コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

現代社会の第三世代②

現代社会における”第三世代”、すなわち”30歳~40歳”の間の世代ですが、前回書いた通り、この世代は所謂”第二次ベビーブーム(団塊Jr)”の世代であり、同時に”バブル世代”でもありました。そのために、”学校教育”においては”詰め込み教育””偏差値至上主義”の中で揉まれ、その中でいくら頑張っても”高学歴”に結びつくのは一握りの時代であり、されど大学さえでていればそれでいい、という”概念”に洗脳されていた世代でした。それによって、一応”就職”の方は、当然”学歴”による”ランク”はあれど、特別”資格””スキル”が無くてもスムーズに就職出来た世代でもあるんです。

ところが、この世代は豊な時代、すなわち”バブル時代”に育ったせいか、その親の世代である”戦前~戦時中生まれ”でその時の”苦労”を糧に”高度経済成長期”を築き上げた世代と違って、楽して育ったせいか、その多くはそこまでの”這い上がり”を見せる事なく、反対に”バブル崩壊”を機にむしろ”リストラ”の煽りをもろに受ける事になりました。そういった意味で、40代以上の既に”高いポスト”に就いている世代(第一、第二世代)と、”バブル崩壊”によって”学歴”より”資格””スキル”を重視するようになった20代の世代(第四世代)の間で”板ばさみ”となり、この世代の多くが”仕事不振”に悩んでいるとの事です。自分も今同じような状況に立たされております。

更に、もっと言ってしまえば「男女雇用機会均等法」が1999年に改定されて以来、女性の”社会進出”が瞬く間に増加し、女性で重要な”ポスト”に就く事も珍しくない時代になりました。そして、今の時代の”ニーズ”を支えているのも主に女性です。”ファッション””化粧品””スィーツ””健康食品””インテリア”等。それから、”株”による”財テク”も女性のほうに浸透しております。そういった意味で、ますますこれからは女性のほうが”重要なポジション”に就きやすくなっているのではないでしょうか。事実、今の若い女性は”肝”が据わっているというか、結構”言葉づかい”なんかも”目上若しくは年上”に対して割りと”タメ口”下手すりゃ”君付けorちゃん付け”で呼ぶような子もいたりします。ところが、男性の場合は今の若い男性であっても、多くは潜在的に”目上若しくは年上”に対しては”敬語”を使い、”さん付け”で呼ぶ事が刷り込まれています。こういった意味でも、今の若い女性は、僕を含めた”第三世代”にとってはある意味”脅威”です。

まぁ、今の時代、もはや”年功序列”それから”男性優位”の時代でない事は事実です。そういったものに変にしがみつく事は、企業を”駄目”にする根源にもなりかねません。しかし、じゃぁ、そういったものを完全に”撤廃”する事が果たして正しいと言えるでしょうか? ”会社(企業)”というものは”組織”によって成り立っています。”組織”である以上は、そこには最低限度の”秩序”も必要です。ですから、いくら有能な”新入社員”、若しくは”美人”で”才能”もありそうな”新人女性”がいたとしても、彼らはあくまでも”新人”として育て上げていく事は当然ながら”原則”です。でも、今後そういった”枠組み”を取っ払う企業も出てくる事でしょう。いや、”ネット業界”であればもしかすると既にそうなっているかもしれません。それはそれで”良し”としても、将来的に本当にその人達の為になるのか?というとかなり”疑問”があります。

前回でも例えたように、”プロレス団体(事実上新日本プロレス)”の場合でも、中々這い上がれない”第三世代”に業を煮やした”フロント陣”は、”若手有望株”の中邑真輔と棚橋弘至に”スポット”を当て、”第三世代”を彼らの”踏み台”にして無理やり売り出そうとしましたが、それで彼らは現時点で”成功”したと言えるでしょうか? いや、言えないでしょう。彼らの”実力”素質”は認められても、本当の意味での”一流レスラー”としてはまだまだ認められておりません。そうなる為には、やはり”年の功”こそ必要になってくるのです。これは”一般社会”とて同じでしょう。いくら有能な”新人”にいきなり”高いポスト”を与えた所で、ある程度”熟練”された”知識””ノウハウ”それから一般常識的な”礼儀作法”を見につけなければ”一流サラリーマン”若しくは”一流キャリアウーマン”にはなれないと思います。

とはいうものの、現時点では、僕を含めた30歳~40歳の間の”第三世代”はその”突き上げ”に”焦り”を感じているのは事実です。いずれにしても、今の”IT”を中心とした”最先端技術時代”には、”若い力”が必要だし、”ファッション業界”等でも若くて綺麗な女性は”華”があります。そこそこ”歳”もいってて、”不器用”で、うだつの上がらない僕を含めた”中年男性”は、やがて”社会”から”淘汰”されていくのでしょう。言わば、僕らは、江戸時代に”戦”による”功績”を稼げなくなり”貧乏生活”を余儀なくされた”武士階級”、更には”明治時代”に入って”武士”という”階級”そのものも失い途方にくれていた”不平士族”と似た状況にいると言っていいでしょう。そういった意味では、”間違った考え”であることは承知ながらも”刀の時代”に戻って欲しい、という思いさえする次第です。今「戦国自衛隊」と言う映画もやっていますから、いっそうの事”戦国時代”に”タイムスリップ”して、どこかの”大将首”でも狙ってみたいもんですよ(冗談)
スポンサーサイト
  1. 2005/06/10(金) 22:32:01|
  2. 社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<歴史ミステリー③ 上杉謙信ホモ説 | ホーム | 中国延辺料理>>

コメント

勝負時は常に「今」

 自分が明るい未来を見たいなら、今すぐ目の前の岩をどかす工面をしなければいけない。

 目の前の岩とは決して他人ではなくて、自分の中の「弱気な自分」「面倒くさがりな自分」「臆病な自分」である。
 
 本当に対峙すべき敵は自分自身ではないでしょうか?
 とは言っても、その岩は簡単には動かないですけどね。少しずつ小突いて行くしかないですよね。それを勇気とか努力って言うんでしょうね。

 私も頑張りますです。ハイ。

 
  1. 2005/06/11(土) 23:39:07 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

とりあえず・・・

自分は、これまでの”沈黙?”を破って、まず今の会社で”正社員”に成る為の”申請”を出すと同時に、”ネットビジネス”の方でもいろいろ模索している所です。いずれにしても、自分より若い社員が何人か入ってきているのにこのままでは?という”疑問”と”焦り”と”不安”に駆られたのは確かです。こちらにも一応”プライド”というものはありますから、一生このままでは終わりたくない!という一心で自分なりに動いてみました。

”中年の底力”を今こそ見せる時かもしれない!
  1. 2005/06/12(日) 09:05:08 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/36-717ecd6b

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。