コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本日の新日月寒グリーンドーム大会結果

【Circuit 2006 Turbulence -IWGPヘビー級王者決定トーナメント-】
〈日程〉7月17日
〈会場〉札幌・月寒グリーンドーム
〈観衆〉3,955人

(IWGPヘビー級トーナメント1回戦)
○曙(6分55秒 ランニング・ボディプレス→体固め)天山●

(IWGPヘビー級トーナメント1回戦)
○永田(7分48秒 バックドロップホールド)トムコ●

(IWGPヘビー級トーナメント2回戦)
○バーナード(4分46秒 横入り式エビ固め)曙●

(IWGPヘビー級トーナメント2回戦)
○棚橋(13分46秒 グラウンドコブラツイスト)永田●

(NWA世界Jrヘビー級選手権)
○タイガー(12分13秒 タイガースープレックスホールド)井上●

(IWGPタッグ選手権)
○中西、大森(挑戦者)(15分17秒 ヘラクレスカッター→片エビ固め)●真壁、越中(暫定王者)
※中西、大森組が第49代IWGPタッグ王者に!

(IWGPヘビー級トーナメント決勝戦)
○棚橋(17分44秒 スリングブレイド→片エビ固め)バーナード●
※棚橋が第45代IWGPヘビー級王者に!

まぁ、昨日のNOAHと比べると・・・”説得力”が薄いですなぁ(汗) まず、この”IWGP王者決定トーナメント”の”組み合わせ”はなんだ! まぁ、急な事ですからしょうがないにせよ、どう考えても”出来すぎてるような気がします。中西は”タッグ”の方があったからしょうがないにしても。

大体”スリングブレイド”が本当に効くのかどうかも怪しいのにこりゃ無いだろって(汗) 今の棚橋が本当に強いのならKENTAと戦ってみろって! 何でここで永田が勝たない(悲)

まぁ、とりあえず中西&大森組の”IWGPタッグ”に関しては心から祝福したいと思います!
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/07/17(月) 23:45:28|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<日本の国力について | ホーム | 7.16、NOAH武道館大会観戦記>>

コメント

スリングブレイドは空中技にしてはあまり体重が乗ってないように見えますね。普通のランニングネックブリーカードロップの方が痛そうですね。まあプロレス技は痛くないと思っている人には「回転する事で遠心力がつき体重の数倍の重さが後頭部を遅い致命的大ダメージを受ける」と説明しておけばいいと思います。ちなみに僕はザ・ロックのピープルズエルボーについて「あれは相手の胸にある心臓にダイレクトに通じる急所をピンポイントで肘で突き刺し、本当に動けなくなる」などと勝手に説明した事がありました。が、最近はもうそういう話は僕のような素人にわかるはずが無いと思い掲示板とかでもそういう事を聞いてくる人は相手にしていません。

棚橋は細かい動きが多いので、もっと落ち着いて試合をするようにすれば良くなると思います。まあでも今一番会場人気がありそうな棚橋がプロレスが上手くなるチャンスでもあります。
  1. 2006/07/18(火) 15:36:34 |
  2. URL |
  3. むぎ #-
  4. [ 編集]

棚橋の技

棚橋のあの”肉体”を考えれば、もっと”打撃”や”受け”を磨いてもいいと思います。確かに、藤波を尊敬する棚橋が”華麗技”や”丸め込み”などをやりたいのはわかります。でも、棚橋は”Jr”ではなく”ヘビー”なんですから、”スピード”、”テクニック”、”柔軟性”の他にそこそこの”パワー”や”技の重み”も身に付けなきゃ駄目だと思います。そこから技における”説得力”が生まれるのではないでしょうか。

”スイングブレイド”なんてそれこそ”Jr戦士”が使う技。棚橋はそれに”重み”を付け相手に大きな”ダメージ”を与えなければなりません。”ヘビー”であるならそういった技を使うべきです。”小奇麗”な技は”Jr”で充分です。そもそも、”Jr”であるKENTAでさえそういった技はあまり使わない訳ですからね。もっとも、杉浦や金丸にその手の技は似合わないですけどね(汗)

藤波にしても三沢にしても”Jr”から”ヘビー”に変わってからは確実に”戦い方”を変えていますよね。しかし、棚橋の場合は元々”ヘビー”なのに戦い方が”Jr”なんですよ。そこを変えない事にはいくら”IWGP王者”になった所で全然”説得力”は生まれないです!
  1. 2006/07/18(火) 22:24:10 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

真の王者へ

棚橋がタイトルを取ったのは私的に凄く嬉しいですね。今の新日本のヘビーで輝いているのは、棚橋です。

一番光り輝いていると思いますし、若かりし頃の武藤敬司ほどでは無いにしろ、それに近い印象を私は受けるのです。

勿論、スリングブレイドは、Jrの様なワザだけれども、説得力のある完成度と華麗さがあれば、誰でも納得するでしょう。

Jrだろうが、ヘビーだろうが見て、凄いと感じれたら私は会場で満足しますよ。ターボドロップ2を会場で見たとき、口が開いたままボーッとしていた事がありますよ。あれくらいインパクとがあったらいいなぁって思いますね。
  1. 2006/07/20(木) 22:18:02 |
  2. URL |
  3. コツコツタイガー #.H0zLBzo
  4. [ 編集]

そうですね。

確かに、現時点でもっとも”新日エース”にふさわしいのは棚橋だと思います。でも、それは最終的に観客やファンが納得できる状態になってこそ言える事であって、現時点の棚橋あるいは中邑の場合はその前に団体側の”プッシュ”が大き過ぎたと思うんです。だからこそ、本当の意味で”中身”が伴っていない状態で”次期エース”とされてしまったから、多くのファンの心を今ひとつ掴めずにいるのだと思います。

その点、何も無い所から自力で這い上がり、もはや”階級”をも飛び越えようとしているのがNOAHのKENTAです。ですから、今のKENTAだったらもしかすると棚橋に勝ってしまうんじゃないか?という”錯覚”も覚えてしまうんです。それと、新日では山本もそうですよね。彼は”デビュー”してから殆ど”負け”が多く、更に後輩の後藤(洋)、安沢、裕次郎にも先を越されつつありました。ところが、そういった”崖っぷち”から一気に這い上がって現在は”若手”で唯一”G1出場権”を獲得しています。そういう意味では、僕は新日の将来は棚橋でも中邑でもなく、山本にかかっているような気さえします。

まぁ、それでも棚橋は”IWGP王者”になった訳ですから、ここから”真の王者”、”真のエース”としての”風格”を身に付けていけばいいと思います。決して天山のような”大失態”は許されないのです!
  1. 2006/07/21(金) 22:33:19 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/295-a1d548a7

スーパーpsy野神

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。