コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ハッスル」はプロレスの”救世主”になれるのか?

実は、15日に仕事仲間が知人から「ハッスル・ハウスvol.21」のタダチケットを手に入れたため、それを見に行ってきたんですよ。今までは「ハッスル」は毛嫌いしていたのですが、”タダ”で見れるのであれば一度は見た方がいいだろうと思って見に行く事にしました。

内容的には、あれはあれで結構面白かったと思います。やはり、プロレスを知らない人でも楽しんでもらえるような”工夫”がちゃんとされていたのではないでしょうか。北海道にホームを移した日本ハムがそれほど”野球熱”の無かった北海道民の心を掴むために新庄という”切り札”を手に入れ、そして試行錯誤した結果、今年の”日本シリーズ”で優勝できた事を考えると(参考:「フクフク丸のあずましいblog:札幌ドームの圧力」)、現在これまでより増して窮地に立たされている”プロレス”を救うためには、やはり”素人ファン”の心を掴む事によって次第に輪を広げていくという考えは確かに間違ってはいないと思います。

ただ、それでも”不満”なのは、面白ければそれでいいのか?という点なんです。やはり、従来の”プロレスファン”からすれば、”強さ”と”かっこよさ”は必要不可欠なんです。でも、「ハッスル」の場合はあえてそれを掻き消してひたすら”面白さ”、”くだらなさ”のみをっ全面に押し出しているんです。それは確かに”一見さん”は喜ぶかもしれません。でも、それに続く”感動”を引き起こすためにはどうしても”強さ”と”かっこよさ”は必要だと思うんです。そこに、初めて”プロレスの何たるか”と言うものが表現されるのではないでしょうか。アメリカでWWEが受けるのはその為なんです。しかし、アメリカで今の「ハッスル」のようなものはおそらく支持されないと思うんです。あれでは”エンターテインメント”と言うよりはまだまだ単なる”茶番”でしかないようにも思えるんですよ。

でも、もし今の”日本プロレス界”を立て直すために「ハッスル」を必要とするならば、今の「ハッスル」のスタイルをそのまま続けても意味がないと思います。もう少し発展させて、”くだらなさ”から”かっこよさ”に変えていく必要がどうしてもあると思うんですよ。その為には”ベテランレスラー”や”芸能人”をいつまでも”エース”にするのではなく、本格的な”新人発掘”を行い、そこでただ”面白い”だけの選手ではなくて、”強さ”と”かっこよさ”も兼ね備えた”期待の新人”を今後は本格的に発掘させるべきではないでしょうか。もはや”エンタメ=お笑い”だけにこだわっていてはこれ以上の”発展”は難しいです。現に、今大会では確かに”入場者数”は”満員”でしたが、でもどうも”観客”が徐々に”戸惑い”を見せているようにも思えたんですよ。

いずれにせよ、「ハッスル」はWWEにならなきゃ駄目だと思います。でも、WWEにはない”お笑い部分”も持ち合わせていけば更なる”発展”にもつながるのではないでしょうか。そして、それによって新日、NOAH、全日といった”メジャー団体”に刺激を与え、そして”本流プロレス”が一気に巻き返しをしてくればそれに越した事はないと思うんです。そうなると、やはりどの団体にも本格的な”新エース”の存在を早く作らなければならないと思います。

【ハッスル・ハウスvol.21】
〈日程〉11月15日
〈会場〉後楽園ホール
〈観衆〉

(オープニング)
坂田GMWの”代理”として登場したRGのトーク

(第1ハッスル)
モンスター仮面ブラック、ハッスル仮面イエロー○(高田モンスター軍)(8分3秒 空から黄色い悪魔がふってきた)ハッスル仮面レッド、ハッスル仮面ブルー●(ハッスル軍)

(第2ハッスル)
○ジャイアント・バボ(高田モンスター軍)(7分49秒 バボム)KUSHIDA、\(^o^)/チエ●with海川ひとみ(ハッスル軍)

(セミハッスル)
○ババ・レイ、ディーボン(チーム3D)(17分49秒 3D)坂田亘、崔領二●、RG(ハッスル軍)

(坂田GMW登場)
坂田GMWとRGが入場。坂田のトークの最中にまずNOSAWA論外とMAZADAが乱入。そして、NOSAWAの紹介により、なんと鈴木みのるが登場!

(メインハッスル)
○”モンスターK”川田利明、”モンスターK’”佐藤耕平、赤鬼蜘蛛withカイヤ(9分29秒 ラリアット→片エビ固め)”ハッスルあちち”大谷晋二郎、金村キンタロー、TAJIRI●withニューリン様

(高田総統劇場)
TAJIRIがグランドキャニオンで発見したという”エスペランサー攻略の鍵”をニューリン様に手渡し、それを吹くようにと頼んでいる所、アンジョー司令官が”エスペランサー”に成りすまして登場。騙されたハッスル軍があっけに取られると、バルコニーから高田総統登場。そして、「ハッスルマニア」の宣伝。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/11/18(土) 22:08:12|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<1.4、新日本ドーム大会「レッスルキングダムIN東京ドーム」の全容 | ホーム | 日本人と武道-現代社会における特効薬?->>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/357-609c5a26

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。