コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昨日の「PRIDE無差別級GP2006」開幕戦結果

【PRIDE無差別級GP2006開幕戦】
〈日程〉5月5日
〈会場〉大阪ドーム
〈観衆〉47,423人

(PRIDE無差別級GP トーナメント1回戦)
○ファブリシオ・ヴェウドゥム(2R 3分43秒 腕固め)アリスター・オーフレイム
※ファブリシオ、2回戦進出!

(PRIDE無差別級GP トーナメント1回戦)
○マーク・ハント(2R 4分15秒 TKO(レフェリーストップ))高阪剛●
※ハント、2回戦進出!

(PRIDE無差別級GP トーナメント1回戦)
○ジョシュ・バーネット(2R 1分57秒 V1アームロック)エメリーヤエンコ・アレキサンダー●
※ジョシュ、2回戦進出!

(PRIDE無差別級GP トーナメント1回戦)
○藤田和之(1R 8分25秒 右フック→KO)ジェームス・トンプソン●
※藤田、2回戦進出!

(PRIDE無差別級GP トーナメント1回戦)
○ミルコ・クロコップ(1R 1分10秒 パンチ連打→KO)美濃輪育久●
※ミルコ、2回戦進出!

(PRIDE無差別級GP トーナメント1回戦)
○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(1R 2分17秒 腕ひしぎ逆十字固め)ズール●
※ノゲイラ、2回戦進出!

(PRIDE無差別級GP トーナメント1回戦)
○吉田秀彦(1R 2分33秒 三角絞め)西島洋介●
※吉田、2回戦進出!

まずは、”順当”な勝敗に終わりましたね。

それにしても、”引退”を賭けた高阪の”踏ん張り”は凄かったですね! この試合はどう考えても高阪が勝つんじゃないか?と思うぐらい高阪の”突進力”と”打たれ強さ”には驚かされましたね。藤田と並ぶ”日本総合格闘技ヘビー級エキスパート”として、まだ”総合”に転向して日の浅いハントの”粗”を出させましたよね。しかし、結果”レフェリーストップ”による”TKO”に終わりましたが、まだまだいけそうな感じはしましたね。あれは”余裕”だったのか?、それともあくまでも”執念”だったのか?・・・。いずれにしても、昨日の高阪は本当に良く頑張りました! でもって、本当に”引退”してしまうのだろうか? ちょっともったいないですね(悲)

一方、もう一人の”日本総合格闘技ヘビー級強豪”である藤田が3年ぶりの”PRIDEマット復帰”を果たしましたが、こちらはかなり”苦戦”してましたね(汗) というより、トンプソンは我々が思っていた以上に”凄い選手”だった、という事でしょうか? 普段ならいきなり”突進”して”暴走ファイト”を展開しますが、今回は至って”冷静”な戦いをしていましたね。ですから、藤田もあっけに取られて少々”戸惑い”が見られたようにも思いました。トンプソンは単なる”暴走屋”ではなく、”本物のファイター”だった、という事でしょう。「これ、やばいな。藤田せっかくの”PRIDE復帰”もこれじゃぁ・・・。」と思っていた瞬間、藤田が起死回生の”パンチ”の連打を浴びせ、そして”逆転勝利”を収め、見事”復帰戦”を”白星”で飾る事ができました(安心)

それから、”外国人強豪3人衆”の方ですが、ここ最近”議員活動”で多忙なせいか”底”が見えつつあるミルコが、ある意味”ダークホース”的存在である美濃輪と対戦。「もしかすると美濃輪勝っちゃうんじゃないか?」といった”期待感”もありましたが、さすがに”体格”の違い、”実績”の違いからミルコの”余裕の勝利”に終わりましたね。

ジョシュも”序盤”はちょっと”苦戦”を強いられましたね。確かに、アレキサンダーは”ウェート”を絞ったせいか”動き”は良かったですね。でも、「お兄さんよりひょっとしたら強いかも?」という”実況”はいくらなんでも”言い過ぎ”だろって!(笑) 事実、それによってますます”下半身の細さ&弱さ”が露呈した感じがありましたし、”ウェート”を絞った所で”スタミナ”は相変わらず無かったし、結果的にはこちらもジョシュの”余裕の勝利”でしたね。ジョシュよ、”弟”を破ったわけですから、必ず”兄ヒョードル”に”土”をつけて”プロレスラー最強”を示してくれ!

そして、ノゲイラ。対戦相手は先だっての大会でヒョードルに”秒殺”された”期待はずれ肉弾魔人”ズールです!(まだいたのかって(笑)) ズールの”序盤”の突進もつかの間、見事な”切り替えし”によって”マウントポジション”を確保したノゲイラの”グラウンドテクニック”はもはや”芸術”の域に達してますよね。あれだけ大きな相手に対して全く物怖じせずに”グラウンドテクニック”のみで相手の動きを封じ込めてしまうんですから、やはりノゲイラは改めて”素晴らしい選手”だと感じましたね。やはり”総合格闘技”ではノゲイラのような選手にこそ”トップ”に立ってもらいたいです!

”メイン”の吉田VS西島は”柔道VSボクシングの究極の異種格闘技戦”と題されていましたが、まぁ、あんなもんか、という感じの試合でしたね。事実、もはや”総合格闘技”は”異種格闘技戦”とは”別物”ですから、こういった”煽り”はどうか?と思いますね。もっとも、”柔道家”や”アマレス選手”が”寝技のみ”で攻めるなら別ですけど、結局彼らの多くは”打撃”を重点に置くようになってきてる訳ですからね。”総合格闘技”というものが”完全体”になればなるほど”従来の格闘技”の要素は薄まりますからね。まぁ、西島はこれで”勉強”になったと思いますから、今後は”総合格闘技”というものをもっともっと”練習”して、佐竹みたいにならないように立派な”総合格闘家”として奮起してもらいたいですね。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/05/06(土) 08:28:08|
  2. 格闘技情報|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:5
<<昨日のボクシング(亀田兄弟)の結果 | ホーム | 本日の「HERO’S ミドル級世界最強王者トーナメント開幕戦」結果>>

コメント

こんにちは!高坂の気迫凄かったですね!感動しました!応援していた、ジョシュ・藤田が勝ってよかったです!!
  1. 2006/05/07(日) 15:24:33 |
  2. URL |
  3. H.T #-
  4. [ 編集]

うらぶれちまった新日本魂を、捨てないでくれ!ジョシュ!藤田!!

 ミルコは、そんなに弱体化してますかね~?これだけ研究されて、それでも勝ち続けるミルコは「プロレスラー・ハンター」ながら天晴だと思います。
 そろそろ藤田と再戦しておきませんか?

 藤田とジョシュ。
 新日本を背負って(背負わされて?)戦って来た戦士たちが熱い戦いを制して勝ち上がりました。

 藤田もジョシュも打たれ強い、試合内容も大爆発でしたし、新日本の都合で使い捨てにされた彼らが「プロレスラー」を名乗って戦ってくれるだけでもプロレスファンとしては嬉しいです。

 藤田はプロレスが下手なりに努力して新日本に「怖さ」を取り戻そうとしてましたし、ジョシュも結局は日本人に馴染むプロレスをしようとしたから中途半端になってしまいましたが、リングに緊張感を生み出した功労者だと思ってます。

 少なくとも新日本および新日本ファンをコケにするような態度とレスリングをし続けている現・IWGPチャンプのレスナーの何倍も彼らの方が「新日本を何とかしよう、そのために俺はどうすれば良いだろう」と考えていたと思います。
 結果的に二人とも最悪の形で新日本と絶縁状態ですけど・・・。

 総合進出という青写真を描いた新日本に、助け舟として現れたこの二人を戦犯扱いするのはあまりにも酷い仕打ちであり、現状戦力の把握が出来ずに青写真を描いた猪木と上井サンがA級戦犯ですからね。
 
 その中で飛び出した中邑がスター候補だと言っても、ファンは誰もそんなの認めていませんし、実際に中邑がいなくなったところで誰も違和感なんか感じていませんし・・・。

 今の新日本なんて背負いたくもないだろうけれど、頼む!ジョシュ!藤田!!プロレスラー魂を見せ付けてくれ!!
  1. 2006/05/07(日) 16:58:07 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

ジョシュと藤田とミルコとレスナー

ジョシュと藤田は確かに今の”新日ファン”の求めているプロレスは出来なかったと思います。しかし、「新日を何とかしなきゃ!」という気概は”本物”だったのかもしれませんね。されど、今の新日には彼らと真正面から渡り合えるような選手がいなかった、という事なのでしょう。

一方、レスナーはあくまでも”ゲスト”というような”態度”が強いですよね。「俺が新日の為に来てやってんだ!」というのが見え見えですもんね(笑) しかし、彼のプロレスも新日ファンが望んでいるものとは遠いのでしょうね。彼のプロレスは紛れもなく”WWE”のプロレスですからね。

で、ミルコに関してですが、彼はあの”悪夢”のランデルマン戦以降、何かが狂ってしまった感がするのは事実です。確かに、その後もミルコは”実績”を上げてはいます。しかし、ヒョードル戦、ハント戦でちょっと”限界”が見えたようにも思えるんです。少なくとも藤田と最初に戦った試合で見られた”殺気”が薄まってしまったように思えるんです。

で、もしレスナーとミルコが戦ったとして、レスナーは確かに”総合”では”?”な部分は多々あるでしょうけど、彼もランデルマンと同じ”アマレス出身”の選手です。もし、レスナーが”ゴング”が鳴ると同時に”高速低空タックル”をミルコに決め、そのまま肩に担ぎ上げて”投げ技”を決めれば、レスナーが勝つ可能性は高いと思います。所詮、ミルコは”打撃”の選手ですから。

しかし、安心してください(笑) 今のレスナーのレベルではヒョードル、ノゲイラ、それから高阪には絶対に勝てないと思いますので(笑)
  1. 2006/05/07(日) 22:00:31 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

フジテレビ放送中止

フジテレビがPRIDE放送中止の新聞記事みましたが、何が原因なんだろう?ショック!

桜庭の移籍もこの関連があったのだろうか?

  1. 2006/06/06(火) 10:50:02 |
  2. URL |
  3. ツカデミー #-
  4. [ 編集]

一応、スレ立てましたが・・・

どうやら”暴力団”がらみのようですよ。でも、”暴力団がらみ”なんかどこだってやってるだろ!って。当然ながら”ライバル”であるK-1も然りでしょう。となると、”K-1サイド”の”たれこみ”じゃないか?って感じがするんですけど(汗) 

もっとも、K-1にしたって叩けば”埃”は出るはずですけどね(笑)
  1. 2006/06/06(火) 22:25:18 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/258-ea90558f

HERO’S2006「ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦」をTVで見た。

 HERO’S2006「ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦」をTV観戦しました。感想を放送順で書きます!勝敗予想の確認もね。
  1. 2006/05/07(日) 15:06:37 |
  2. 日刊H.T

今日は「PRIDE無差別級グランプリ2006 開幕戦」!予想してみた。

 今日は「PRIDE無差別級グランプリ2006 開幕戦」ですね!予想してみます!
  1. 2006/05/07(日) 15:22:48 |
  2. 日刊H.T

スーパーpsy野神

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。