コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

歴史ミステリー③ 上杉謙信ホモ説

上杉謙信・・・・戦国武将史の中で、いや歴史上に登場する著名人の中でも”生涯独身”を通したまれな人生を歩んだ人物である事はあまりにも有名である。それが故に、彼に関しては近年こんな”噂””諸説”は出るようになりました。「上杉謙信が”生涯独身”だった本当の理由は、”同性愛者(ホモ)”だったからでは?」 正直、”戦国武将”好きの僕にとっては、”武将”というイメージを守る上でも俄かに信じがたい説です。されど、”戦国武将”の多くは長期間”戦場”に腰を置かなければならず、そこへ女性の”出入り”は禁じられていた為、男子の”小姓”を”女性代わり”に扱っていた,という事が当時の”習慣”としてあった事も事実のようです。そう考えてみれば、それによって”男性”しか愛せなくなってしまった、という可能性も確かに”否定”は出来ないでしょう。

しか~し! 僕は言いたい!! 僕は、”上杉謙信=ホモ説”には断固”反対”申し上げます!! これは、彼の”戦国武将”のイメージ、それから”名誉”を守りたい為である事もさる事ながら、それ以外のもっと理にかなった”理由”があったからではないか?と考えているからです。

よく、謙信を”ホモ”にしたがる?人の意見の多くは、「戦国時代なんだから”家”を存続させる為には、多くの”子”を作らなければならず、そのためには多くの”妻”を娶るのが”常識”だ!」と。でも、僕は、この考え自体、根本的に”間違い”だと思うんです。”戦国時代”という時代は、常に”家督争い”が絶えない時代。それに、”家臣”が裏切り”主君”にとって代わるような”下克上”の時代であった事はいうまでもありません。上杉謙信の家もまさにそういった状況にありました。謙信は”越後守護代”長尾為景の子として生まれ、”嫡男”である兄晴景が後を継いだ為、その”配下”に加わったものの、”武将”としては”凡庸”で”病弱”だった晴景では、”治世”が上手く運ばないばかりか、家臣の多くは謙信(当時景虎)の元に集まるようになり、やがてその兄晴景を”追放”して”春日山城主”になりました。しかし、生来”正義感”が強く”義”と”道理”を重んじる謙信にとっては、この兄に対する”追放劇”が生涯の”心残り”になった事は間違いないでしょう。でも”お家の為”と考えると・・・。

かくして、謙信は下手に多くの”妻”を娶り、多くの”子”を産む事こそ、将来”家督争い”の”火種”になる、と考えていたのではないでしょうか。現にそういった形で滅んでいった多くの武将がいたのは事実です。それが”戦国時代”の実態だったのです! 自分の家も然り、周りの武将も然り、”ライバル”武田信玄も然り、だったように、当時は”一族”であろうと血と血が争う事が”当たり前”の時代だったんです。
そこで、謙信が考えたのが、”妻”を娶って、多くの”子”を産むのではなく、一族から”有能”な”養子”を迎える事によって、”御家存続”を図ったのではないでしょうか。この”方法”は、僕が思うには非常に”合理的”且つ”画期的”な手段のように思えます。これがもし”真実”だとしたら、そこに”ホモ説”なんて入る”隙”は無いと思います。事実、このような”手段”は、”江戸時代”になってもほぼ代々続いていたようですからね。

まぁ、”独身男性”を見るや”ホモ”と決め付けるような”不貞な輩”は結構いるでしょうけど、本当に”才気”のある人間には、通常の人間の”常識”が通用しない場合もあるんです。僕は、神仏を恐れず比叡山、石山本願寺”を”焼き討ち”にした織田信長と、”生涯独身”を通した上杉謙信のとった”行動”には、ある意味”似たもの”を感じるのです。どちらも、当時の”常識”を覆した行動を取っており、且つ冷静に考えると実に”合理的”且つ”現実的”な発想である事も伺われます。

実際、上杉謙信が若い頃には、ちゃんと”恋人(女性!)”らしき人がいた事が”書物”にも書かれているようですし、逆に彼が”同性愛者”だった”決定的証拠”があるのかどうかも疑問です。むしろ、”ライバル”武田信玄にその”証拠”がある事が”判明”したようですから(汗)
何はともあれ、謙信が”同性愛者(ホモ)”だったかどうかは別として、彼が”生涯独身”だった”真の理由=ホモ”という事ではない、というのが僕の考えです。おそらくそれは”別”の理由によるものではないか、と思います。

20050612143344.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/06/12(日) 14:33:52|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<福生のドイツ料理店 | ホーム | 現代社会の第三世代②>>

コメント

越後の虎。

「越後の虎」って言うじゃないですか。
日本に虎がいたんですかね?????

でも、一休さんの話に足利義満に絵に描いた虎を追い立ててください!っていう話もあることだし、いたんですかねえ?

 「敵に塩を送る」とかって話が美談に伝わり、上杉謙信は好きな武将です。
 でも、いくら名将でも越後の国からでは天下は遠かったでしょうね。

 天下を取れなかった故に、謙信や信玄にはいろんなファンタジーが生まれているというパラドックスはありますよね。
  1. 2005/06/14(火) 16:32:59 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

ほとんどの武将が自国の領地を広げる為の闘いを繰り広げた戦国の世にあって、武田信玄との合戦も、信濃の豪族から「信玄の侵略から守って欲しい」と請われた故と言われていますね。
「義に生きた」と言われる上杉謙信は、私が最も好きな武将の一人です。

私個人的には、別にホモであろうがなかろうが、その事で謙信に対する評価は変わりませんが。
しかし、生涯独身だった事のみで彼をホモとする説がもしあるとしたら、短慮だと思います。
ただ、出来るだけ子孫を残そうとしたであろう戦国の世にあっての生涯独身は、やはり謎である事は確かですよね。


あと、勿論これは謙信だけに限った事ではありませんが、確かにもし謙信が雪深い新潟ではなくて京都に近い場所に生まれていたら、当然その後の日本の歴史は大きく変わっていたのでしょうね。
まあこんな事を言い出したらきりがないですけどね。笑




  1. 2005/06/15(水) 00:50:40 |
  2. URL |
  3. みい #-
  4. [ 編集]

私は日本酒の「越乃景虎」が好きです。
・・・全くもって関係ない話ですね。お邪魔しました。
  1. 2005/06/15(水) 02:37:25 |
  2. URL |
  3. MO #-
  4. [ 編集]

謙信そして信玄が天下を取れなかった理由

確かに、謙信の所領は越後(現在の新潟県)でしたし、信玄の所領は甲斐(現在の山梨県)でしたから、当時の”都”には程遠かった、というのが”天下”を取れなかった理由として挙げられますが、それ以外の”有力な説”としては、この両者による計5回(7回と言う説もあるが)12年間も行われた”川中島の合戦”にあるそうです。この戦によって、多くの労力、資金等を費やした事で”天下”を取り遅れたのでは?との事です。

”第一回戦”が起こった天分22年(1554年)の頃は、後に”天下取り”の”最右翼”となる織田信長はまだ”無名”の武将でした。しかし、最も”壮絶”な戦となった”第四回戦”が起こった永禄4年(1561年)の前年にはあの足利一門である”東海道最大の戦国大名”今川義元の二万の大軍をわずか2千の軍勢で打ち破った”桶狭間の戦い”が起こり、義元の”首”を獲った信長の名は一躍全国に知れ渡る事になりました。しかし、その後信長が更に”勢い”を付けてと共に、信玄や謙信の”勢い”は次第に衰え始めたのではないでしょうか。

MOさん、昔「越後影虎酒造」の「吟酒王」という大吟醸酒がありまして、はっきり言ってこれ以上美味しい酒は無いだろう、というぐらい美味しい酒だったのですが、それを醸造していた樽が壊れた為、もはや二度と作れない”幻の酒”となってしまいました(悲) ”値段”的にも比較的”安価(720ml-約3,000円)”でしたので、それを踏まえて考えると、現時点でこれを越える酒は無い気がします。父も言っていましたが。
  1. 2005/06/16(木) 00:14:23 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/37-5c1fb3a2

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。