コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

異常国家、北朝鮮

現在、世界中を見渡して北朝鮮ほど”異常”な国はないでしょう。北朝鮮・・・、正式名称”朝鮮民主主義人民共和国”。なのに、この国のどこに”民主主義”なんてあるのでしょうか? 

確かに、少し前まではイラクがサダム・フセインの”独裁体制”になっていましたし、アフガニスタンも”タリバン”や”アルカイダ”といった”イスラム原理主義組織”に支配されていましたが、彼らはあくまでも”イスラム教”の概念が根底にある訳で、あくまでも”国”のため、”民族”のため、という思想の上に成り立っていた訳ですから、それを踏まえれば決して”異常”ではなかったのだと思います。もっとも、歴史的に見ても、ヒトラー、スターリン、毛沢東、もっと遡ればナポレオンだって織田信長だって、本来は”国のため”という”理想”の上で”独裁体制”を敷いていたのだと思います。”帝国主義時代”の日本だってそうだった訳だし、”現北朝鮮国家主席”である金正日の父である金日成にしてもそうだったと思います。

しかし、今の”金正日体制”の北朝鮮はどうでしょうか? ありゃ、どう考えたって金正日による単なる”政治の私物化”以外の何物でもないでしょ! 実際、今日の北朝鮮の”礎”を築いたのは”偉大なる父”金日成であり、彼が北朝鮮国民から”神”として崇められるのはわかります。でも、金正日はただの”2代目”でしかないんです! なのに、父同様国民に対して彼を”神”同様に崇め立てるようにように強要したり、たいした”功績”も無いのに周りを”美女”で固めて”優雅”な生活を送っている裏で多くの国民は”飢餓”で苦しんでいる訳ですし、それによる”他国亡命”だってかなり行われているんです! 更には、日本やアメリカが北朝鮮に対してちょっと何らかの”意見”をしただけですぐ”ミサイル発射”って! 本当に呆れた国ですね(汗) 金正日は”独裁者”といっても古代ローマの皇帝ネロと同種の”独裁者”でしょうな(笑) まぁ、もっともこれらの事が本当に金正日一人の意思によって行われているのかどうかは”疑問視”されている節もあるようですけどね。

それにしても、今回の”ミサイル7連発発射”は呆れ返って物も言えませんね(恐) そもそも、この”ミサイル発射”に踏み切った理由としては、アメリカの”金融制裁”にある、としていますが、だったら正々堂々とアメリカを狙えって! どう考えても日本を狙ってんだろ、奴らは! まぁ、確かに彼らが本当に憎いのは日本なのかもしれません。そもそも、北朝鮮の”創始者”である金日成が元々”抗日家”だったため、当初から日本を”敵視”する傾向にあり、その延長線上に今国際問題にまで発展している”日本人拉致事件問題”や、昭和62年に日本人に成りすました金賢姫らによる”大韓航空爆破事件”が引き起こされた訳ですからね。確かに、その”根底”には1910年から1945年の35年に渡る”韓国併合”の時代があり、それに対する”恨み”みたいなものが未だにあるのでしょう。もっとも、このような観念は現在の韓国、あるいは中国にもあるようですが、でも、実際は”韓国併合”は単なる日本による韓国の”支配/植民地化”ではなく、李氏朝鮮時代の”強行体制”やそれ以前からの事実上の中国からの”属国体制”からの開放、更には新たな諸外国からの”支配”の阻止、そういった理由から行われた、というのが真相のようです。それが、GHQによる”日本統治”によって、彼らが一方的に「日本はアジアの独裁者」みたいな発言をしたから、それを未だに中国、韓国、そして北朝鮮が信じ込んでいるに過ぎないのだと思います。

こうしてみると、どうも今回の”ミサイル発射事件”を裏で操っているのはアメリカのような気がしてならないのです。どう考えても、アメリカが北朝鮮を怒らせて、その”怒りの矛先”を日本に向けさせているようにしか思えないんです。更には、アメリカは北朝鮮を日本を自分達の”言いなり”にさせるための”最後の切り札”にしているようにも思えるのです。でなければ、あんな異常な国、それから異常な指導者をいつまでも野放しにする訳ないですからね。大体、アメリカほどの”軍事力”や”軍事戦術”に優れた国であれば、実際は”派手な戦争”をしないでもあのような”独裁政権”を終らせる術は持っているはずなんです! 別に”罪の無い人”を大量に殺さなくても”殺すべき人”を速やかに”暗殺”すれば済む事なんですから。あるいは”内部分裂”に持ち込む事もできるはず。しかし、アメリカがそれをやらないのはそこにアメリカの”利権”が関わっているからに他ならないんです! ”アラブ諸国”に対しては”石油の利権”が関わっている! そして、中国、韓国、そして北朝鮮に関しては”日本に対する圧力”の道具にしているのです! アメリカが”ガチ”で潰したかった国はソ連をはじめとする”東欧社会主義国”だったのでしょう。だからこそ、これらの国に対しては”武力制裁”を用いず、”政治的戦略”によって穏便に”資本主義化”に導いた訳ですからね。されど、その手法を中国や北朝鮮に用いないのは日本に対する”最後の切り札”にしたいからではないでしょうか?

まぁ、そんな事を知らない(あるいは知っていながら知らん振りしている)日本政府は、おそらくしぶしぶ北朝鮮に対する”経済制裁”に踏み切るのでしょうけど、しかし、上杉謙信が”敵将”である武田信玄に塩を送ったエピソード、所謂「敵に塩を送る」という言葉ですが、これは武田信玄に敵対した多くの武将が甲斐への塩の運送を止めたのに対して、上杉謙信は「わしの敵は武田信玄ただ一人! 家臣、領民を苦しめるために塩をとめる事は出来ん!」という事で塩の運送を止めなかった、というのがこの言葉の”語源”になっている、という通り、これは今回の北朝鮮にも当てはまると思うんです! ただ単に”経済制裁”を加えた所で、ただでさえ苦しんでいる北朝鮮の国民をこれ以上苦しめてもしょうがない訳だし、こんな事したらますます日本は”北朝鮮国民”から恨まれます! ですから、飢えに苦しんでいる”北朝鮮国民”を何らかの形でこの国から”開放”させてあげる術を考える事こそ先なのではないか?と僕は思います。そして、改めて金正日率いる”北朝鮮幹部”に対して最終的な”審判”を下すべきなんです! ただ、いずれにしてもアメリカが事実上の”世界の実権”を握っている以上、”平和的解決”にはおそらく向かわないのでしょうけどね(汗)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/07/09(日) 10:39:46|
  2. 社会|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<偉大なレスラー① リック・フレアー | ホーム | 「G1 CLIMAX 2006」出場者決定>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/288-80547c4e

テポドン音頭

 政治的なことはあまりブログで書きたくないので・・・・ でも何か狂っている。 何か間違っている。 そんなときは笑いに変えてしまえ・・・・!!  スネークマンショー で有名な桑原茂一氏が主催
  1. 2006/07/10(月) 09:14:03 |
  2. らくえん の ココログ

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。