コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

歴史ミステリー① 本能寺の変の真相

天正10年(1582年)6月1日、”中国征伐”の為に亀山城に入っていた明智光秀は、軍備を整え家臣達を集めると、「敵は本能寺にあり!」と言い放ち、進路を中国地方から急遽京へと変更し、”主君”織田信長のいる本能寺に向い、本能寺を取り囲んで”主君”である織田信長を討ち果した。世に言う”本能寺の変”である。

この事件は、”定説”では、明智光秀が”主君”織田信長に対して何らかの”恨み”を持ち、その”恨み”を晴らさんが為に信長に対して”謀反”を起こしたもの、と言われています。その”恨み”とは、信長に”謀反”を起こした荒木村重の”人質”となった母を見殺しにした事、”甲斐武田討伐”に成功した際、「”我等”の頑張りあっての勝利にござる。」と口を滑らせた所を信長に聞かれ「お前は何もしていないではないか!」とこっぴどく殴られた事、安土城での徳川家康の”接待役”を任ぜられた際に、”料理”に出された”鮒寿司”が家康の家臣団ひいては信長に不興を買った事、その上、近江、丹波の所領の”没収”を言い渡された事、などが上げられます。しかし、”文武”双方に秀でた光秀ほどの人物が、そのような”個人的恨み”によって果たして”主君”を討つだろうか? そこら辺の所が常々”疑問視”されてきた上、そうした”遺恨説”の多くは後から作られた話である事が判明したようです。

そこで、浮上した説が”ストレス説”。信長の冷徹無比な振る舞いに次第に”恐怖心”を抱き、更に林通勝、佐久間信盛らの”老臣”を”追放”した事によって、その刃が次は自分に向けられるのでは?と不安になった為、とする説です。確かに、これも一理あります。でも、それだったらその前に”隠居”を申し出る方が先だと思うし、それが信長を討った”直接的理由”としては少し弱いでしょう。

で、今”有力視”される見方が”黒幕説”です。これも、いくつかの”諸説”があります。①足利義昭説、②徳川家康説、③豊臣秀吉説、④朝廷(その背後にいる秦氏)説・・・が上げられます。①の足利義明説は、彼が信長に京を追われ、毛利家に預けられた際、尚も”信長打倒”を目論み、全国の有力な武将に密書を送っていたのは事実。しかし、もはや足利義昭にそこまでの”権威”はなく、多くの武将は彼をあまり相手にはしなかったのが実状でしょう。②の徳川家康説は、家康に”正室”である築山殿とその間に出来た嫡男信康が武田氏に”内通”したとの密告が入り、両者が”死罪”になった事に対する家康の”恨み”があり、そして、”本能寺の変”の後、明智光秀が家康を後追いしなかった事が、”家康黒幕説”につながるのでしょう。しかし、実際、”正室”築山とはあまり”心”は通わせていなかったようだし、彼が息子信康を抱きこんで”謀反”を企てる要因は実際にあったようなので、結局、全面的に信長に反旗を翻すほどの理由にはならなかったはず。それと、光秀が家康を後追いしなかった事も、家康はあくまでも信長の”同盟者”に過ぎなかった事と、それ以外に信長恩顧の武将の反撃の方を警戒していたはず。それと、家康の”伊賀越え”というのも光秀が後追いできなかった理由になるはず。大軍を率いて細々とした”山道”に攻め込むのは至難の業。そうしている内に他の武将に攻められる危険性もあります。それが、光秀が家康を追わなかった最大の”理由”ではないでしょうか。
そして、現時点で”有力視”されているのが”豊臣秀吉説”。定説では、信長の”絶対的”な家臣で、信長を裏切るなんてありえない、と思われていた武将。ところが、彼の”素性”がだんだんおぼろげになるにつれ、彼の”信長忠臣説”は崩れ始めているようです。そもそも、”定説”で言われている”秀吉=農民出身説”は現時点ではかなり”疑問視”されているようです。”農民出身”の割には”情報集主力”に秀でていて、”野武士”や”山の民”とのつながりが深く、”墨俣城築城”や”備中高松上水攻め”など”機知”に富んだ”知略”はどう考えても”農民出身者”とは考えにくい。そこで、今”有力視”されているのが”サンカ”と言われる”山の民”の一種で、どちらかと言うと”忍者”に近い”情報収集力”に長けた集団です。おそらく、秀吉の父親とされる弥衛門と言う人物は元々”サンカ”の人間で、”足軽”として戦に赴く事もあったようですが、”怪我”によって”農民”になった、という話ですから、あくまでも”農民”は”仮の姿”であって、その”正体”は”サンカ”だった、と言う事でしょう。そういう背景からすれば、秀吉は信長の”才能”を見抜き、彼の躍進に”便乗”するかのように出世して行ったのでしょう。これは、単に信長に惚れ込んだ、という事ではなく自分の”出世”のために信長を利用した、とも考えられるでしょう。そして、”本能寺の変”が起こると、秀吉はそれを察知したかのように、すぐさま”敵方”の毛利と”和睦”し、”光秀討伐”に向けて急遽京へ向かいました。世に言う”中国大換えし”です。全行程200kmをわずか5日で移動したとの事。ここまでの”機敏”な行動は、秀吉が”本能寺の変”をはじめから知っていたとしか思えないのは確かです。それが、”秀吉黒幕説”につながる最大の”理由”であり、実際、ある本ではこの説を”断定”している人さえいます。

でも、本当に秀吉が黒幕なのだろうか? 実際は、もっと”深い”所に本当の”黒幕”が潜んでいるようにも思えるのです。それが、④の”朝廷黒幕説”で、もっと言ってしまえばその”朝廷”を陰で動かす”秦氏黒幕説”です。そもそも、この一族は、”天皇家”をはじめ、日本中の有力な人物を”陰”で動かしている、といわれる一団。聖徳太子の”参謀”である秦河勝もその一人。そして、その後の数ある”有力武将”にも必ずと言っていいほど”秦氏”の”影”あり、と言えるでしょう。という事は、”戦国武将”の背後にも、当然ながら”秦氏”がいる訳で、彼らの”人数”、”力量”によって”天下”を取れるかどうか左右されると言っても過言ではないでしょう。となれば、信長、秀吉、家康の”背後”にも当然ながら秦氏が関わっていたと見ていいでしょう。と言う事は、信長の”死”、それから秀吉の”盛衰”にも秦氏は絡んでいると見ていいでしょう。しかし、この秦氏が最も大事にしている存在はあくまでも”天皇家”。”天皇家”の威信を守る為に”有力武将”を味方につける必要があった事も確かでしょう。しかし、その”有力武将”が”天皇家”に”刃”を向けたらどうなるか? 当然”始末”されるでしょう。織田信長は事実上”天下”を物にした後、”天皇制”を廃止して、自分が日本の”頂点”に立とうとしていたのでは?と言われています。そのために、当時の天皇である正親町天皇の”退位”を催促していたようです。その動きを察知した”秦氏”が、明智光秀を動かして”本能寺の変”を起こし、さらに中国にいる豊臣秀吉をうごかして、”山崎の合戦”で秀吉と光秀の”勝者”に”天下”を取らせるように仕組んだのでしょう。もし、これらが全て秀吉自らの”計画”によるものであれば、その後の”朝鮮出兵”や”利休切腹”など”理性”失ったような行動を取るようになったのも”不自然”です。そして、その後はそれこそ何者かに仕掛けられたかのように今度は徳川家康が”天下”を取るのです。おそらく、この”説”を取るのが一番”妥当”なのではないでしょうか。

ただ、そうなると問題は明智光秀のその後の”行方”です。仮に秦氏が明智光秀を動かしたのだとすれば、彼らはむざむざと光秀を”見殺し”にしたのだろうか? それに、彼は小栗栖の林の中で農民に殺された事になっていますが、実はこれも結構怪しいようです。明智光秀ともあろう武将が武器をロクに扱えない農民にむざむざと殺されただろうか? ”竹槍”で刺されたたとしても、せいぜい”負傷”程度です。この件に関しては、実は光秀は密かに生き延びて、家康の”政治顧問”となった高僧、南海坊天海に”変身”したのではないか?と言う説が浮上しています。これには結構”根拠”があって、①光秀と天海の”生まれ年”がほぼ同じ事、②光秀の木像と位牌のある慈眼寺の寺号と天海の諡名が同じ「慈眼」である事、③比叡山・松禅寺に光秀寄進の石灯籠が現在でもあり、その寄進日が光秀が既に死んでいるはずである慶長20年(1615年)である事、④日光東照宮の近くの中禅寺湖や華厳の滝が見える平らな場所を明知平といい、天海が命名している事、⑤日光東照宮の陽明門の入り口の脇にある二対の大礼服の随身の座像は二対とも着物に明智家の桔梗紋がある事、・・・が挙げられます。おそらく、秦氏にかくまわれながら天海となり、家康と接近し、秦氏とともに日光東照宮の造営に大きく関わっていったのではないでしょうか。

20050604192213.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/05/29(日) 12:00:59|
  2. 歴史|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<特選アルバム(プログレ編)① YES「FRAGILE」 | ホーム | プロレス一発ネタ⑤ クサマです・・・>>

コメント

野神さん、だいぶ遅くなりましたがブログ開設おめでとうございます。
いつも拝読させていただいています。

ここに書かれている本能寺の変の頃は、私が今一番興味を持っている時代です。
とは言っても、私はきちんと歴史を語れる程に本を読んだり研究している訳ではありませんで、ただ好きというだけなのですが。苦笑
秦氏説は野神さんのブログを読んで初めて知りました。
確かに、一番つじつまが合う有力で説得力のある説ですね。

これからも歴史スレをどんどん書いてくださいね。
楽しみにしています。
  1. 2005/06/04(土) 02:46:26 |
  2. URL |
  3. みい #-
  4. [ 編集]

みいさんようこそ

こちらでははじめまして。僕は歴史関係結構好きなので、どんどん書いていきたいとは思っているのですが、このネタになると結構文章が長くなったり、いろいろ調べ物をしなければいけない関係上、一度メモに下書きしてから出ないとちょっと難しいので、手間はかかりますがいろいろなネタをこれからも書いていきたいと思います。
  1. 2005/06/04(土) 09:27:52 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

訪問ありがとうございます

野神さん、コメントおよびトラバありがとうございます。

秦氏説というのは知りませんでした。
謎が深まりますね。
戦国自衛隊のように1582年にタイムスリップしたいもんです。
  1. 2005/06/05(日) 21:04:44 |
  2. URL |
  3. 上総介 #K2aafy5E
  4. [ 編集]

上総介さん、ようこそ!

日本の”歴史”の多くは数多くの”謎”に包まれています。「古事記」「日本書紀」の記述より始まり、どう見ても”矛盾点”を伴うものが多いです。でも、その多くは意図して”真実”を覆い隠されているのでしょう。その”黒幕”というものが必ずや存在するはずです。

その”最有力候補”に挙げられるのが秦氏ではないか?と言われています。歴史的な”大事件”の裏には、必ずと言っていいほどこの秦氏が関わっているようなそんな気さえします。でなければ、日本が未だに”象徴”とはいえ”天皇”が頂点にいられるはずがないのですから。”将軍家””幕府”の交代はあっても”天皇家”の交代はありません。それが他の国の”王家”に比べると極めて”特殊”な存在なのだと思います。

で、”本能寺の変”の話に戻せば、中には信長は本能寺で”自決”したのではなく、秦氏の手の者に捕らえられて処刑された、という説もあります。いずれにしても、突き詰めれば”謎”にぶち当たる事は確かですね。
  1. 2005/06/06(月) 21:53:54 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/31-1a1c70fc

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。