コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本日のNOAH武道館大会結果

【SUMER NAVIGATION '07 最終戦】
〈日程〉7月15日
〈会場〉日本武道館
〈観衆〉14,600人

(GHCヘビー級選手権)
○三沢(王者)(16分44秒 変形エメラルドフロウジョン → 体固め)田上(挑戦者)● 
※三沢が4度目の防衛に成功!

(GHCタッグ級選手権)
秋山、力皇○(王者組)(27分11秒 変形無双 → 体固め)志賀、川畑●(挑戦者組) 
※秋山&力皇組が3度目の防衛!

(日テレ杯争奪Jrヘビー級タッグリーグ戦公式戦)
△鼓太郎、マルビン(6点)(30分00秒 時間切れ引き分け)ジェイ、マーク(ブリスコ兄弟)(6点)△

(日テレ杯争奪Jrヘビー級タッグリーグ戦公式戦)
○KENTA、石森(7点)(21分43秒 go 2 sleep → 片エビ固め)丸藤、飯伏●(6点)
※KENTA&石森組が日テレ杯争奪Jrヘビー級タッグリーグ戦公式戦優勝! 

”GHCヘビー”は、三沢が”同年代”の田上を破り”V4”達成! ”GHCタッグ”は、秋山&谷口組を破って”GHC白ベルト”を防衛し、”GHCタッグ挑戦権”を獲得した志賀&川畑ですが、やはり”黒ベルト”の壁は高すぎたかな?

”Jrタッグリーグ戦”の方は、やはり丸藤&飯伏組、KENTA&石森組、鼓太郎&マルビン組、ブリスコ兄弟が残り、誰が制してもおかしくない中KENTA&石森組が今大会の”初代優勝者”となりました。それにしても、ここの所の”リーグ戦”が最初にくすぶっていた選手が”優勝”する、といったケースが多いですね。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2007/07/15(日) 22:44:06|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<”プロレスの神様”、カール・ゴッチ死去! | ホーム | 「G1 CLIMAX 2007」に曙参戦!?>>

コメント

自力とマイク

 NOAH中継ではジュニアタッグリーグの2試合が放送されてましたが、飯伏の光はとんでもないですね。あの選手、多分直接的な勝ち星は挙げて無いんでしょうけど、会場を沸かせる素晴らしい選手ですね。NOAHに続けて来てくれないかな。

 飯伏の運動神経も然ることながら、一番最後にフラフラ状態でKENTAに力が入らなくても張り手を連発して行った根性が好きです。自力に勝るKENTAがねじ伏せましたが、ああいうスマートでありながら、最後の最後でハングリーなのをリングで表現できるレスラーってほとんどいなくなっちゃいましたから。

 一方、鼓太郎・マルビン組の試合は、KENTAがマイクで言ったとおり「しょっぱい試合」でした。技の攻防はあっても感情が交錯していない・・・その上にクライマックスでレフェリー失神の不透明な引き分け。
 ブリスコブラザーズという、つかみどこのない相手だったというのも不運と言えば不運なのでしょうけれど、それでも何かを見ている者の心に残すような試合をして欲しいものです。特に鼓太郎には。

 テレビで放送された映像だけを頼りに見ていると、丸藤とKENTAがやはり自力の時点で図抜けた存在であるということが如実に見えたリーグ戦だったのだと、表彰式のKENTAのマイクパフォーマンスが冷静かつ的を射ていて納得し、役者の違いを見せ付けられた形でこのリーグ戦は幕を閉じたのだと見ています。
  1. 2007/07/17(火) 05:12:42 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

鼓太郎の前に立ちはだかる大きな壁

やはり、いくら鼓太郎が”ムシキング・テリー”として”シングル”、”鈴木鼓太郎”として”タッグ”の”二冠王”だとしても、所詮はかつての”新日Jr”の”二冠王”だったザ・コブラ(ジョージ高野)のように”つなぎ”で仕方なく”エース”に座らされている、というイメージが拭えないのは事実です。いや、今の”新日Jr”におけるタイガーマスクにも近いかもしれません。

確かに、”テクニック”、”スピード”の面では申し分ないんですが、今ひとつ観客の方へ”感情”が伝わってこないのは上記の2選手に通じる所だと思います。やはり、”真のエース”というものは、”強さ”、”巧さ”以上の”+α”が必要なんです。そういった意味で、丸藤やKENTAに比べるとそういった部分において”歴然たる差”があるのは確かでしょう。

丸藤やKENTAは、自分よりも”一回り”も”二回り”も大きい”ヘビー級”の選手と何度も戦う事によって、やがて彼らと”互角の試合”を行うまでに成長したのに、鼓太郎はあくまでも”Jr”の中だけでしか活躍していません。更に言えば、”NOAHヘビー級次代のエース”である潮崎ですら丸藤やKENTAは未だに”壁”であるのに対して、今の鼓太郎はおそらく潮崎には簡単に負けてしまうような気がしてなりません。

やはり、今の鼓太郎は”スピード”と”テクニック”はあっても、正直”強さ”には今ひとつ”説得力”がないし、やはりまだまだ”感情移入”出来ないんですよね。”シングルベルト”獲るにも”覆面”かぶらなきゃ獲れない訳だし、正直彼が本気で高岩に勝ったとはどうしても思えないのは事実。いずれにしても”創られた王者”と言わざるを得ないですね。

まぁ、今度の”GHCタッグ選手権”でその”格の違い”を大いに見せつけられる事でしょう。それを機に大きく成長してもらいたいですね。
  1. 2007/07/19(木) 22:18:27 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/431-68806c69

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。