コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本日のK-1GPオランダ大会結果

【K-1 WORLD GP in AMSTERDAM】

(リザーブファイト)
○ゴクハン・サキ(3R終了 判定)ラニ・ベルバーチ●

(リザーブファイト)
○ロドニー・ファベーラス(3R終了 判定)ジョン・デルガド●

(トーナメント準々決勝戦)
○アレクセイ・イグナチョフ(2R 2分08秒 右ストレート→KO)ピーター・ホンドラチェック●

(トーナメント準々決勝戦)
○メルヴィン・マヌーフ(1R 2分10秒 右フック→KO)富平辰文●

(トーナメント準々決勝戦)
○ビヨン・ブレギー(3R 1分10秒 右ストレート→KO)フレディ・マケイヨ●

(トーナメント準々決勝戦)
○ナオホール”アイアン・レッグ”(1R 2分10秒 右ハイキック→KO)アティラ・カラチ●

(スーパーファイト)
○セーム・シュルト(3R終了 判定 3-0)ロイド・バンダム●

(トーナメント準決勝戦)
○ゴクハン・サキ(3R終了 判定 3-0)アレクセイ・イグナチョフ●

(トーナメント準決勝戦)
○ビヨン・ブレギー(2R 1分40秒 右ひざ蹴り→KO)ナオホール”アイアン・レッグ”●

(スーパーファイト)
○レミー・ボンヤスキー(3R終了 判定 2-0)ジェロム・レ・バンナ●

(K-1 WORLD GP in AMSTERDAM 決勝戦)
○ビヨン・ブレギー(1R 1分44秒 KO)ゴクハン・サキ●
※ビヨン・ブレギー、K-1 WORLD GPオランダ大会優勝!

今回の「K-1オランダ大会」はいろいろと”突っ込み所”が満載なもんですから(笑)、”コメント”を少し遅らせる事にしました。

まず、今大会の”大目玉”であったホーストVSサップの”リベンジマッチ”ですが、なんとサップが土壇場の”欠場”。”理由”は一応”体調不良”と言う事らしいですが、どう考えても”敵前逃亡”というのが見え見えですね(苦笑) どうやらサップは開会式に出席し、バンテージも巻いて臨戦態勢だったとの事。ところが、自身の4試合前のシュルト-ヴァン・ダム戦中、なぜかリングサイドに出現し、K-1を主催するFEGと地元プロモーターを相手に「これを認めなければ出ない」という”無理難題”を吹っかけ、拒否されるや試合30分前に「やらない」と通告して会場を立ち去り、そのまま行方をくらませたそうです(呆) これにて、サップは”マット界追放”の可能性大だそうです(哀) あれだけの”体格”と”身体能力”を持ち、人間離れした”破壊力”を持ちながら、”マスコミ”にいいように持ち上げられて、そして踊らされた挙句、一気に”奈落の底”に突き落とされた訳ですからね。で、仕舞にはホーストから尻尾を巻いて逃げた訳ですからね(呆) 正直、”もったいない”と言うか”呆れた”というか、とにかく「ご愁傷様でした!」と言いたいですね(笑)

でもって、サップに代わりアーツがホーストの”対戦相手”となりました。しかし・・・。いざ”試合”が開始すると「何じゃこりゃ!?」と言うぐらいの見すぼらしい”戦い”をしてましたね(汗) 正直、この試合は「昔の名前で出ています。」と言わんばかりの”懐メロ番組”と同じようなもんでしたね(呆) ”動き”は鈍いわ、技の”キレ”はないわ、”スタミナ消耗度”は激しいわ、”足”は上がらないわ・・・(悲) もうこれじゃ、単なる”おじいちゃんのじゃれあい”にしか見えなかったんですが。まぁ、これだったらサップとやらなくて”正解”だったかもしれませんね(笑)

それと、もう一つの”目玉カード”であるバンナVSボンヤスキーですが、これも「またですか?」って感じの”展開”でしたね(呆) K-1はどこまでボンヤスキーを”ひいき”すれば気が済むんだ? ありゃ、どう見たってバンナの”勝ち”だろう。終止”優勢”だったのはどう見たってバンナだし、バンナ自信も”判定”の時に腕を高々と上げてましたからね。正直、”判定ポイント”の”基準”って何なのでしょうか? まぁ、ボンヤのキックの”的確さ”は他の選手を抜きんでているのは確かですから、おそらく当たるべき所に”的中”した、と言う事で”ポイント”がついたのでしょうね。と言う事はボンヤにとっての”K-1”の”K”はもしかして”剣道”の”K”か? 僕的には、”K-1”たるものは”パンチ”や”キック”を当てるべき所に只当てればいいってもんじゃないと思います。それ以前の決定的な”破壊力”も必要だと思います。

それから、イグナチョフ。もはや、彼にも”陰り”が見えたか? あれだけの”体格”と”身体能力”、そして”破壊力”を身に付けながら、”チャンス”を逃しすぎましたね(哀) そうしてる間にどんどん”新たな強豪”が台頭してきちゃいましたからね。アラン・カラエフ、ポール・スワロンスキー、ナオホール”アイアン・レッグ”、そして、今大会で”優勝”したビヨン・ブレギー。もはや、イグナは”スタミナ”の無さと”動きの速い選手”が”苦手”である事が露呈しちゃいましたから、今後は”総合”に転進して一からやり直した方が良いのでは?

で、肝心な”トーナメント”の方ですが、やはり”打撃の本場”だけあってかなり”レベル”が高かったですね! ブレギー、ナオホールもさる事ながら、メルヴィン・マヌーフという選手も”小柄”ながら素晴らしい選手でしたね。”タッパ”が低い割にはあれだけの”筋肉”を身にまとって、”重いパンチ”を持ち、しかもすばやい動きをして、そして何よりも”安定感”があります。最近”巨大化”しつつある”K-1ヘビー”の面々にとっては非常にやりにくいファイターだと思います。しかし、惜しくも”怪我”してしまいましたね(残念)

まぁ、ある意味この”オランダ大会”こそ”本戦”の”前哨戦”的な大会だったと思います。今年の「K-1ワールドGP」の方も何か”ゾクゾク”してまいりました!
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/05/14(日) 22:35:14|
  2. 格闘技情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7
<<本題に入る前に-飛鳥昭雄氏について- | ホーム | バトン:「自分が格闘家なら、この曲で入場するぜ!」>>

コメント

こんばんは!マヌーフには、かなり期待ですね!サップはやっちゃいましたね。要求した無理難題が気になりますよね。
  1. 2006/05/16(火) 23:12:53 |
  2. URL |
  3. H.T #-
  4. [ 編集]

こんばんは!度々失礼します。なぜかTBがうまくできませんでした。コメントだけですいません。
  1. 2006/05/16(火) 23:23:33 |
  2. URL |
  3. H.T #-
  4. [ 編集]

私はアーツとホーストを擁護します。

 サップが逃げて、一番辛かったのはアーツだと思います。
 打倒サップに3ヶ月間の猛特訓をしてきたホーストも然る事ながら、つらい思いをしたのはアーツだと思いますよ。

 彼らは日々鍛錬を続け、行往座臥臨戦態勢にある武道家ではなく、K-1という格闘技をやっているスポーツ選手です。

 日々のトレーニングはしていたとしても、それは試合のオファーが来て受諾した時に準備期間が始まるのであって、それまでは適度なトレーニングであり、試合後数週間はオフの期間もあるでしょう。

 そのバランスがあるから試合に集中して調整できるのだし、そのための事前オファーです。

 今回、アーツは明らかにオフシーズンの体つき・動きでした。そりゃそうですよ、試合の1時間前だか30分前だかに緊急オファーを受けたんですから。
 30分で3ヵ月分の猛特訓なんて、漫画でも有り得ないです。ウォームアップもストレッチもできない。

 それでもアーツはK-1が自分をここまで育ててくれた事をちゃんと理解してますし、ホーストというライバルがいたからこそ強くなれたことに感謝しています。

 だから、リスクを省みずオファーを受けた。

 ましてや今回は「ホーストのオランダ国内引退試合」と銘打った大会ですよ。
 その主役たるホーストの試合が中止ともなれば・・・暴動必至です。
 暴動が起きるような興行は世界各地で信用を落として、興行ができなくなります。

 アーツの他に誰がこの窮地を救えるのか?
 
 試合はグダグダでしたし、私の家では子供たちが騒いでいて実況や解説が聞こえない状況でしたけれど、あの試合を見て感じましたよ。

 アーツは練習してない。
 ホーストは本気でやってない。

 何かあるな・・・と。

 まるでエキシビジョンマッチで、ブーイングも飛んでいたようですが、それでも暴動は起こりませんでした。

 多分、テレビでは藤原紀香様が素晴らしいフォローをされたことだと思います(聞こえなかったからなんとも言えませんが・・・)。

 アーツがオランダ人だったという事も幸いだったでしょう。オランダ人がアーツとホーストの関係をある程度知っていたということも幸運だったかもしれません。

 アーツはあんな自分を観客に晒したくなかったでしょう。ホーストは3ヶ月分の過酷な特訓の成果を出す事ができず、さぞかしや無念だったでしょう。

 リング上で全てを見せることができない緊急事態、それを救ったのは自らの競技者としての商品価値を省みずにホーストの正面に立ったアーツであり、私はピーター・アーツという競技者としてではない、ひとりの男としての態度に敬意を表します。

 また、こんなに熱い戦士を育て上げたK-1をまだまだ捨てたモンじゃないと見直しましたよ。その部分だけは。(いや、石井館長の頃の初期K-1が凄いのでしょうけれども。)


 他の試合は、トーナメントの決勝しか見てませんが、ボンヤスキーについてはまたまた議論紛糾しているようですね。

 ボンヤスキーもオランダ人ですから、ホームタウンデジジョンじゃないでしょうか?ジャッジも3人ともオランダ人だったらしいですし。
  1. 2006/05/17(水) 09:17:22 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

あのこれは僕が勝手に想像している事なんですが、これはアーネストホーストの地元で引退試合という事でプロモーターがボブサップに負けてくれと言ったのではないでしょうか。前日の記者会見でもあれだけ意気込んでいたのですから何かとんでもない要求がサップに対してあったんだろうと思いますが、、、。まあこれで逃げるようじゃサップもプロ格闘家としてはダメ。
  1. 2006/05/17(水) 13:18:12 |
  2. URL |
  3. むぎ #-
  4. [ 編集]

それでも・・・ロートルはロートル(悲)

確かに、アーツは30分前のオファーでリングに上がり戦ったのは凄い事だと思うし、その”勇気”と”根性”を買いますよ! でも、じゃぁ、アーツが充分な”練習時間”があったとしても、ここ最近のアーツの試合を見る限りではさほど変わらないような気がします(哀)

それと、問題なのは3ヶ月も前から”打倒サップ”に備えてもう特訓をしていたはずのホーストの方。「足が上がらない。」と書いたのはアーツだけじゃなくて実はホーストの方にも当てはまっていたんです! 3ヶ月練習してあの動きじゃ、仮にサップと戦ったとしても厳しかったのではないでしょうか? まぁ、それでも彼らは”オランダの英雄”である事は事実ですし、内容はしょっぱくても地元の”ファン”に対して彼らなりに一生懸命戦った事は評価したいです。

ただ、むぎ君が仰る通り、プロモーターがサップに対して”負け役”を強要した可能性はあるかもしれませんね。確かサップはプロモーターに対して「これを認めなければ出ない」と言う事を言ったようですので、もしかするとそういった”口約束”がなされていたのかもしれませんね。それに、ボンヤスキーの”判定”だってどう考えたっておかしいですよ! もしこれらが”本当”だとしたら、”格闘王国”のオランダが聞いて呆れるわ!って事ですからね。

でも、”新しい選手”は確かに素晴らしい! こういった”新たな強豪”にK-1の”将来”を賭けたいですね。
  1. 2006/05/17(水) 22:00:12 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

多分。

 ホーストは息も上がっていませんでしたから、アーツ戦は完全なエキシビジョンと見ました。

 ホーストは練習してないアーツにガチで行けなかった無念はあると思います。スローなハイキックはもとより、得意のローをほとんど出さなかったのがなによりの証拠だと。
 
 サップの無理難題はあからさまな負けブックよりも「ローキックの禁止」だと思います。それだけで何倍も“ザ・ビースト(笑・・・ホントに野獣ですね、強い者からは逃げる!そりゃ野生だわ~)”に有利になりますしね。
  1. 2006/05/18(木) 04:34:40 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

これでサップも万事休す?

もし、”ローキック禁止要請”が本当だとしたら、その時点でもはや”格闘家”として”失格”ですね(呆) ”K-1マット”においてごく普通に使われる”ローキック”を禁止させようとする時点でK-1で戦う”資格”は無いも同然ですからね。だったら、最初っからやるな!

ホーストは息が上がっていなかったかどうかはともかく、決して”余裕”の表情でもなかったように思えたのですが、それは”気のせい”でしょうか? 僕の印象では、結構”いっぱいいっぱい”のようにも見えたんですけどね(汗) 揚げ足取るようですみません(笑)
  1. 2006/05/19(金) 21:42:04 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/263-06bcf1f4

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。