コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

北方海域の悲劇

「天災は、忘れた頃にやってくる。」といった”惨劇”が、とうとう”北方領土海域”で起こってしまいました(哀) 16日朝、北方領土・貝殻島付近の海域で、根室湾中部漁協所属のカニかご漁船「第31吉進丸」が、ロシア国境警備局の警備艇の銃撃を受け、乗組員の一人盛田光広さん(35)が頭を撃たれ死亡する、という事件が起こりました。残りの、坂下登船長(59)とその他2名の乗組員を乗せた吉進丸は拿捕され、国後島古釜布(ふるかまっぷ)港に正午前に入港し、ロシア極東サハリン州の検察当局の取調べを受ける事になりました。

かつて、”東西冷戦状態”にあった時期には、この”北方海域”付近は常に”警戒態勢下”にあったため、’56年以降は”死者”を出すほどの日本船銃撃はなかったようなのですが、’80年代後期にゴルバチョフ書記長の主導で推し進められた「ペレストロイカ」と呼ばれた”民主化改革”によって、”冷戦状態”は徐々に弱まり、やがて90年代に入り”ソ連”は崩壊し(91年12月25日)、同時に”冷戦”も一応は”終結”しました。それでも尚”北方領土問題”は未解決のまま今日に到っている訳ですが、もはや”北方領土問題”なんてあってないようなもんだろう、といった”気の緩み”が今回の”惨劇”を招いた事は間違いないのでしょうね。どうも、ここ数年の”カニ激減”によってロシア海域でカニ漁を行う日本船も増えたため、ロシア側も”厳戒態勢”を敷くようになった、という話です。

”北方領土問題”というのは、元をただせば”米ソ冷戦状態”というものが背景にあり、米軍基地を”北方領土”に置かれる事をソ連(当時)側が危惧した事から、この問題は長年続いてきた訳ですが、”民主化”して”共産主義”でなくなった現在でも、ロシアは未だに”北方領土”を手放す気がないようです。まぁ、アメリカがいつ手の平を返すかわからない、というのもありますけど、どうも”漁業権”の問題も絡んでいるようです。実は”カニ漁”に関してはここ数年ロシアでもすし等の”日本食”が普及し、それによって”カニ漁”も急増。これが今日の”カニ激減”の要因では?という話もあるようです。そういった意味では、実はロシア側も”カニ量不振”に痺れを切らしていたのではないでしょうか。

ただ、今回の事件に関しては、もはや”軍事上”の問題はほぼ”皆無”に等しいにもかかわらず、”武力”で解決しようとした所が問題なのだと思います。確かに、吉進丸が”領海違反”をしたのはほぼ間違いないようですし、この件に関しては明らかに日本側が悪いのでしょう。でも、せめて”脅し”程度のカラ大砲を鳴らすとか、その程度ではダメだったのでしょうか? 何も銃で撃ち殺さなくてもねぇ(哀) 北朝鮮みたいな明確な”軍事がらみ”の”不法侵入”ならともかく、今回の件はあくまでも”漁業”であり、ほんの少し”規定海域”を越えてしまったに過ぎない訳じゃないですか! これを機に、今度こそロシアは”北方領土問題”に関しては真剣に考え直すべきだと思います。あくまでも「米軍基地を作らない!」という条件であれば、全てとは言わないまでもある程度の”領土返還”はあってもいいと思うのですがね。

長尾剛著「日本史・あの事件の意外なウラ事情」(PHP文庫)を読んだ所、幕末の日本の”開国”に当たってのロシア側の応対は非常に”紳士的”だったとの事です。実はロシア人の”本性”はこちらなのではないかと思います。それに対してアメリカのペリーの態度は非常に”傲慢”で”暴力的”で、事実上”武力”によって無理やり「日米和親条約」を結ばせたわけですからね。それでも、ロシアは決して”武力工作”には打って出なかったそうです。本来ロシア人の”性格”は実に”紳士的”なのではないかと思うんです。しかし、それを”暴力的”にしてしまう陰にはアメリカの存在があるからに他ならないのは確か! ”北方領土問題”が中々解決できない最大の要因も”アメリカの存在”にあると思います。そういった意味でも、日本はもう少しアメリカに対しても”強気”になるべきですし、”北方領土問題”に関してはアメリカをも交えて「米軍基地を作らない!」という条件を念頭において速やかに解決してもらいたいですね。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/08/20(日) 11:40:43|
  2. 社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<グローバル・レスリング連盟発足! | ホーム | 奥入瀬・十和田旅行記(3日目)>>

コメント

ロシアに漁獲権料として、商材によっては30%近く払わなければならないと
か・・・。密漁もしたくなりますよね・・・・。
北方領土が返ってくれば、蟹や鮭、昆布なんかも、もっと安く食べられるように
なるのに・・・!
  1. 2006/08/21(月) 15:02:09 |
  2. URL |
  3. マグロ君 #-
  4. [ 編集]

う~む・・・

ロシアの方も”軍事目的”以外にも”漁業目的”としても北方領土を保持したがる理由としているのでしょうね。特にここ数年ではカニの漁獲高も大幅に増えているとか。そうなると、そうは簡単に北方領土を手放してはくれなさそうですね(悲)

でも、だからといって”侵入者”が”軍艦”ではなく明らかに”漁船”とわかっているのに”銃”で撃ち殺すのはちとやりすぎでは? せめて”空砲”でよかったはずです。実際、”領海侵犯”をしたとはいえ納沙布岬からすぐ見える所の本当に”微妙”な海域じゃないですか。せめて撃つなら”下っ端”じゃなくて”船長”を撃てよって! 獲って意味があるのは”大将首”でしょ(笑)
  1. 2006/08/21(月) 21:51:52 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/317-05a79a14

スーパーpsy野神

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。