コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新日本、7.06、後楽園大会結果

【NEW JAPAN SOUL C.T.U FAREWELL TOUR開幕戦】
〈日程〉7月6日
〈会場〉後楽園ホール
〈観衆〉2,025人(超満員札止め)

(IWGPヘビー級選手権)
○永田(王者)(19分31秒 バックドロップ→片エビ固め)真壁(挑戦者)●
※永田が2度目の防衛に成功!

(IWGPJrヘビー級選手権)
○田口(挑戦者)(18分47秒 どどん→片エビ固め)稔(王者)● 
※田口が第52代IWGPJrヘビー級王者となる!

(IWGPJrタッグ選手権)
○TAKA、東郷(王者組)(11分40秒 みちのくドライバーII→片エビ固め)金本、井上●(挑戦者組) 
※TAKA&東郷組が初防衛に成功!

(棚橋弘至復帰戦)
○中邑、バーナード、トムコ(14分16秒 ランドスライド→片エビ固め)棚橋、中西、山本●

(蝶野正洋復帰戦)
○蝶野、ジョーダン、ミラノ(10分11秒 シャイニングケンカキック→体固め)天山、石井、本間● 

・・・etc 

いやぁ、改めて観に行きたかったこの大会(泣) 相変わらず、忙しいので結局最寄り駅の一つ手前の駅の前の居酒屋で飲んで帰りました(悲)

”IWGPヘビー戦”は、予想通り永田の”勝利”でしたが、中身は物凄かったみたいですね。両者”血みどろ”の闘争となり、最後は永田の渾身の”バックドロップ2連発”で堂々の”V2”を飾りました。今の新日を最も盛り上げている2人だけに、今夜の放送(おそらく明日録画ビデオを見ることになるが)が凄く楽しみです。

”IWGPJrタイトル戦”が”シングル”と”タッグ”の両方ありましたが、まず”タッグ”の方は金本&井上ベルト奪回ならず!(残念) 井上も前回の「BEST OF THE SUPER Jr」では、終始”1位”の状態で”決勝進出”を果たすも後一歩の所で”優勝”を逃してしまい、今回もTAKAに敗れてしまいましたね(哀) どうも、井上は最終的な”詰め”が甘い、というか、もう少し”クセ”我欲しいところですね。
一方、後輩の田口は”シングル”のベルトを稔から奪取しましたね! ますます”乗り”に乗っており、”個性”を充分に発揮している田口だからこそ、井上が果たせなかった”世代交代”を見事なし遂げる事ができたのでしょう。そして、彼の所属する”サムライジム”の看板を取り戻す事も出来ました。いずれにしても、これを機に”新日Jr”は”何か”が変わると思います!

”シリーズ開幕戦”でいきなり”3タイトルマッチ”をやってしまう、今の新日の”勢い”に今後も期待していきたいと思います。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2007/07/07(土) 10:16:39|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<「G1 CLIMAX 2007」に曙参戦!? | ホーム | NOAH、「日テレ杯争奪Jrヘビー級タッグリーグ戦」開幕>>

コメント

永田VS真壁戦の放送

来週のようです(汗) ここら辺が、「ワープロ」はNOAHと違って”タイムリー”じゃないの所に”やる気”を感じないんですよね(呆)

せっかく、今新日本は”盛り上がり”を見せてるんだから、辺に内容を引っ張ったり、番組を中止して訳のわからない番組を入れるんじゃなくて、そろそろ本格的に”プロレス中継”にも本腰を入れて欲しい!
  1. 2007/07/08(日) 10:37:10 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

昨日の「ワールドプロレスリング」

やはり、”疲れ”と”二日酔い”のせいで、ビデオをまともに見れなかったので、結局2度見てしまいましたが、かつての新日本のプロレスとは少し勝手が違うものの、まさに”ど真ん中プロレス”でしたね。やはり、こういった試合こそ”プロレスの真骨頂”なのかもしれません。というか、”プロレス”でしか出来ない試合である事は確かでしょうね。

真壁に”ハサミ”で額を切られ、血みどろになった永田が久しぶりに”本気”になりました。キレた永田は、真壁をコーナーに追い込むとこめかみ目掛けて”エルボー”を思いっきり放ち、それによって真壁は大流血。真壁の動きは大幅に鈍ったものの、それでも立ち上がる真壁の執念はまさに”雑草魂”だと思います。

”血みどろ”になりながら、蹴られても、投げれらてもなおも起き上がる真壁。しかし、最後は”バックドロップ”に沈んでしまいました。その後、なんと真壁は”麻酔”なしで額を7針縫い、2日後の試合には出場したそうです。

まぁ、”ヤラセ”云々いう声がまだまだ”雑誌”等でもあるようですが(大体この手の雑誌にはミスター高橋を筆頭とした”プロレス界”をホされた人が関与しているようですが)、もし、これらが”ヤラセ”ではなく”本当”だとしたら、やはり”プロレスラー”は凄い、って思えてなりません!
  1. 2007/07/15(日) 19:43:12 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

こちらは28日深夜放送だそうで・・

 北海道では28日の深夜というか、29日の早朝の放送らしく・・・ああ、相変わらず遅い。一ヶ月も経って、充分に他の情報で議論してから試合を放送・・・でも、見ますけども。

 流血戦はプロレスならではですよね。

 ヤラセだのなんだの、あれだけ噴出してる血がニセモノなワケ無いんだし、立っているだけでもフラフラなその中で戦っている凄まじさがプロレスですよね。

 真壁は昭和ヒール的な素晴らしい自分だけの道を切り拓きましたよね!
  1. 2007/07/17(火) 05:00:38 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

その通り!

仮に、ミスター高橋は著書で書いているように、額にカッターで傷を付けて出血した血だったとしても、あれだけの”出血量”で何度も”投げ技”を喰らっているにもかかわらず立ち上がる、というのは”プロレスラー”にしか出来ない事だと思います。あれを”格闘家”が真似してやったらおそらく即”入院”でしょうね(笑)

そういった意味で、今の新日の”真の救世主”が中邑でもなく、棚橋でもなく、間違いなく真壁である、という事は言えると思います。
  1. 2007/07/19(木) 22:36:27 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #5FAMoxZ6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/429-668ebfec

スーパーpsy野神

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。