コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

八百長とは何か?

今、”大相撲”において朝青龍の”八百長疑惑”が騒がれています。しかも、”出所”はまたもや「週刊現代」って(汗) それにしてもここの出版社の”講談社”はそんなに”格闘技”が嫌いなんですかね(困) これに対して、”日本相撲協会”は講談社と記者を相手取り”損害賠償”と”謝罪広告”を求める民事訴訟を東京地裁に起こすことを決めたようですね。

で、その”真偽”ですが、これは全くもって”事実無根”である、とはやはり言えないと思います(汗) というか、もはや”プロスポーツ”において”八百長”を全く行わない競技なんて”皆無”だと思うんです。だって”客商売”が絡んでいる以上”完全真剣勝負”はやはり無理があると思うんです。ただ、「週刊現代」にしたって”ビジネス”が絡んでいますから、彼らの記事全てが”真実”である、という保証もないと思います。最終的には”読者”がどう判断するかによると思います。

かつて、”格闘技ブーム”が確立しかかった頃に、”元新日本プロレスレフェリー”ミスター高橋が”プロレス”に関する”暴露本”である「流血の魔術、最強の演技」を出版しました。あの頃は、”プロレスファン”としてはかなり”肩身の狭い思い”を強いられました(泣) 僕はこの頃”インターネット”を始めたばかりで、”プロレス”の”掲示板”を探して書き込もうと思ったのですが、大抵は”プロレス=八百長”という事をさも当たり前のように書いていて、それに対する”反論”がないばかりか皆それを面白がって書いている事に非常に腹が立ちました。後々考えてみれば、その”サイト”はかなり怪しいサイトだったようですけど、それでも比較的まともなサイトに書き込んでも、そこではもはや”格闘技>プロレス”を前提とした書き込みが中心で、更に新日本における猪木主導の”格闘技路線”に賛成する声が多かったです。それに対して終始”異論”を唱え続け、更に”プロレス=八百長”という風潮にも反論した時(正確にはプロレス以外の格闘技、スポーツにおいても”八百長”はありうる、といった内容の意見を書いたのですが)それに対して物凄い抗議の意見があり、そしてもはや”プロレス=八百長”いや”プロレス=完全なショー”がさも当たり前であるかのような反論があった事に非常に悲しく感じたのです。もっとも、”プロレス”が完全な”真剣勝負”でないことぐらいはわかっていました。でも、”完全八百長”だったら”プロレス”というスポーツがここまで生き残るはずもない訳ですからね。大体、この頃は本当に”プロレスサイト”でも”プロレス”に”愛情”を感じない意見が多かったのは事実です。しかし、昨今”K-1”や”ボクシング”でも”八百長”を疑わせるような試合が続出しているのも事実ですけどね。

では、”八百長”とは一体何なのか?という事ですが、まずこの”語源”は明治時代の八百屋の長兵衛なる人物が”囲碁仲間”であった大相撲の”年寄り”伊勢ノ海五太夫に自分の店の野菜を買わせるための商売上の”打算”によってわざと負けていた事に由来しているようです。そういった意味で、”ビジネス”のために”スポーツ”などの競技にあらかじめ”勝敗”を決めているものを指すようになったものです。ですから、本当の意味での”完全真剣勝負”をやっているのは”アマチュアスポーツ”であって(中にはこちらでも”八百長”はあるでしょうけど)、”プロ”の名のつくスポーツの場合は、”集客”や”TV視聴率”を考えて場合時として”八百長”は避けられなくなるのは確かだと思います。まぁ、”八百長”とまでは言わなくても”お約束”みたいなものはどのスポーツでもやっているはずです。特にそれが最も顕著なのが”プロレス”で、観客を楽しませるためにワザと相手の技を受けたり、やられているふりをして、そこから”巻き返し”をした時観客が盛り上がるように”演出”しているんです。こういった部分を一言で”八百長”や”ヤラセ”で片付けようとする輩がいるからだんだん日本のスポーツはつまらなくなってしまってるのだと思います。

となると、今回の朝青龍の件はどうなのか?という事ですが、まず”相撲”の場合は”試合時間”があっという間ですから、プロレスみたいな観客を盛り上げる”演出”みたいなものは出来ません。となると、”一試合単位”の内容の演出よりも、どうしても”全試合”の結果の操作をしなければならない場合が時には出てきてしまうのだと思います。もちろん、これはやってはいけない事です。ただ、問題なのはこうした事を”協会”が後押しをして、更に”金”で勝利を買うなんて事をするからなのであって、あくまでも”選手側”の意思によって「ここは勝たなきゃ!」という場面と「ここは負けとこ!」という場面を作って”取り組み”にメリハリをつける”演出”をするのであれば”アリ”だと僕は思います。実際、普通に行われているのは”後者”の方であって”前者”の方はおそらく”でっち上げ”の可能性が高いと思います。

大体、講談社なんて今から20年ぐらい前にも写真週刊誌「フライデー」において不当な取材を行ったためにビートたけしを筆頭とする”たけし軍団”に襲撃された過去がある訳ですからね。はっきり言って、彼らの”記事”だって”信憑性”はかなり怪しいです。PRIDEが”暴力団”と関係があるとして”地上波放送打ち切り”は追い込みましたけど、彼らこそバックに”暴力団”がいるような気がしてなりません!
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2007/02/09(金) 23:32:32|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<2.17、全日本、2.18、新日本、二大両国大会概要 | ホーム | K-1 WORLD MAX 2007 日本代表決定トーナメント結果>>

コメント

怖い

いろいろな業界において、
それぞれ触れてはいけない領域があるのでしょうね。
それだから、それぞれが成り立っているというべきか。
悲しいけど、それが、社会というものなのか。。
難しい問題です。

相撲は国技だけど、八百長は確実にあるでしょうね。
怪しいですものね。
高校野球に八百長はあってはならないと思いますが、
相撲ならあっても仕方ないと思ってしまう自分は・・・汗
  1. 2007/02/11(日) 00:23:52 |
  2. URL |
  3. 紫月 聖 #8gfOIHpU
  4. [ 編集]

アマチュアとプロの違い

端的に言ってしまえば、そこに”ビジネス”が絡んでくるかどうか、という事だと思います。ですから、”ビジネス”と無縁な”高校野球”や”高校バレー”、それから”オリンピック競技”に”八百長”はあってはなりません。しかし、”大相撲”や”プロ野球”や”Jリーグ”、それから”プロレス”や”プロ格闘技(PRIDE、K-1等)”は”興行”と”テレビ視聴率”が絡んでいるために、全て”完全真剣勝負”ではやはり持たないと思います。

もっとも、あからさまな”八百長”はやってはいけないと思います。でも、その中でもある程度の”お約束”や”演出”がなければ成り立たないのは確かでしょう。そこで観客をどう感動させるかが”プロスポーツ”なんだと思います。観客が”お金”を払って見に来る以上は、それに答えられるような内容のものを生み出さなければなりません。”プロスポーツ選手”は常にそういった事を考慮しながら、時には”本気”で、時には少し力を抜くなどして”緩急”をつける必要はあると思います。ただ”勝つ事”ばかりを考えると、昨年末の「Dynamite!」における秋山成勲のようになってしまいますからね(汗)
  1. 2007/02/11(日) 09:58:38 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/385-de4fa584

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。