コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本日の「K-1 Dynamite!!」結果

【K-1 PREMIUM2006 Dynamite!!】
〈日程〉12月31日
〈会場〉大阪京セラドーム
〈観衆〉51,930人

(第0試合(HERO'Sルール))
○アンディ・オロゴン(3R終了 判定3-0)金子賢●
金子は確かに”出だし”は良かったです。でも、アンディの”身体能力”には遠く及ばなかった、というのが”敗因”でしょうね。これで、彼は再び”俳優”に戻るのか? それとも曙みたいに性懲りも無く続けていくのでしょうかね?

(第1試合(HERO'Sルール))
○永田克彦(1R 4分12秒 TKO(レフェリーストップ))勝村周一郎●
永田は”打撃”がかなり上達したようですね。でも、勝村の”寝技”もかなり侮れなかったのでちょっと危うい場面も見られましたが、どうにか”パンチ連打”で”レフェリーストップ”を獲りました。前回の秋山戦での”屈辱”が永田の”進化”につながったのは間違いないでしょう。

(第2試合(HERO'Sルール))
○金泰泳(1R 2分48秒 ハイキック→KO)石澤常光●
カシンもここの所”石澤常光”として”総合”の方で戦ってますが、あまりいい結果が出ませんね。でも、今回の相手は以前の「HERO'S ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント」にて秋山から不服の”判定負け”を喫した金泰泳。その”雪辱戦”でもあっただけにまともに”ハイキック”食らっちゃいましたね(哀) やはり”プロレスラー”のキックと”空手家”のキックじゃ全然”レベル”が違う、という事を”プロレス出身”の選手は意識しないとダメですね。

(第3試合(HERO'Sルール))
○所英男(3R終了 判定3-0)ホイラー・グレイシー●
この試合が今大会の”ベストバウト”だったのではないでしょうか。他は”カード”だけは豪華だった割にはしょっぱい試合が多かっただけに、この試合が一番まともに見れたと思います。やはり、ホイラーは”一族一のテクニシャン”といわれるだけあってどんなに関節を取ってもすぐに切り返されてしまいましたね。でも、”総合格闘技”で本当に見たいのはこういった攻防だと思います。”マウントポジション”に入ったまま”膠着状態”が続くと本当に見てて退屈しますからね。前回のホイス戦は惜しくも”引き分け”に終わりましたが、今回は”判定”ながら見事勝利を収めて”グレーシー越え”を果たしましたね。

(第4試合(HERO'Sルール))
○ジャイアント・シルバ(1R 1分02秒 アームロック)曙●
あぁあぁあぁ(汗) よりによってシルバなんかに”関節”とられて簡単に負けるなんて(呆) これでも曙はまだまだ”格闘技”を続けるつもりか? この試合だけ特別に”プロレスルール”で戦わせた方が良かったんじゃないか(笑)

(第5試合(K-1ルール))
○バダ・ハリ(2R 1分28秒 右回し蹴り→TKO(タオル投入))ニコラス・ペタス●
”青い眼のサムライ”ペタスが4年ぶりに”K-1マット”に戻ってきましたね。誰だ?「存在そのものを忘れてた。」なんていってる奴は(笑) でも、相手は”K-1の問題児”バダ・ハリですからね。でも、今回のバダ・ハリは以外におとなしかったですね。でも、”回し蹴り”食らってあえなく”タオル投入”されてしまいましたからね(哀) それでも、ペタスの”極真魂”はまだまだ健在でしたね。
 
(第6試合(K-1ルール))
○武蔵(3R 0分33秒 右ストレート→KO)ランディ・キム●
武蔵の今回の相手、ランディ・キムは”砲丸投げ”の選手でしたね。最初「砲丸投げで大丈夫か?」と思いましたけど、考えてみたら砲丸投げの”フォーム”はボクシングに近いですし、体の”バランス”も安定していますから中々倒れないんですよね。武蔵はかなり”苦戦”していましたからね。でも、所詮は”陸上選手”であって”格闘家”ではありませんから、「顔面にまともにパンチかキックを食らったら一発だろう。」と思っていた通り、武蔵の”右ストレート”がキムの顔面にまともに入った時におもいっきり吹っ飛んでそのまま”KO"でしたからね。やはり「格闘技を甘く見るな!」という所ですかね。

(第7試合(K-1ルール))
○セーム・シュルト(5R終了 判定3-0)ピーター・グラハム●
”K-1の問題児”バダ・ハリを以前”ローリングサンダー”で難なく仕留めた”実力者”ピーター・グラハムも、さすがにシュルト相手ではあまり”歯”が立ちませんでしたね。でも、それでもあの”壁”のようなシュルトに突進していく程の”闘志”は素晴らしいと思いました。

(第8試合(HERO'Sルール))
○須藤元気(1R 3分05秒 三角締め)ジャクソン・ページ●
ジャクソン・ページという選手はかなり荒っぽそうな選手でしたけど、須藤は結構落ち着いた戦い方をしてましたね。相手をあぁ言った形でコケにして、そして相手を怒らせてそこを”三角締め”で見事に仕留める。これが本来の須藤の”勝ちパターン”なんですよね。ここの所”総合”の方ではしょっぱい試合が多かっただけに、今回は中々鮮やかな”勝利”だったのではないでしょうか。

しかし、試合後、まさかの”引退表明”が成されるとは思いませんでした(悲) まだまだやれそうなのに、正直もったいないですね。

(第9試合(HERO'Sルール))
○山本”KID”徳郁(1R 3分46秒 KO)イストバン・マヨロシュ●
”北京オリンピック出場”を理由に当分”総合格闘技”から離れる事を宣言していた山本”KID”ですが、今回の「Dynamite」に
”アテネオリンピック58kg級金メダリスト”のイストバン・マヨロシュが参戦する事を知るや、急遽一夜限りの”総合格闘技復帰”を果たしました。確かに相手のマヨロシュは、”レスリング金メダリスト”だけあって”グラウンド技術”は素晴らしいでしたが、やはり”打撃”にはなれていなかったせいかあえなく”敗退”しましたね。まぁ、今回は”総合格闘技”で”アテネ五輪金メダリスト”を破った訳ですけど、それでも”北京五輪”へ向けての”布石”にはなったと思うんで、この”勝利”を糧にして”北京五輪”の方に精を入れてもらいたいですね。

(第10試合(HERO'Sルール))
○チェ・ホンマン(1R 0分16秒 TKO(パンチ連打))ボビー・オロゴン●
”史上最強の素人”ボビー・オロゴンの”最大の危機”のも言われた今回の試合ですが、やはりホンマン相手じゃ無理がありすぎましたね。あの形で上から”パンチ”を振り下ろされたら、もう試合を止めるしかないですからね。本人は納得いっていなかったようですけど、完全に”脳”は揺れてましたからね。あのまましあい続けてたらボビーは絶対殺されてたでしょう。

(第11試合(K-1ルール))
○魔娑斗(2R 2分22秒 右ローキック→KO)鈴木悟●
”ボクシングミドル級日本王者”を3年にわたり保持していた鈴木悟は、その”自信”から「パンチがまともに当たれば絶対勝ちます!」なんて”大風呂敷”を掲げてしまいました。それに対してブチ切れた魔娑斗は「じゃぁキックで倒します。頭に来たから蹴って蹴って蹴りまくって正月歩けないようにしてやる!」と言い放ちましたね。こういった”煽り”は中々いいですね! そして、試合が始まると、鈴木はそれまでの”大口”とは打って変わって少々ぎこちない動きをしてましたね。まぁ、”キック”に慣れてない選手が”キック系”の選手と戦うなんてそう甘いもんじゃない、というのが昨日の試合で鈴木は痛感したのではないでしょうか。確かに、鈴木の”パンチ”が魔娑斗の顔面を的確に捕らえた時にはかなりやばかったですけどね。しかし、魔娑斗の予告通り鈴木は見事に足を”破壊”されてしまいましたね(哀)

(第12試合(HERO'Sルール))
○秋山成勲(1R 5分37秒 TKO(レフェリーストップ))桜庭和志●
これが、今年の「Dynamite」の”大目玉であった事は確かです。しかし、今の秋山の”勢い”、それから桜庭の度重なる”怪我”を考えると、もはや”結果”は明らかだったのも事実です。しかし、桜庭には何かしらの”秘策”を期待しました。ところが、秋山はただ勢いに任せて攻めまくる選手ではなくて、かなり”冷静さ”もあるんですよね。この時点で”攻める隙”を見失った桜庭に”勝ち目”はない、と思いましたね。そして、おそらく秋山がそれに気付いたのか、突如秋山の方から攻めてきて、”レフェリーストップ”であっさり勝利してしまいました。桜庭は「まだやれる!」と反論していましたけど、もうあれは”限界”だと思います。もはや秋山成勲という男を止められる人間はいないのか!? こうなると、彼の次なる敵はPRIDEの吉田、更にはシウバぐらいにまで求めないと難しいのではないでしょうか。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2007/01/01(月) 00:31:18|
  2. 格闘技情報|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:3
<<「PRIDE男祭り2006-FUMETSU-」結果 | ホーム | サダム・フセイン死刑に!>>

コメント

なんてこった(呆)

秋山が、全身にスキンクリームを塗っていた事と、秋山のグローブが剥がれていた事が事前のチェックで見逃されていた事によって、秋山が”失格”となり”ファイトマネー”を没収され、今回の試合は”ノーコンテスト”になったようです(呆)

それにしても、K-1はこういった”不透明”な試合が多いですね(汗) 桜庭も試合後散々アピールしていたのに、審判たちは完全に”無視”してましたからね。どうも、いつもながら「どちらかを勝たせよう。」みたいな”お約束”があるのが見え見栄で進められているのは事実です。特に”一押し選手”の場合はそれが如実ですからね。
  1. 2007/01/11(木) 23:02:42 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

桜庭が何か言っていますね byアナウンサー

 試合の最後の方まで桜庭は何かを訴え続けてましたからね。
 
 「お~、殴られておかしくなったか?」とか、見てて不安になったのですが・・・

 クリームですか!!

 柔道着を着てきて、それをリング上で脱ぎ去った時、トリックは完成したのかもしれませんね。 ・・・邪推すれば。
  1. 2007/01/12(金) 06:01:33 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #oKAhFFW.
  4. [ 編集]

おそらく・・・

これは秋山のみならず、”K-1フロント”更には”TBS”、はたまた”みのもんた?”も裏で絡んでしたのでしょうね(呆)

K-1サイドが秋山を”大プッシュ”していたのは確かでしょうけど、前回の”HERO’Sライトヘビー級トーナメント”で金泰泳との試合を強引に止めたり、しかし桜庭との”決勝戦”が中止になった事で、今回改めて組んだのはいいけど、結局このような”インチキ”をしてまで勝たせようとはホントに呆れたもんですね。

秋山は確かに強いとは思います。でも、こうなると前回の”決勝戦”におけるマヌーフ戦も疑わしくなりますね。

というか、ここまで来るとPRIDEを陥れた”黒幕”はどう考えてもK-1のような気がしてなりません。僕は本来”PRIDE派”の人間ですから、高田よ、谷川の”化けの皮”を剥いで”地上波獲得”を狙ってください!
  1. 2007/01/12(金) 22:41:48 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/376-9ca8d071

今日は「男祭り」と「dynamite!!」&お知らせ

 いよいよ大晦日ですね。今日は生観戦される方、家でTV観戦される方おられると思います。自分は今年はTV観戦です!やっぱり残念なのはPRIDEが地上波放送なしでスカパーとインターネット配信(DMM)でしかみれな
  1. 2007/01/06(土) 11:45:39 |
  2. 日刊H.T

反骨の柔道王、失墜。

 柔道81kgで世界レベルの活躍をし、鳴物入りで総合格闘技の世界に足を踏み入れ、その天性のバランス感・打撃の当て勘・瞬発力で柔道技にこだわる事なく総合格闘技に順応・成長し、次々と名立たる猛者たちを破って「反骨の柔
  1. 2007/01/13(土) 14:59:49 |
  2. フクフク丸のあずましいblog

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。