コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大泉洋

僕は今日本テレビ系で放送されているドラマ「ハケンの品格」にはまっておりまして、僕も現在”正社員”ではなく”フリーター”ですから、凄く共感する部分はあるんです。そして、このドラマの”主役”、大前春子を演じる篠原涼子は、本当に”名女優”として板についてきましたね。かつては”バラドル”だったり、”小室ファミリー”だったりしたのですが、ここまで”大物女優”になるとは正直予想していませんでした。

そして、このドラマには、もう1人の”立役者”が存在します。その名は”北海道が生んだ大スター?”大泉洋です。彼は、”派遣社員”である篠原涼子演じる大前春子と対立する”正社員”の営業マン、東海林武の役ですが、彼の演技は久々に「来たーっ!」って感じですね。僕は、”二枚目俳優”より”個性派俳優”の方が好きなのですが、基本は”三枚目”でありながら、「ここぞ!」という時に”迫真の演技”が出来るような俳優こそ”真の役者”だと思っています。西田敏行、水谷豊、それから竹中直人、西村雅彦らがその”代表”になると思うのですが、この大泉洋も将来彼らのような”大物俳優”になる気配が漂ってますね。

大泉洋の”経歴”をざっと挙げると、北海道学園大学時代に”演劇研究会”に入り、そこで知り合った森崎博之、安田顕らと共に1995年に演劇ユニット「TEAM-NACS」を結成。そして、翌年から北海道テレビ放送の深夜番組「水曜どうでしょう」に”レギュラー出演”した事から徐々に”頭角”を現すことになります。そして、本格的に”全国放送”のテレビドラマに出演したのが、2005年の1月からフジテレビ系で放送されていた江口洋介、松嶋奈々子主演の「救命病棟24時」で、彼は”看護師”の佐倉亮太役で出演し、コミカルな演技を披露しています。更に翌年、作家リリー・フランキーの自伝である「東京タワー~と僕と・・・時々オトン~」で”主役”のリリー・フランキー役を演じ、元極楽トンボの山本圭一の事件さえなければ、このドラマで”脚光”を浴びたかもしれなかったと思います(ちなみに、僕はこのドラマを見逃しました。更に、現在”レギュラードラマ”になっている同ドラマの”主演”が速水もこみちというのが気に入らないため、こちらも見ていません(汗))。それから、正月にフジテレビ系で放送された唐沢寿明主演の「明智光秀」では、光秀の”妹婿”にして”養子”である明智秀満の役を演じていましたが、こちらはこれまでと違って到ってクールな役柄でしたけど、こちらも中々様になっていたと思います。

彼の演技は、基本は”三枚目”ですが、何か心に訴えかけるような”感情”を打ち出せる俳優だと思います。”笑わせる事”と”泣かせる事”の両方が出来る役者こそ”真の役者”ではないでしょうか。これからの大泉洋に大きく期待したいと思います!
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2007/02/03(土) 09:55:30|
  2. 芸能|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<K-1 WORLD MAX 2007 日本代表決定トーナメント結果 | ホーム | 最近のニュースをまとめて>>

コメント

北海道に住んでいた関係で、昔から大泉(というか、どうでしょう)ファンですが、役者としてはTEAM-NACSの安田顕や音尾琢磨の方が好きですね。
ただ、本当におっしゃるとおり、「”笑わせる事”と”泣かせる事”の両方が出来る」というのが大泉さんならでは。バラエティでの面白さも唯一無二ですし、本当に貴重な存在です(笑)
  1. 2007/02/09(金) 22:27:41 |
  2. URL |
  3. 暴動するマーク #CCqvuYeo
  4. [ 編集]

ちなみに「ハケンの品格」は僕もハマっています。篠原涼子は実にはまり役ですね・・・。そして、派遣会社の一ツ木役に安ケンが出てるのもポイント・・・(笑)
  1. 2007/02/09(金) 22:31:28 |
  2. URL |
  3. 暴動するマーク #CCqvuYeo
  4. [ 編集]

安田顕?

僕は、北海道の”ローカル放送”は良く知らないので、やはり大泉洋が際立って感じるのは確かですね。まぁ、彼がそのように売り出されている訳ですから仕方がないのでしょう。

ただ、「ハケンの品格」のドラマを見ている限り、安田顕はやはり”脇役”に徹している感じがして、彼の”良さ”が今ひとつ伝わってこないので良くわかりません。ただ、”真の実力派”は案外この手の俳優であるのは大方言えるかもしれません。
  1. 2007/02/10(土) 22:46:01 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

対極に誰か・・・

 確か、深夜の番組でパフィーと絡むようになってから全国区の人気が出てきましたよね。

 ちなみに北海道の有名人を道民に聞くと、北島三郎やGLAYを抑えて 大泉洋 になるそうです。

 バラエティー対応可能な面白い俳優ですね。

 やっぱり、こういう雑草的で力強いキャラクターが出て来る時代には、華やかで浮世離れした 「高倉健」 とか 「石原裕次郎」 みたいな時代を代表する正統派カリスマも出て来て欲しいと思うんです。

 妻夫木聡 あたりをメディアはプッシュしてるように見えるのですが、本人がそういうタイプでは無いのかイマイチですね・・・
  1. 2007/02/11(日) 06:18:08 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

正統派ですか

大泉洋が将来的な西田俊行、武田鉄矢、水谷豊、竹中直人のような”異端の英雄”になるのなら、それに対する高倉健、石原裕次郎、松田優作、渡辺謙といった”正統派英雄”も必要でしょうね。その路線を現在歩んでいるのがオダギリ・ジョーとか妻夫木聡、あとは山田孝之辺りで、坂口憲二がそれになり損ねた感じですけど、いずれにしてもこちらの路線での”一押し”が見当たらないのは確かですね。

大体、今や”二枚目俳優”も”美人女優”もほとんどが”モデル出身”ですから”見た目”はいいけど”演技力”はイマイチな人が多いという事が、こちらの路線で突出した逸材が現れない要因なのだと思います。谷原章介は確かに”いい男”ではあるけど、”俳優”としてはどうなのだろうか? ”モデル出身”でも阿部寛のように”オリジナルの演技”が身につけばそこで初めて”俳優”としての評価がされると思います。もはや彼は”モデル系二枚目俳優”ではなく、立派な”個性派俳優”に位置づけられていると思います。

いずれにしても、言える事は今の若い男性に”骨太”の人が中々いないので、かつての高倉健や石原裕次郎を彷彿させる俳優は当分現れないような気がしますね(悲)
  1. 2007/02/11(日) 09:43:28 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/383-5336711d

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。