コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

未知の強豪

かつて、”日本プロレス界”が”外人天国”だった頃、数多くの”未知の強豪”が来日しました。アンドレ・ザ・ジャイアント、スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディ、ハルク・ホーガン、それからビッグバン・ベイダー、スティーブ・ウィリアムス、スコット・ノートンらはもとより、バスを引っ張った事で有名な”密林男”グレート・アントニオや、”ヨーロッパ最強の男”と呼ばれ猪木と”好勝負”を繰り広げたローランド・ボック辺りもそうでしょう。

そして、事実上”外人不毛”となった現在。そこに新たな”息吹”が芽生えようとしています。その名は・・・ハーリー”ブルドッグ”スミス。カナダ、アルバータ州カルガリー出身で、あの従兄弟であるダイナマイト・キッドとの”名タッグチーム””ブリティッシュ・ブルドッグス”で、”WWF世界タッグ王者”に君臨するなど一斉風靡した今は亡きデイビーボーイ・スミスの息子で、身長195cm、体重115kgというまさに”未知の強豪”といわんばかりの恵まれた体格を持ち、現在カルガリーのジョー大剛氏のジムに所属し、”WWE入り”を蹴ってまで”新日本マット”で華々しい”デビュー”を飾りました。

しかし、”初来日”のシリーズでは、途中”怪我”により帰国してしまい、その次に来日した先だっての「IWGP・U-30無差別級王者決定リーグ戦」では、勝ち星”4点”という無残な成績に終わり、その中で”新日若手有力株”である棚橋、矢野、ウルフに立て続けに負けてしまったため、”未知の強豪”と呼ぶにはいささか不甲斐ない”結果”を出してしまったのは確か。逆にいえば、まだまだ”未熟”な状態にいるのは確かでしょう。これでは中邑と同じで、無理やり売り出そうとした結果が”裏目”に出てしまったのは確かでしょう。

そもそも、”外人選手”の場合は常に米国メジャープロレス団体”WWE”の”影”がちらついている為、それだけ早いうちに日本で”有名”にしよう、という”新日サイド”の”焦り”は当然のごとくあるでしょう。でも、現時点ではまだまだ”ウドの大木”である事は否定出来ないでしょう。

とにかく、もう少し”熟練”させてから、”新日マット”で一躍”有名”になってもらいたいものですが、その前にWWEに行かれては元も子もないですからね。WWEに引き抜かれる前に、日本マットにおいて”トップ外人”として名を轟かしていただく事を是非とも期待したいレスラーです! もう一度、あの頃の”夢”と”幻想”を”復活”させて欲しい!!
プロレス、格闘技の”掲示板”はこちらに!

娯楽談話室
スポンサーサイト
  1. 2005/06/24(金) 21:56:49|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<壊れ行く子供達 | ホーム | 歴史ミステリー④ 肖像画の謎>>

コメント

TBありがとうございます。

ホンマに今、外人が全く駄目ですなぁ。
ハンセン・ブロディやホーガン、アンドレ!
シンにブッチャーやウォリアーズ!
ホンマ、テレビで新日・全日の次期シリーズの予告なんてドキドキしながら見ていたのが懐かしいです!

あと、無名・有名問わずエース外人に育てたいならば、センセーショナルな売り出し方をもっと各団体工夫するべきでしょうね。
無名なら尚更でしょう。
古くはコワルスキーにビンタかまして登場したデストロイヤー(当然見てまへんが)や
いきなり小鉄を襲ったシン。ハンディキャップマッチでキングコングぶりをアピールしたブロディ。そして、いきなり猪木を秒殺したベイダーetc・・・。

そういった意味でも、スミスJRも体格的には充分ですが、売り出し方については全く工夫がなされていないように思えてなりません。
寄せ集めのトーナメントに外人という色をつけただけではないのかと思ってしまいます・・・。
それに対して全日本のバーナードJrの売り出し方はウマイように感じますね。

スミマセン・・長々と。



  1. 2005/06/27(月) 11:24:36 |
  2. URL |
  3. 菊千代 #-
  4. [ 編集]

菊千代氏、ようこそ!

確かに、今の団体(特に新日は)は外人の”売り出し方”が下手なのは事実! 昔だったら、その為に何か”インパクト”を残すような”仕掛け”を必ずやっていたはず。だから、「次期シリーズ外人紹介」の時は常に”ワクワク、ドキドキ”していました。

ハーリー・スミスの場合は、”サラブレッド”であると同時にあれだけの恵まれた”肉体”を持ってるんだから、”即席トーナメント?”で”噛ませ犬”にさせちゃいかんでしょう(苦笑) そういった意味では、全日のROD”や”ブードゥー・マーダース”の方が、それがちゃんと出来ていると思います。

やはり、”大型外人”であれば、まずは観客を「あっ!」と驚かせるような強烈な”インパクト”を植え付けなければ、”売り出し”は厳しいと思います。
  1. 2005/06/28(火) 05:18:15 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/43-c21c6fcf

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。