コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

K-1 WORLD GP 2007 オランダ大会結果

【K-1 WORLD GP 2007 in AMSTERDAM】
〈日程〉6月23日 
〈会場〉アムステルダム・アリーナ
〈観衆〉25,000人

(スーパーファイト)
○メルヴィン・マヌーフ(1R 0分31秒 左フック→KO)ルスラン・カラエフ● 
 
(ヨーロッパGPトーナメント準々決勝)
○ビヨン・ブレギー(3R判定3-0)ブレクト・ウォリス● 
 
(ヨーロッパGPトーナメント準々決勝)
○マゴメド・マゴメドス(3R判定3-0)マキシム・ネレドバ● 

(ヨーロッパGPトーナメント準々決勝)
○ポール・スロウィンスキー(1R 1分50秒 左ローキック→KO)天田ヒロミ●  

(ヨーロッパGPトーナメント準々決勝)
○ザビット・サメドフ(3R判定3-0)ジェームス・フィリップス● 

(スーパーファイト)
○HIROYA(3R判定3-0)ロイ・タン● 

(ヨーロッパGPトーナメント準決勝) 
○ブレギー(2R 2分12秒 右ストレート→KO)マゴメドフ● 
  
(ヨーロッパGPトーナメント準決勝)
○スロウィンスキー(1R 3分00秒 左フック→KO)サメドフ● 

(スーパーファイト)
○澤屋敷純一(2R 1分53秒 右ストレート→KO)ニコラ・ヴェルモン● 

(スーパーファイト)
○ピーター・アーツ(1R 0分26秒 ヒザ蹴り→KO)ボブ・サップ● 

(ヨーロッパGPトーナメント決勝)
○スロウィンスキー(2R 2分25秒 右フック→KO)ブレギー● 
※ポール・スロウィンスキーがヨーロッパGP2007優勝!

(K-1 スーパーヘビー級選手権)
○セーム・シュルト(3R判定3-0)マイティ・モー● 
※シュルトがスーパーヘビー級タイトル初防衛に成功!

”ライトヘビー”のマヌーフが”ヘビー”のカラエフをなんと”秒殺”!(驚) カラエフのあのスピードをも上回る”スピード”と
”打撃力”でまさかの”一激KO”で終るとは(恐) やはり、マヌーフは”総合”より”立ち技”の方が向いてると思います。

HIROYAの今回の相手はかなりの”難敵”だったようですね。HIROYAが魔娑斗に憧れ、それに近い戦い方をしているなら、一方の食いタン、もとい、ロイ・タンはアンディ・サワーに憧れているらしく、”ファイトスタイル”もまたアンディ同様いやらしくも安定した戦い方をしていました。「これもしかすると”初黒星”になっちゃうのでは?」という”不安”がよぎりましたが、HIROYAも落ち着いた”攻めの姿勢”を貫き通しましたので、何とか”判定勝ち”をおさめました。

澤屋敷もまた、”勝ち続き”による”プレッシャー”との戦いを強いられていた所ですが、彼の相手もまた”ムエタイ系”で、やはりちょっといやらしい戦い方をする選手でしたから、かなりキツかったと思います。でも、このニコラ・ヴェルモンという選手は”ムエタイ選手”の割には少々体が硬い感じもしました。”バランス”もあまり良いとは言えない選手でした。それが功を奏したのか、結局”右ストレート”であっさり勝ってしまいました。さぁ、次こそ”本当の試練”の時だと思います。

さて、肝心の「K-1 WORLD GP 2007 ヨーロッパ予選」ですが、やはりこの地区の選手は”レベル”が高いです! どの選手も本当に素晴らしいです。そして、”決勝”に残ったのは”本命同士”のスロウィンスキーとブレギー。どちらも五分と五分の攻防を繰り広げてましたが、”2ラウンド”に入ると、やはり体が大きく”スピード、スタミナ面”で不利であるブレギーの動きが徐々に鈍くなり、そして、一度パンチを食らってダウン。すぐさま立ち上がるも、すかさずスロウィンスキーが”右フック”を決め、ブレギーがあえなく”KO負け”。スロウィンスキーの”優勝”に終わりました。でも、この手の選手は大抵”本番”で煮え湯を飲まされてしまうんですよね(汗)

そして、今大会の”目玉”の一つである”ボブ・サップ復帰戦”ですが、やはり、もはやサップは”あの頃”に後戻りする事はもうないな、という事が決定となった”結果”に終ってしまいましたね(哀) やはり”アメフト選手”は”プロレス”には向いてるけど”格闘技”にはあまり向かないのでしょうね(汗)

”メイン”のシュルトVSモーですが、終始”一進一退”の攻防を繰り広げ、悪い言い方をするとやはり少々”退屈”な内容に終りました。体の大きい選手同士だと、どうしても”スピード”が遅いし、どちらもまともに技が決まらないから、こうなっちゃうんですよね。さらに、シュルトはホンマンと違って”打撃”に慣れているのと、得意の”前蹴り”があるから、モーもホンマンの時みたいに前に踏み込む事は難しかったのでしょう。結局、シュルトの”判定勝ち”に終わりました。

それにしても、”K-1 GP本戦”に澤屋敷とマヌーフが加わればきっと面白くなると思います。特に、マヌーフは”ダークホース”になるでしょうね。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2007/06/26(火) 22:30:35|
  2. 格闘技情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ショック! クリス・ベノワ、一家心中!! | ホーム | 新日本、「G1 CLIMAX 2007」出場選手決定!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/424-13e9a99c

スーパーpsy野神

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。