(木) 23:05:47 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/449-5924f71a

三沢賛歌は「覚悟」の賛歌

 GHCヘビー級選手権試合「三沢vs丸藤」のテレビ放送を見た。 なんだか違和感を感じたのは、解説者が不在だったからなのだろう。 日テレの菅谷アナの実況だけでは物足り...
  1. 2007/10/03(水) 06:17:16 |
  2. フクフク丸のあずましいblog

スーパーpsy野神

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。